• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      タグ:金正恩

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/15(火) 13:04:55.64 ID:Cm42UB5I9
      ◆ 韓国の反日攻勢の背後に北朝鮮? 疑われる北の「第五列」の活動

      ■ 偶然の一致なのか

      韓国から反日的な言動が次々と繰り出されてくるのは偶然の一致なのだろうか。

      このところの日韓関係の問題を列挙すると
      ● 旭日旗掲揚問題で海自艦派遣見送り(18/10/07)
      ● いわゆる元徴用工問題で韓国最高裁が新日鉄住金に賠償命令(18/10/30)
      ● 慰安婦合意で設立された「和解と癒し財団」の解散を韓国政府が発表(18/11/21)
      ● 韓国軍が竹島防衛の訓練実施 (18/12.13)
      ● 韓国軍艦が自衛隊機に対して照準レーダーを照射(18/12/20)
      ● 元徴用工問題で新日鉄住金の資産差し押さえ命令(19/01/08)

      わずか3ヶ月間に他の国なら国交に支障が出るような事件が相次いでいる。

      続きはソースで

      (執筆:ジャーナリスト 木村太郎)

      FNN PRIME 2019/1/15(火) 11:40
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010000-fnnprimev-int
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010000-fnnprimev-int&p=2

      【【ニュース解説】韓国の反日攻勢の背後に“統一朝鮮”…疑われる北朝鮮の「第五列(敵方に内通する分子)」活動 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 替刃 ★ 2019/01/10(木) 11:46:28.20 ID:WMwVW4hA9
      北朝鮮の動向を分析しているアメリカの研究グループは、北朝鮮のニョンビョン(寧辺)にある核施設について、
      最新の衛星写真から、ウラン濃縮施設が稼働している可能性があるとの分析結果を明らかにしました。

      北朝鮮としては非核化をめぐる米朝の協議が難航する中、アメリカの出方を見極めながら核開発能力を温存する
      ねらいがあるとみられます。

      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190110/k10011773241000.html

      【【北朝鮮】ウラン濃縮施設稼働の可能性「米研究グループ」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 替刃 ★ 2019/01/08(火) 08:14:39.51 ID:AKiVKbLq9
      韓国の聯合ニュースによると、北朝鮮の要人用とみられる特別列車が7日午後10時15分、
      中国遼寧省の北朝鮮との国境にある丹東駅を通過し、中国入りした。消息筋の話として
      伝えた。

      https://mainichi.jp/articles/20190108/k00/00m/030/009000c

      【【速報】金正恩氏が電撃訪中か「韓国メディア」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2019/01/05(土) 04:28:40.53 ID:CAP_USER9
      2019年1月4日 20時1分
      朝鮮日報

       北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の発言や周辺の状況などを人工知能(AI)を使って分析したところ、北朝鮮は「核・経済並進路線」を放棄しておらず、2020年に核保有国になることを目指しているとの結果が出た。

       壇国大学政策科学研究所と社団法人サンド研究所、世宗経営諮問研究チームが先日「テキストマイニング技法」と「システムダイナミクス理論」によって金正恩氏の「核戦略」を共同で分析した。テキストマイニングとはAIを使ってビッグデータからキーワードとなる言葉の頻度や意味などを分析する技法で、2016年に米国の大統領選挙でトランプ大統領の当選を予測したことでも知られる。システムダイナミクスは複数の事象間の動態的な関係を把握し、それを視覚化する理論だ。

       金正恩氏による2013年3月の「核・経済並進路線」の演説文、16年5月の「朝鮮労働党第7次大会報告書」、そして昨年4月の朝鮮労働党全体会議で発表された新たな「経済発展路線」などを研究チームが分析したところ「金正恩氏は非核化の意志が非常に弱い」との結果が出た。たとえば核関連の発言で「核開発の意志」を示す「核武力」「核兵器」などの言葉はその使用頻度が「非核化関連の用語」よりも非常に多かったという。

       さらに「戦略的地位」「核軍縮」など「核保有」と関連した重要キーワードの文脈とその意味を分析したところ、金正恩氏が昨年4月の朝鮮労働党全体会議で宣布した「核・経済並進路線勝利」と「経済建設総路線戦略」は「核保有国の地位で経済強国という目標を達成すること」がその意図であるとされた。金正恩氏は「核を放棄しそれを経済と引き替えにする考えは持っていない」ということだ。研究チームは「北朝鮮は核・経済並進路線を放棄しておらず、この並進路線の最終目標は2020年に核保有国として経済強国になる『戦略国家の地位』を得ること」と分析している。

       テキストマイニングの専門家として知られる世宗経営諮問のキム・ギュイル氏は「金正恩氏の発言を分析すると核保有国で使われる表現が多いが、それは核の放棄ではなく核軍縮が目標のようだ」との見方を示した。サンド研究所のチェ・ギョンヒ氏は「時間が過ぎるほど北朝鮮は内部の結束と体制維持の手段として核をさらに利用するだろう」「核開発は金正恩氏の地位を支えると同時に、権威体制の強化にも大きく寄与してきた」とコメントした。

      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15829215/

      【【金正恩氏の最終目標】人工知能で分析 →2020年に核保有国を目指す】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な チンしたモヤシ ★ 2019/01/01(火) 16:13:21.18 ID:CAP_USER9
      正恩氏、米が制裁維持なら「新しい道」 トランプ氏とはいつでも会うとも
      AFP= 2019年1月1日 11:26 発信地:ソウル/韓国 [ 韓国 米国 北米 韓国・北朝鮮 ]
      http://www.afpbb.com/articles/-/3204726

      韓国ソウルの鉄道駅のテレビに流れた、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュース映像(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      韓国ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュースを見る人たち(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      韓国ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュースを見る男性(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      韓国ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュースを見る人たち(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      北朝鮮で開催された農業に関するイベントに出席した金正恩・朝鮮労働党委員長(中央)。朝鮮中央通信提供(2018年12月29日公開)。(c)AFP PHOTO/KCNA VIA KNS
      no title

      ドナルド・トランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長。シンガポールで(2018年6月12日撮影)。(c)SAUL LOEB / AFP
      no title


      【1月1日 AFP】(更新、写真追加)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長は1日の新年の辞で、米国が北朝鮮に対する制裁を維持するなら「新しい道を模索せざるを得なくなる」とけん制した。一方で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領とはいつでも会う用意があると表明した。

       正恩氏は国営テレビで放送された新年の辞の演説で「米国が全世界の前で約束したことを守らず(中略)わが国に対する制裁や圧力にこだわり続けるのであれば」「わが国の主権と利益を守るために、われわれは新しい道を模索せざるを得なくなるかもしれない」と述べた。

       昨年6月にシンガポールで行った米朝首脳会談にも言及し、トランプ氏と「実りのある話し合い」を行い、建設的な意見を交換したと振り返った。

       その上で「米大統領とは今後いつでも同席する用意があり、国際社会に歓迎されるような成果を出すために全力を尽くす」と表明した。

       一方、首脳会談以後ほぼ停止されている米韓合同軍事演習について、「緊張の元」になっているとして米韓に実施しないよう要求。「外部勢力の戦略兵器を含め、戦争関係の装備は持ち込まれるべきではない」と訴えた。(c)AFP

      関連
      北朝鮮 「2019年、金正恩、新年の辞 (2019? ??? ???)」 KCTV 2019/01/01日本語字幕は追って(再生時間39:15)
      https://youtu.be/e_j6Md0FTIo




      【【核問題】正恩氏、米が制裁維持なら「新しい道」 トランプ氏とはいつでも会うとも 「2019年、金正恩、新年の辞」(動画) 】の続きを読む