1: 最速ニュース+ 2019/01/28(月) 10:17:27.66 ID:wJmZ/nFt9
 米国を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM)への迎撃態勢を強化するため、米政府が大型固定式レーダーの日本配備で協力を求める意向を持っていることがわかった。近く日本政府に打診し、協議を始めたい考えだ。中国、ロシア、北朝鮮による対米攻撃を念頭に置いている。

 複数の日米関係筋が明らかにした。

 日本への配備を検討しているのは「HDR(米本土防衛レーダー)」と呼ばれる新型のレーダー。米本土のほかハワイ、米領グアムなどに向かうICBMを発射地点近くから追尾する。人工衛星を攻撃する「キラー衛星」やスペースデブリ(宇宙ゴミ)の監視にも利用するほか、レーダーが得た情報は自衛隊と共有する方向だという。

 米軍は2023年にハワイで同型レーダーの運用を始める予定だ。日本配備は25年までに行い、ハワイのレーダーと連携運用することを目指している。

(ここまで364文字 / 残り760文字)

2019年01月28日 07時17分
YOMIURI ONLINE
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190128-OYT1T50013.html
no title

【【軍事】ICBMへの迎撃態勢を強化、米政府が日本に新レーダー配備検討…中露北を念頭  】の続きを読む