• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      タグ:トランプ

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/02/04(月) 06:57:04.05 ID:Y1nKajEL9
      トランプ米大統領は3日、米CBSテレビのインタビューで、かねて意欲を示してきた在韓米軍の撤収について「そうした計画はない。これまで議論したことすらない」と表明した。北朝鮮による核放棄の見返りとしてトランプ氏が規模の縮小や撤収に応じるとの懸念がくすぶっているが、現時点では検討していないとの立場を明確にした。

      続きはソースで

      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40847760U9A200C1000000/

      【【トランプ大統領】在韓米軍の撤収「そうした計画はない」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/02/01(金) 22:40:21.60 ID:B7xHPKRT9
      2019/02/01
      米 核軍縮INF全廃条約の破棄を発表 ロシアに正式通告 半年後に失効へ(22:39)

      NHK速報

      【【米国】核軍縮INF全廃条約の破棄を発表 ロシアに正式通告 半年後に失効へ】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2019/01/05(土) 07:46:31.09 ID:CAP_USER9
       【ワシントン共同】トランプ米大統領は4日の記者会見で、国家非常事態を宣言し議会承認を経ずにメキシコ国境の壁建設費を捻出することを検討していると明らかにした。

      2019/1/5 06:27
      共同通信
      https://this.kiji.is/454033756174320737

      【【トランプ大統領】壁建設へ非常事態宣言も検討】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な すらいむ ★ 2019/01/03(木) 01:01:07.40 ID:CAP_USER9
      米、中国けん制へ新法成立 台湾と軍事協力推進

      【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は12月31日、アジア諸国との安全保障や経済面の包括的な協力強化を盛り込んだ「アジア再保証推進法」に署名し、同法が成立した。
       台湾への防衛装備品の売却推進やインド太平洋地域での定期的な航行の自由作戦を盛り込み、中国をけん制した。
       これに対し、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は1月2日の演説で米国を念頭に台湾問題への介入に強く反発した。

       新法は3月1日に期限を迎える米中貿易協議も見据え、政権と議会が一体となり、中国に圧力をかける狙いもある。
       中国の軍事、経済両面の台頭に対する危機感を米議員は広く共有している。

       新法のもとで、米軍は中国が軍事拠点化を進める南シナ海などで航行や飛行の自由を維持する作戦を定期的に実施する。
       アジアの軍事・経済支援に今後5年間で15億ドル(約1650億円)を充て、東南アジア諸国の海洋警備や軍事訓練などに重点配分する。

       国・地域別では台湾との協力を深める。
       「中国の脅威がさらに高まりかねない」として防衛装備品の定期的な売却を進める。
       米政府高官の台湾訪問の推進も盛り込んだ。

      (以下略、続きはソースでご確認下さい)

      日本経済新聞 2019/1/3 0:28
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3960442003012019MM8000/



      【【米国】中国けん制へ新法『アジア再保証推進法』成立 台湾と軍事協力推進 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      syria-1151151_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/12/23(日) 03:50:25.90 ID:CAP_USER9
      http://www.afpbb.com/articles/-/3203722?act=all

      シリアのクルド部隊掃討作戦「数か月中に」 トルコ大統領
      2018年12月22日 11:18 
      発信地:イスタンブール/トルコ [ トルコ シリア 中東・北アフリカ 米国 北米 ]

      【12月22日 AFP】トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は21日、米国が支援するクルド人部隊とイスラム過激派をシリアから掃討する作戦を「数か月以内」に実施すると明言した。これに対しクルド人勢力は、トルコ政府のいかなる攻撃も、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」との戦いを著しく妨げる恐れがあると警告している。

       ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は19日、シリアのISを「打倒した」として、同国に展開している米兵2000人を撤退させる意向を発表した。米政府の決断は、米軍から訓練を受けているクルド人勢力だけではなく、シリアにおけるトルコの軍事作戦にも影響を与えている。

       エルドアン氏は、トルコ国内で1984年から反政府活動を行っている非合法武装組織「クルド労働者党(PKK)」の「分派であるテロ組織」と政府が位置付けているクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」を掃討する作戦を実行する考えを示した。

      「数か月以内には、YPGとダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)の戦闘員をシリアから掃討させる作戦を実行する」と、エルドアン氏はイスタンブールで発表。トランプ氏がシリアからの米軍撤退を決断したことについては、歓迎する意向を示す一方で、米政権がYPGへの軍事支援を停止しないことを引き合いに出し、「過去の苦い経験」から「慎重」に受け止めていると述べた。

       エルドアン氏は12日、ユーフラテス川東側で「数日以内」に軍事作戦を開始すると発表していた。当初の予定を延期した理由について、トルコのメブリュト・チャブシオール(Mevlut Cavusoglu)外相は21日、国営テレビのインタビューで、「友軍の誤爆」を避けるためと説明しながらも、「今後の作戦の後退を意味するものではない」とけん制した。

       しかし、米国が支援するクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)の政治部門「シリア民主評議会」(SDC)の指導者らは、トルコが攻撃すればISとの戦いは中断される恐れがあると警告している。(c)AFP/Ezzedine Said with Raziye Akkoc in Ankara

      【【クルド絶体絶命】シリアのクルド部隊掃討作戦「数か月中に」 トルコ大統領 どうなるISとの闘い 】の続きを読む