1: 最速ニュース+ 2019/02/05(火) 03:53:55.27 ID:TkqNzsJV9
日本海で操業していた島根県のカニかご漁船・第68西野丸(利見秀治船長、乗組員10人)をロシア警備当局が拿捕(だほ)した問題で、ロシア連邦保安局(FSB)は4日、第68西野丸の船内から生きたカニ約7・5トンを没収したと発表した。
タス通信によると、FSBの広報担当者は、第68西野丸がロシアの排他的経済水域(EEZ)で操業した疑いがあると説明。

没収したカニは約3900万ルーブル(約6500万円)相当で、漁に使用したカニかご206個も見つかったとしている。
船は現在、ナホトカの港にあるという。
モスクワの日本大使館によると、ウラジオストクの日本総領事館の職員が2日午後に船員と面会し、健康状態などに問題ないことを確認したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000001-asahi-int

【【日露】ロシアがカニ7.5トン没収 拿捕された島根の漁船から 】の続きを読む