画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 仮想通過

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    matrix-3109378_640

    1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/02/06(火) 12:02:20.18 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011317091000.html

    株価が大幅に値下がりしている影響で、ビットコインをはじめとする仮想通貨全体の
    時価総額も大きく減少しています。

    仮想通貨の情報サイト、「コインマーケットキャップ」によりますと、ビットコインをはじめとする
    仮想通貨全体の時価総額は、6日午前中、32兆円台まで減り、4日と比べて30%以上、減少しました。

    過去最大だった先月上旬のおよそ92兆円と比べると、3分の1近くまで減少しています。

    このうち代表格のビットコインは、国内の大手取引所での価格が1ビットコイン当たり60万円台まで
    値下がりし、去年11月以来、3か月ぶりの水準になりました。

    専門家は「株価の下落により仮想通貨の購入に充てる資金を失った投資家が多いことや、リスクを
    避けようとする投資家の心理が仮想通貨の相場にも影響している。もともと各国の規制強化や
    取引所のセキュリティーの問題で仮想通貨の相場が下落傾向だったところに株価の下落が
    追い打ちをかけ、主な仮想通貨は、ほぼすべて値下がりしている」と話しています。

    【【ビットコイン】60万円台まで下落。株価暴落の影響で仮想通貨の時価総額も大きく減少。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    bitcoin-503581_640

    1:最速ニュース+な じゅげむ ★ 2018/02/05(月) 16:49:40.70 ID:CAP_USER9
     いよいよ破綻危機が現実味を帯びてきた。仮想通貨取引所大手「コインチェック」(CC)から、約580億円分の仮想通貨「NEM」が流出した問題で、
    金融庁は2日、同社に対して改正資金決済法に基づく初めての立ち入り検査に入った。
    麻生財務相は検査について「利用者保護」と強調していたが、目的はそれだけじゃない。

    そもそも金融庁は1月29日に業務改善命令を出し、2月13日までに顧客対応や再発防止策を報告するよう命じていた。
    それが報告を待たず、改善命令から4日後の立ち入り検査は異例だろう。

    「報告を待たずに立ち入り検査した理由について、金融庁の担当者は2日の記者レクで『万全を期すため』『現場の動きを見る』とはぐらかしていましたが、監督官庁としてもCCの実態がつかめず、焦りを感じているのでしょう。
    最大のナゾはやはり、CCが顧客に補償するとしている約460億円の手元資金の有無や資産状態です」(金融庁担当記者)

    >>2へ続く
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222539

    【【コインチェック】金融庁が立ち入り急いだ理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    woman-3067924_640

    1:最速ニュース+な じゅげむ ★ 2018/02/04(日) 15:20:46.99 ID:CAP_USER9
     仮想通貨の相場急騰で億単位の儲けを出した個人投資家が一部にいることが、メディアやSNSなどを通じて広まっている。彼らのことを指す「億り人」という言葉もある。
    羨む声がある一方で、仮想通貨の代表格であるビットコインの相場が年明けから大きく崩れたことを受け、「税金が払えずに破産してしまう人が出るのではないか」という指摘も出ている。

    ビットコイン(BTC)の値動きでみると、2017年後半に急騰して12月中旬には1BTC=220万円台をつけたが、2018年1月中旬には一時100万円割れまで急落した。
    その後は持ち直しの動きがあるものの、振り回される状況に肝を冷やす投資家は多いのではないか。

    ●国税庁「仮想通貨の売却益は雑所得。確定申告が必要」
    国税庁が2017年に示した見解によれば、仮想通貨を売却して得た利益は、「雑所得」と区分され、所得税の確定申告が必要となる。(年間利益が20万円以下なら確定申告は不要)

    昨年の急騰時に売って利益を確定し、多額のお金を得たとしても、手元にそのまま残しておけば、税金を支払うことができないという事態は避けられる。

    ただ、興奮のあまり散財してしまった投資家は要注意だ。税金を支払うことに困って、残りの仮想通貨を売却して支払いに充てようとしても、相場は急騰時とはほど遠い水準。
    最悪の場合、自らの不動産などを売って工面し、それでも足りなければ自己破産になりかねない。

    ●5000万円の利益なら、2000万円超の税額に

    ソース全文はこちらで
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14253379/

    【【ビットコイン】高額課税「5000万の利益なら2000万超の税額」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/02/04(日) 06:01:25.66 ID:CAP_USER9
    チャー ト(BTC/JPY)
    https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY 
    【【ビットコイン】一時100万円に回復したが下降中 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/02/03(土) 19:45:47.64 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180203/k10011314101000.html

    仮想通貨の大手取引所、「コインチェック」から巨額の仮想通貨が流出した問題で、
    会社は被害を受けた顧客への補償だけでなく、顧客から預かっている日本円の出金を
    再開する時期についても依然、めどが立っていないことを明らかにしました。


    大手取引所の「コインチェック」では先月26日、外部からの不正なアクセスで
    580億円相当のNEMと呼ばれる仮想通貨が流出し、会社は、日本円を含むすべての出金や
    NEM以外の大半の仮想通貨の売買を停止して原因の究明などを進めています。

    これについて、会社は3日コメントを発表し、被害を受けた顧客への補償だけでなく、
    顧客から預かっている日本円の出金を再開する時期についても、依然、めどが立っていないことを
    明らかにしました。これについて、会社側は技術的な安全性などの検証を行っているためだと説明しています。

    会社は、顧客から預かっている日本円は金融機関の顧客専用口座に保全し、仮想通貨は外部の
    ネットワークから遮断するなどして保管しているとしていますが、仮想通貨の売買についても再開の
    めどは立っていません。会社は「ご迷惑をおかけします」とコメントしています。 
    【【コインチェック】出金再開時期の目途が立っていないことを明言】の続きを読む