画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 地震・噴火

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/03/15(木) 17:58:20.64 ID:CAP_USER9
     海洋研究開発機構は14日、南海トラフ巨大地震の想定震源域で「ゆっくり滑り」と呼ぶ現象が広い範囲で繰り返し起きている可能性があると発表した。海底に沈めた地震計などの観測データを分析してわかった。巨大地震発生の仕組みなどの解明につながるとみている。英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に掲載された。

      
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2811318014032018000000/



    【【南海トラフ巨大地震】「ゆっくり滑り」広範囲に発生】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/03/10(土) 07:28:51.28 ID:CAP_USER9
    新燃岳 爆発的噴火で噴煙4500mに 噴石や火砕流に警戒を
    3月10日 4時19分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180310/k10011359121000.html

    鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳では、爆発的な噴火が相次いでいて、10日午前2時前には噴煙が一連の噴火で最も高い4500メートルに達したほか、大きな噴石が火口から2キロ近くまで飛びました。火口の北西側からは溶岩の流出も続いていて、気象庁は噴火警戒レベル3を継続し、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。
    気象庁によりますと、霧島連山の新燃岳では、今月1日から噴火が続いていて、9日夕方には爆発的噴火が発生し、噴煙が3200メートルに達しました。



    【【新燃岳】 爆発的噴火で噴煙4500mに 噴石や火砕流に警戒を[3月10日 4時19分]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    papua-new-guinea-2697301_640

    1:最速ニュース+な 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2018/03/09(金) 02:59:29.87 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    sssp://img.5ch.net/premium/1051729.gif
    2018/03/09 02:39:54 JST

    ソース
    M 7.0 - 43km ENE of Taron, Papua New Guinea
    2018-03-08 17:39:54 UTC
    4.300°S 153.400°E 10.0 km depth
    https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/at00p5a92i#executive



    【【地震】パプアニューギニアでM6.8の地震】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/03/08(木) 04:22:41.83 ID:CAP_USER9
    3月8日 4時13分
    霧島連山の新燃岳の噴火で、火口内に出ている溶岩は、7日の時点で直径およそ550メートルと、急速に大きくなっていることが国土地理院の解析でわかりました。

    ソース全文はこちらで
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180308/k10011355121000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

    【【新燃岳】 火口内の溶岩直径約550m 「急速に拡大」 [3月8日 4時13分]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/03/06(火) 16:46:28.12 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000064-mai-soci

    気象庁は6日、宮崎と鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)で
    同日午後2時半ごろ、爆発的噴火が起きたと発表した。爆発的噴火は2011年3月以来、7年ぶり。

    気象庁によると、噴煙は火口から最高で約2300メートルまで上がった。大きな噴石の飛散は
    確認されていないという。同庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を継続している。

    【【新燃岳】7年ぶりの爆発的噴火。噴煙2300メートル】の続きを読む