• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 歴史

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/03/27(火) 10:59:37.38 ID:CAP_USER9
      ◆福岡で卑弥呼の墓?発見か それでも調査の予定ない理由

      古代史最大の謎がついに解明か──。
      福岡県の赤村にある丘陵をめぐって、西日本新聞が報じた「『卑弥呼の墓では』巨大な前方後円墳? 謎の丘陵」(3月20日付)という記事が大きな話題を呼んでいる。

      〈全長は約450メートル。日本最大の前方後円墳『大山古墳』(堺市)の墳丘長に迫る大きさとあって、古代史ファンからは『卑弥呼の墓では?』といった期待の声も聞かれる〉

      地域住民などによる「豊の国古代史研究会」の調査では、後円部に当たる部分は直径約150メートルで、これは魏志倭人伝にある卑弥呼の墓の直径の記録とほぼ一致するのだという。
      卑弥呼が治めた邪馬台国の所在地については、長く九州か畿内かで論争が続いてきたが、奈良盆地の纏向(まきむく)遺跡と箸墓(はしはか)古墳の調査が進んだことにより、近年は畿内説を有力視する声が強まっていた。
      しかし、この丘陵は、九州説巻き返しの切り札になる可能性を秘めているという。



      写真:たしかに前方後円墳のようにも見えるが(Google Earthより)
      no title

      ソース全文はこちらで
      ※週刊ポスト2018年4月6日号

      ライブドアニュース(NEWSポストセブン) 2018年3月26日 16時0分
      http://news.livedoor.com/article/detail/14487080/

      【「福岡で卑弥呼の墓を発見?」魏志倭人伝にある記録と一致】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な キリストの復活は近い ★ 2018/03/24(土) 13:38:12.97 ID:CAP_USER9
      日本という国はいつ誕生したのか-。このテーマの議論は、研究者の間では「七五三論争」と呼ばれている。

      「邪馬台国の女王、卑弥呼が統治した「3世紀」か、仁徳天皇ら倭の五王による巨大前方後円墳が築かれた「5世紀」、
      そして天皇制が確立したとされる飛鳥時代の「7世紀」かで議論が分かれているからだ。


      ソース全文はこちらで
      http://www.sankei.com/west/news/180324/wst1803240002-n2.html
      http://www.sankei.com/west/news/180324/wst1803240002-n3.html
      http://www.sankei.com/west/news/180324/wst1803240002-n1.html

      【日本国はいつ誕生したのか「卑弥呼が統治した3世紀かそれとも?」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/03/21(水) 13:54:44.43 ID:CAP_USER9
      http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180320-OYT1T50022.html 

       織田信長が家臣の明智光秀に討ち取られた「本能寺の変」を近年の研究に基づき紹介する特別展「本能寺の変―再考 何が明智光秀を決起させたか―」が、松江市殿町の市立松江歴史館で開かれている。

      続きはソースで  
      no title

      【【本能寺の変】明智光秀 「室町幕府の再興目指すクーデター?」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/03/19(月) 20:32:17.46 ID:CAP_USER9
      大谷吉継の戒名と没年月日が刻まれていた五輪塔=関ケ原町藤下で
      no title


      関ケ原の戦いに参戦した西軍の武将大谷吉継について、関ケ原町に残る墓に戒名と没年月日が彫られていたことが、町の調査でわかった。墓は合戦後すぐに建立されたとみられ、専門家は「貴重な資料で、新たな発見につながる可能性がある」と指摘している。

      ソース全文はこちらで
      中日新聞
      http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180319/CK2018031902000020.html

      【【岐阜】大谷吉継の戒名、石塔の最下部から発見される】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/03/13(火) 04:33:18.50 ID:CAP_USER9
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000064-mai-sctch

      ◇ゲノム情報で復元は初

      国立科学博物館(林良博館長)は12日、縄文時代の遺跡から出土した人の歯から
      ゲノム情報を解析して復元した女性の顔を公開した。ゲノム情報を利用した縄文人の
      顔の復元は初めてで、これまではっきりしなかった肌の色などを正確に表現している。



      ゲノム情報を使って復元された縄文人女性の顔(右)とその基となった頭骨
      no title



      【これが縄文人の顔「国立科学博物館が全ゲノムを解析し肌の色などを正確に表現」】の続きを読む