• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 歴史

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/05/18(金) 23:49:53.39 ID:CAP_USER9
      ◆【萌える日本史講座】古代の「聖帝」裏付け? 仁徳天皇陵は500メートル以上の超巨大古墳だった

      国内最大の仁徳天皇陵古墳(堺市、全長486メートル、5世紀前半)が、築造当初は現在より約40メートル長い525メートル以上あったことが宮内庁の調査で明らかになった。
      現在は水で覆われている周濠(しゅうごう)内の地形を測量して判明した。


      ソース全文はこちらで
      産経WEST 2018.5.18 06:00
      http://www.sankei.com/smp/west/news/180518/wst1805180005-s1.html


      【【古代の「聖帝」裏付けか】仁徳天皇陵は500メートル以上の超巨大古墳だった 宮内庁調査 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      sword-3036210_640

      1:最速ニュース+な アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/04/22(日) 20:14:45.02 ID:CAP_USER9
      気鋭の歴史学者、国際日本文化研究センター(日文研)助教の呉座勇一さん(37)が今春刊行した『陰謀の日本中世史』(角川新書)は、人々の心を捉える歴史上の陰謀論に挑んでいる。「本能寺の変に黒幕がいた」など、研究者らが取り上げない珍説奇説が、社会で一定の支持を得ていることを危惧したからだ。歴史学の手法で徹底批判し、現代のネット社会にあふれる数々の陰謀論にも、警鐘を鳴らしている。(横山由紀子)

       
      ソース全文はこちらで
      産経WEST 2018.4.22 12:00
      http://www.sankei.com/west/news/180422/wst1804220003-n1.html

      【【敵は本能寺にあり?】「本能寺の変」「関ケ原の戦い」…溢れる歴史事件の陰謀論に挑む「陰謀の日本中世史」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      peliliu-1154298_640

      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/04/03(火) 07:13:00.21 ID:CAP_USER9
      ペストを投与した人体実験の疑いがある論文を執筆した旧関東軍731部隊の将校に京都大が医学博士号を授与したとして、池内了名古屋大名誉教授らが「満州第731部隊軍医将校の学位授与の検証を京大に求める会」を設立、2日に京大で記者会見し、検証の必要性や学位の取り消しをアピールした。
        
      ソース全文はこちらで
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000033-kyt-soci


      【【今更】731部隊将校の学位取り消しをアピール】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/03/31(土) 17:33:12.30 ID:CAP_USER9
      ◆「神々は田川に実在した」 研究家・福永氏が自説、ファン楽しむ 田川古代史フォーラム詳報 [福岡県]

      弥生時代、田川は神々と王の故郷だった-。
      田川市の県立大で21日に開かれた田川古代史フォーラム「古代田川の隠された歴史」(田川広域観光協会主催)。

      「神功皇后紀を読む会」を主宰する福永晋三氏は記紀に登場する神々が田川に実在した王であったとの自説を披露。
      赤村の前方後円墳型の丘陵を卑弥呼の墓とする新説も飛び出し、約500人の古代史ファンを楽しませた。


      ■写真
      「田川古代史フォーラム」は500人の来場者の熱気に包まれた
      no title

      古代天皇や卑弥呼と田川地域との関わりについて語る福永晋三氏
      no title

      ソース全文はこちらで
      西日本新聞 2018/03/29
      https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/404499/



      【【邪馬台国九州説】「卑弥呼が田川に眠っている可能性はたいそう高い」研究家・福永氏が古代史フォーラムで】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      good-year-3168067_640

      1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/03/31(土) 08:10:23.92 ID:CAP_USER9
      <政府>新元号、2月以降公表検討 基本方針決める
      3/31(土) 5:00配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000006-mai-soci

       ◇「即位礼」19年10月22日に

       政府は30日、天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位に伴う式典準備委員会(委員長=菅義偉官房長官)の第3回会合を首相官邸で開き、新天皇が即位を内外に宣言される「即位礼正殿(せいでん)の儀」を2019年10月22日に行うなどの基本方針を決めた。一連の日程が固まったことを受け、政府は新元号の公表時期について、今の陛下の在位30年記念式典が開かれる19年2月24日以降とする検討に入った。

      続きはソースで 

      【【新元号】19年2月以降公表検討】の続きを読む