• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 歴史

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 樽悶 ★ 2018/10/09(火) 22:21:26.43 ID:CAP_USER9
      戊辰戦争について語る(左から)宗像、稲川両館長、道迫学芸員
      no title


       戊辰戦争に関わりが深い会津、越後、長州の3地域によるフォーラムが6日、新潟市で開かれた。パネリスト3人がそれぞれの立場から歴史認識について意見を交わした。

       會津藩校日新館(会津若松市)の宗像精館長、東軍として戦った長岡藩士河井継之助を顕彰する河井継之助記念館(新潟県長岡市)の稲川明雄館長、西軍の主力となった長州藩があった山口県萩市の萩博物館、道迫(どうさこ)真吾主任学芸員がパネリストを務めた。

      続きはソースで 

      福島民友 2018年10月07日 12時00分
      http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181007-313962.php

      【【新潟】戊辰戦争…会津藩に「愚直さ」あった 長州藩は「変化に柔軟だった」 会津、越後、長州が語る 新潟でフォーラム開催 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 樽悶 ★ 2018/09/27(木) 03:35:07.39 ID:CAP_USER9
      「明治維新と水戸」をテーマにしたシンポジウム=水戸市三の丸
      no title


      ■斉昭の役割も考察

      「明治維新と水戸」をテーマにした明治維新150年記念シンポジウムが22日、水戸市三の丸の常陽芸文センターであり、最後の将軍徳川慶喜や水戸藩主徳川斉昭の果たした役割などを考察した。鳥羽・伏見の戦いに敗れ、大坂城から脱出して海路で江戸に向かった慶喜について、専門家が「戦う勇気がなかった」「戦っていたら日本が消えていた可能性があった」と論戦を交わした。

      続きはソースで

      茨城新聞 2018年9月26日
      https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15378732475181

      【【茨城】「戦う勇気がなかった」「戦っていたら日本が消えていた可能性があった」 徳川慶喜の大坂城脱出で論戦 水戸でシンポ 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/09/22(土) 00:28:42.84 ID:CAP_USER9
      「70歳前後より若い者は役に立たない」「学問が盛んになり、秘術が信用されない」。

      滋賀県甲賀市がこのほど刊行した資料集から、甲賀忍者が江戸時代の平和な世の中で自身の立場の衰退を嘆いたり、将来を不安視する姿が浮き彫りになった。
      編集した市教育委員会は「忍者が重んじられない状況への危惧など、ここまで切実な肉声を記した記録は珍しい。
      甲賀に限らず、当時の忍者全体に通じる問題ではないか」としている。

      続きはソースで

      https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180921000031

      甲賀市が刊行した甲賀忍者資料集の第2弾(同市役所)
      no title

      【【古文書】江戸時代の忍者つらかった、甲賀の頭「秘術が信用されない」「平和な世で重宝されない」 自身の立場の衰退を嘆き将来を危惧 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 樽悶 ★ 2018/08/15(水) 16:47:28.14 ID:CAP_USER9
      no title


       「怜悧(れいり)なインテリ官僚という石田三成のイメージは後世の間違いで、武将としての資質を備えていた」――。中野等・九州大学教授はこう言い切る。中野教授は「石田三成伝」(吉川弘文館)で同時代の一次史料を徹底的に分析し、「果断にことを進める剛胆な」等身大の石田三成像を描き出した。三成が出世階段を上るきっかけのひとつが、賎ケ岳(しずがたけ)の戦いで情報将校としての活躍であったことはあまり知られていない。その後の太閤検地で、担当者として三成が現場へ赴くのは事実上敵国に乗り込むようなものだったという。

      ソース全文はこちらで
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00010001-nkbizgate-bus_all

      【【歴史】「関ケ原」の研究 石田三成、西軍敗北へ3つの戦略ミス 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 樽悶 ★ 2018/07/25(水) 18:49:16.80 ID:CAP_USER9
      実験で、軽量化した竹いかだをこぐメンバー。安定感はあるが、期待したほどスピードは出なかった=3万年前の航海徹底再現プロジェクト提供
      no title

      石斧で大木を切り倒すことに成功=3万年前の航海徹底再現プロジェクト提供
      no title

      これまでの実験と再現を目指す航路
      no title


       約3万年前に大陸から渡ってきた日本人の祖先による航海の再現を国立科学博物館が目指しており、来夏、当時の技術や知識だけを使い、手こぎの舟で台湾-沖縄・与那国島間(直線距離で110キロ)を渡る航海に挑む。丸木舟を有力候補とし、GPS(全地球測位システム)のない航海術など、祖先が挑んだ可能性の高い航海計画を来春までにまとめる予定だ。プロジェクトの舞台裏を追った。【大場あい】

       
      ソース全文はこちらで
      毎日新聞 2018年7月25日 東京夕刊
      https://mainichi.jp/articles/20180725/dde/001/040/051000c?inb=ra

      【【日本人の足跡たどる】3万年前の航海再現 今回は丸木舟 台湾→沖縄・与那国で来夏挑戦】の続きを読む