画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: PC・スマートフォン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な 自治郎 ★ 2018/04/25(水) 19:58:06.39 ID:CAP_USER9
     Google日本法人は4月25日、家庭用無線LANルーター「Google Wifi」を26日に発売すると発表した。住居内に複数台設置すると、それぞれが相互に通信するメッシュネットワークを構築でき、ネット接続環境を改善できるという。価格は1台が1万5000円、3台で3万9000円(税別)。

     
    ソース全文はこちらで
    2018年04月25日 13時10分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/25/news087.html

    Google Wifi
    no title

    no title

    no title

    no title



    【【Google】Wi-Fiルーター「Google Wifi」26日発売 自宅でメッシュネットワークを構築できる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/04/18(水) 20:12:45.03 ID:CAP_USER9
    ◆Amazonが容量わずか2MBの軽量版インターネットブラウザ、その名も「Internet」をリリース

    Amazonが、ファイルサイズがたったの2MBクラスというAndroid向け超軽量ブラウザアプリ「Internet」をリリースしていたことが判明しました。
    このアプリは通信帯域が限定される地域向けに提供されるものとのことで、記事作成時点ではインド国内のユーザーが利用できるようになっています。

    Internetは2018年3月にリリースされていたアプリで、とにかく軽量であることが最大の売りとして打ち出されています。
    no title


    アプリのホーム画面には常にニュースが表示されるようになっている模様。
    またタブ表示をサポートし、各タブにはサムネイル画像を表示させることで目的のタブを探しやすくなっています。
    no title


    自動でフルスクリーン画面を表示するようになっているほか、ウェブサイトによるユーザーのトラッキングをシャットアウトする「プライベートモード」を搭載してプライバシー面にも配慮がなされています。
    no title


    Google Playストアの説明にもInternetの強みについて「他社に比べて軽量なこと」と記されているほか、プライベートモードのサポートやニュース配信機能といった機能が列記されています。
    no title


    アプリのリリース日は2018年3月20日。実際のファイルサイズは2.4MBと、当初のキャッチコピーである「2MB以下」より少し大きくなっている模様。
    Android 5.0以上の端末で利用する事が可能ですが、記事作成時点でのインストール数は「100+」とのことで、まだ1000インストールには達していないとみられます。
    no title


    軽量モバイルアプリの世界ではGoogleの「Gmail Go」や「YouTube Go」、Facebookの「Facebook Lite」や「Messenger Lite」などのアプリが登場している状況。
    この流れに乗り遅れまいと、AmazonもInternetアプリをリリースすることで今後の発展が期待されるインド市場で存在感を示すことを狙っているとみられます。

    ライブドアニュース(GIGAZINE) 2018年4月18日 10時49分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14595057/

    【【Amazon】軽量版ブラウザ「Internet」をリリース サイズわずか2MB】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/04/08(日) 10:16:41.94 ID:CAP_USER9
     富士通は3月23日、量子アニーシングマシン「デジタルアニーラ」をクラウドサービスとして、4月または5月中に提供を開始すると発表した。デジタルアニーラは、量子現象を利用するのではなく、量子現象に着想を得たデジタル回路を搭載する疑似的な量子コンピュータ。不安定で制御が難しい量子回路ではなく、デジタル回路を利用するため、一般的なマシンルームに置いても安定した環境で計算を実行できるのが特徴だ。(畔上文昭)

    no title


     量子コンピューティング技術は、イジングマシン方式と量子ゲート方式の大きく二つに分けることができる(図)。富士通のデジタルアニーラは、アニーリング方式のコンピュータである。

    ソース全文はこちらで
    週刊BCN+ニュース
    https://www.weeklybcn.com/journal/explanation/detail/20180405_161691.html

    【【富士通】量子コンピュータいよいよサービス提供を開始「アニーリング方式」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な 自治郎 ★ 2018/04/04(水) 21:37:17.29 ID:CAP_USER9
     米Intelは2日(米国時間)、同社プロセッサのマイクロコードのアップデート計画についてのガイダンス「Microcode Revision Guidance」を更新し、一部の古いプロセッサ製品について、「Spectre」脆弱性対策のマイクロコード提供を行なわないことを明らかにした。

      

     今回提供の中止が明らかとなったのは、Core i7-920などの「Bloomfield」、Core i7-920XMなどの「Clarksfield」、Core i7-980Xなどの「Gulftown」、Core2 Duo T6400などの「Penryn」、Atom x3-C3200RKなどの「SoFIA」、Core 2 Duo E7400などの「Wolfdale」、Core 2 Quad Q8200などの「Yorkfield」などのプロセッサ。

     

    2018年4月4日 19:32
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1115400.html

    Core 2 Duo
    no title


    Google、CPUの投機実行機能に脆弱性発見。業界をあげて対策へ https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1099687.html

    【【Intel】旧CPUの「Spectre」対策を中止「Core 2 Duoなど」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/04/04(水) 11:45:23.10 ID:CAP_USER9
    Net Applicationsから2018年3月のデスクトップOSシェアが発表された。2018年3月はWindowsがシェアを増やし、Mac OSとLinuxがシェアを減らした。Windowsをバージョン別に見ると、Windows 7とWindows XPが大きくシェアを増やし、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8がシェアを減らしている。



    2018年3月デスクトップOSシェア/円グラフ
    no title

    2018年3月デスクトップOSバージョン別シェア/円グラフ
    no title


    ソース全文はこちらで
    マイナビニュース
    https://news.mynavi.jp/article/20180403-610032/

    【【3月OSシェア】Windows XPのシェアが増加「使いやすさから7が1位」XPが大きく伸ばす】の続きを読む