PC・スマートフォン : 最速ニュース+ : 1/33

画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: PC・スマートフォン

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/19(月) 13:04:50.55 ID:CAP_USER9
    Windows 7の延長サポート終了が2年を切った。Windows 10への早めの移行が重要だ。
    .
    ■サポート終了は2020年1月14日
     かつてWindows XPのサポート終了は、注意喚起と乗り換えで話題になった。次はいまだ多く利用されているであろうWindows 7問題だ。2020年1月14日に延長サポートが終了するため、それまでに現行のWindows 10へ乗り換えなければならない。
     
     すでに新機能の追加は行なわれず、無償サポートも終了している。セキュリティ更新プログラムと有償サポートのみだけが行われていて、XP問題のときにも散々語られていたからご存じの方も多いと思う。サポートが終了してしまうとセキュリティ更新が行われないため、日々更新されるウイルスやマルウェアなどの攻撃に対して非常に危険な状態になってしまう。情報漏えいやデータの消去など企業として存続の危機にもなりかねない事態だけは避けたい。
     
     また、Windows 7を利用している多くの企業は、Windows 10のライセンスを購入したうえでダウングレード権を行使しているはずだ。このダウングレード権も2020年1月に終了するため、Windows 7を使い続けるには、新たなライセンスを購入する必要がある。つまり、Windows 10への移行が遅れれば、サポート切れのOSを購入しなければならないという無駄なコストが発生するわけだ。
     
     XP問題当時は、最新OSがWindows 8.1だったため、XPと使い勝手が大きく異なり、移行がなかなか進まなかった。例えば、2012年に登場したWindows 8がスタートボタンをなくしたことはそのひとつだ。Windows 8.1では復活はしていたものの、そのイメージを払拭できないでいた。
     
     このため、移行するならWindows 7という企業も多かったことだろう。いまだにWindows 7を搭載可能なVAIO Pro PBを2017年11月に発売するぐらいだから、Windows 8.1を選択するよりは使い勝手でXPと大きく違わないWindows 7にするという判断をしたのもうなずける。
     
     Windows 8はすでに延長サポートもせず、サポートは終了。Windows 8.1は延長サポートに入っていて、サポート終了は2023年1月10日だ。Windows 7のサポート終了まで2年を切ったいま、最良の選択肢はWindows 10ということになる。
     
     Windows 10へなかなか移行できない理由は企業によってさまざまあるだろう。「これまで使ってきたOSと使い勝手が違うとまた教育しなければならない」とか「業務用アプリが動作しない」などの声を聞くこともある。業務用のアプリに関しては、Windows 10でも動作するアプリに切り替えたり、作り変えたりして対応するしかない。あと2年以内にその環境を整える必要がある。
     
     また、業務にウェブベースのシステムを採用していて、そのサービスをInternet Explorer(IE)限定で運用している場合でも、移行しづらいケースがあるようだ。今後は当然、IE限定で動作するウェブシステムの切り替えが必要となる。Windows 10にもIE11は搭載されていて、サポートもまだ続くことから、その点ではとりあえずWindows 10へ乗り換えても問題ないはずだ。
     
     OS標準のブラウザーがEdgeに変わってしまい前面に出ては来ないが、スタートメニューの「Windowsアクセサリ」の中にひっそり残っているので、利用は可能だ。
     
     ただしOSと同様、IEもサポート期限が設定されており、現在IE10までのサポートが終了している。Windows 7のIE11は2020年の1月15日まで(Windows 7の延長サポート終了と同時に終了)、Windows 8.1のIE11は2023年1月11日、Windows 10のIE11は2025年10月15日と設定されている。
     
     

    2/19(月) 9:00
    アスキー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000005-ascii-sci

     

     

    【【Windows7】サポート終了まで2年を切る「PCの性能を上げるしかし、OSの必要スペックも上がるの繰り返し→無駄がない軽いOS作れアホ」 】の続きを読む

    1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/02/16(金) 13:26:57.99 ID:CAP_USER9
    「格安スマホ」はなぜ安い? 携帯大手3社との比較で見えてくるメリット・デメリット
    750社以上がひしめく「格安スマホ」業界。

    ABEMATIMES
    http://www.huffingtonpost.jp/abematimes/kakuyasu-smartphone_a_23358989/
    2018年02月12日 16時55分 JST | 更新 2018年02月12日 16時55分 JST
    http://www.huffingtonpost.jp/abematimes/kakuyasu-smartphone_a_23358989/

    先月、大手携帯会社のSoftBankが新たな学割プランを発表。これにより大手3社の2018年度の学割プランが出揃った。月額料金は、docomoが280円(通話・パケット代別)、auが1480円、SoftBankが3980円(データ量50GB)とどれも安い価格設定だが、これは「格安スマホ」の勢力に抵抗するためとも言われている。

    店頭やCMなどで多く見かけるようになった格安スマホ。ユーザー数は右肩上がりで、契約数は2016年3月の599万から2017年9月には1012万に増えた。ビックカメラ有楽町店の格安スマホ売り場を訪れている人に話を聞くと、料金の安さを指摘する声があがる。

    「今までは1万円いかないくらい。格安スマホにすると5000円程度まで抑えられそう」

    「実際に変えて大体6000円位安くなった。機種代を普通に払っても元がとれる」

    「(今までは)1万円くらい。格安スマホにすると3000~4000円くらいになりそう。(普段は)ネットを見たりLINEしたりするぐらい。ゲームもそんなにしているわけではないので、何で(毎月)9000円とかかかるのか分からない」

    ABEMATIMES
    no title


    ビックカメラ有楽町店主任の野嶋優さんによると、1日にインターネットを約1時間、通話を約30分、1カ月に約1万円を支払っている人の場合「2000~3000円程度」で済むという。格安スマホ事業者は大手3社から回線網を借り受けて運営しているため、設備投資や維持費などがかからず低価格で提供することができる。

    現在この回線を借りている会社には「大手サブブランド」と「独立系」の2通りの事業形態がある。大手サブブランドはUQモバイル(KDDI系)やワイモバイル(ソフトバンク系)、LINEモバイル(ソフトバンク系)など。独立系はmineo、トーンモバイル、楽天モバイル、DMM mobile、イオンモバイルなどだ。こうした会社750社以上がサービスを競い合っている。

    ところが、大手系と独立系でとある揉め事が起きた。先月15日、総務省主催の「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」で、"独立系"格安スマホ事業者が「格安スマホでも大手系は通信速度が格段に速い」と主張。対して大手携帯電話キャリアは「どの格安スマホ会社も同じ条件での、平等な通信環境だ」と反論した。

    独立系のケイ・オプティコムによると「利用者が多く回線が混雑する時間帯に独立系の格安スマホは通信速度が落ちる」といい、大手サブブランドが親会社からの優遇を受け"安定して速い通信"を実現していると主張した。ケイ・オプティコムの浜田誠一郎執行役員は「同じような条件で本当にサービスを作っているのか。(競争が)公正で活性化されて、そのうえでお客様にメリットが出るような見直し改善をして頂ければと思う」とコメント。一方、大手系のUQモバイルCSR部門の西川嘉之副部門長は「親会社のKDDIから優遇を受けているということはないので、批判は当てはまらない」と述べた。

    つづく>>2以降に



    【【格安スマホ】携帯大手3社との比較で見えてくるメリット・デメリット 】の続きを読む

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/16(金) 08:29:57.04 ID:CAP_USER9
     iPhoneにインドで使われている特定の言語のテキストを受信すると、メッセージアプリがクラッシュしてしまう新たなバグが発見されました。

     これまでiPhoneには特定の文字列やURLを送信することでクラッシュするバグがいくつか存在しましたが、今回は文字を1文字送るだけでクラッシュします。

    その原因となる言語は、インド東南部で公用語になっている「テルグ語」。このテルグ語で使われている文字をSMSやFacebookなどで受け取ると、メッセージアプリがクラッシュしてしまうことをイタリアのメディア『MobileWorld』が発見しました。

    【動画】実際にメッセージを送信して再起動状態にした例
    https://www.youtube.com/watch?v=jPLfHEMDSu8



    ■自動的に再起動するまで触ってはいけない

     このバグの恐ろしいところは、クラッシュに驚いて手動で再起動をかけてしまうと端末が再起動のループ状態に入り、操作不能に陥ってしまう点です。

     この状態からiPhoneを復旧させるには、「DFUモード」と呼ばれるPC(Mac)の『iTunes』を使ったバックアップからの復元しかありません。つまりPCが手元にないとアウトです。

    ■『iOS 11.3』ベータ版で修正済み

     なお、Appleはこのバグについてすでに確認しているらしく、開発者向けにリリースされている『iOS 11.3』ベータ版では修正されているとのことです。

     iOS 11.3の配信がいつになるかは分かりませんが、それまではクラッシュしたとしても自動的に再起動がおわるまで待つようにしましょう。

    2/16(金) 6:30
    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20180216-00081667/

    【iPhoneに特定の文字を受信するとクラッシュするバグ「再起動ループの恐れも」】の続きを読む

    1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/02/14(水) 04:04:39.94 ID:CAP_USER9
    http://otakei.otakuma.net/archives/2018021201.html

    2018/02/12
     PCはマシンの排熱処理が結構重要なはずなのですが、その先生がPCケースにしたのは、なんと電気ポット。ポット内部にCPUやマザーボード、メモリなど必要なものを一揃え搭載しています。

     このPCを、ツイッターユーザーの塩鮭さんは
    「うちの学校の先生が作った自作PCが面白すぎるwwwwwww」
    と紹介しています。

     「どうしてガワにポットを選んだ!?」と、これを見た人はあまりの謎チョイスにざわざわ。これ蓋を閉めたら排熱できないヤツじゃん、ネタでしょ?とリプライは反響に沸いています。ポットから伸びているコードがWindowsのホーム画面を映しているモニタに接続されている様子はかなりシュール。保温したら明らかにアカンやつ……。このポットマシン、「iPot」と称する人も。上手い事を言いますな……。

     自作ポットPC、制作した先生によるとCPUはIntelのCore-i3 メモリは4G、SSDは120GB、OSもWin8.1を搭載しているなど、そこそこ使えるスペック。ちなみに電源は給湯ボタン、温度は湯量を見る窓の部分に仕込んであるアナログな棒温度計で確認することができるとの事。総額5万2千円ちょいでできているそうです(塩鮭さん調べ)。

     取っ手が付いていて確かに持ち運びはとても楽そうですよね!排熱でお湯が沸いたりは……しませんが、遊び心満載の自作PC、Mac Proもびっくりなナイス発想ですよね。以前に電子レンジのパネルが壊れたので電卓を使ってパネルの代わりに取り付けた人がいたりとか、炊飯器にPC仕込んでみた人とかもいましたがこういう柔軟な発想が新しい何かを生み出す力になるのかな?




    no title

    no title

    no title


    no title詳しいスペックhttp://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2018/02/8e449514b3de40ba90959e24db1fef22-600x81.jpg

    【【iPot】Windows搭載ポット型PCの出現にネット騒然 】の続きを読む

    idea-3085367_640

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/07(水) 23:54:47.90 ID:CAP_USER9
    インターネットに散らばる情報をテーマごとに収集する「まとめサイト」。2000年代後半ごろから続々立ち上がり、現在に至るまで多くのネットユーザーが利用している。

    しかし2018年に入り、老舗まとめサイトの閉鎖が相次いでいる。

    ■突然の閉鎖発表、過去記事も全て削除

    09年に開設されたまとめサイト「あじゃじゃしたー」の管理人は18年1月26日、ツイッターで突如「ブログ閉鎖です。移転もないし復活もしません。長い間ありがとうございました!」と発表した。現在、サイトは閲覧できない状態となっており、過去記事も全て削除されている。

    それから約1週間後の2月3日、今度は06年開設のまとめサイト「ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS」 が更新の終了を報告。理由については「単純に更新時間の確保が難しくなってきた、というありふれたものです。我ながらフツーですが、終わるときはこんなものなんでしょう」と説明している。

    ■まとめサイトに冬の時代?

    個人・団体を問わず誰でも開設できるまとめサイトの中には、その気軽さゆえ問題をはらむサイトも少なくない。

    17年11月13日放送の「クローズアップ現代+」(NHK総合)では、ネット上でデマ情報が拡散する要因の1つとして「まとめサイト」を指摘。不正確な情報を拾い集めて作られた「まとめ」が誤解を生み、あたかも真実のように広まってしまった実例を紹介した。

    17年11月16日には、差別的な投稿を集めて記事化し精神的苦痛を与えたとして、まとめサイト「保守速報」の運営者が損害賠償を命じられた。

    なかでも最も世間を騒がせたのはディー・エヌ・エー(DeNA)の「ウェルク(WELQ)」だろう。医療情報サイトを名乗りながら、科学的根拠が不明確な記事の掲載や著作権侵害が問題視され、16年12月に閉鎖に追い込まれた。

    この問題について、第三者委員会による277ページもの調査報告書では、以下の考察がなされている。

    “「本問題は、そもそものメディアのあり方、インターネットにおける情報発信のあり方、情報過多の時代における情報集約・整理機能の社会的意義及びあり方(中略)を問いかけるものであった。当委員会としても、こうしたテーマのそれぞれについて何度も議論を重ねたが、限られた知見と時間の中では、確定的な結論を出すまでには至らなかった」

    【【ネット】「まとめサイト」老舗サイトが相次ぎ閉鎖の謎】の続きを読む