画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 生物・自然

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/04/24(火) 09:15:51.07 ID:CAP_USER9
    no title


    アリは非常に多くの個体が集団を作って生きる昆虫であり、大きすぎる餌を分割してそれぞれの個体が少しずつ運んだり、複数の個体が協力して大きな餌を運んだりするなどの協力行動を取ることが知られています。また、いくつかのアリは自分たちの体で他の個体が渡る橋を作ったり、負傷したアリを安全な場所まで運ぶ救命行為をしたりといった、社会的な行動を取る昆虫です。そんなアリの中には、なんと「自分の体を爆発させる」という奇妙な行動を取る種類が存在し、この「爆発するアリ」の新種が発見されたと発表されています。



    no title


    ソース全文はこちらで
    2018年04月23日 23時00分00秒
    https://gigazine.net/news/20180423-new-species-of-exploding-ants/

    no title

    【【蟻】「自爆アリ」の新種が東南アジアで発見される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/04/20(金) 08:46:23.58 ID:CAP_USER9
    横浜市栄区公田町の佐藤千恵子さん(62)は今月初め、自宅2階のベランダから「見たことのない生き物」を撮影した。サイのようなゴツゴツした皮膚の動物7~8匹が甲高い鳴き声を上げてじゃれあったり、走り回ったり。2カ月ほど前から夜中に道路で見かけることがあったが、昼間に見たのは初めてだった。

     市動物園課などによると、生き物の正体は皮膚病にかかった野生のタヌキ。ダニの一種が皮膚の下に入り込んで感染。体毛が抜け落ち、皮膚がむき出しになるという。

     

    no title
    ソース全文はこちらで
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASL4J5T2GL4JULOB01H.html

    【【実はタヌキ】謎の生き物、横浜で撮影 サイのような皮膚 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/04/17(火) 22:58:19.15 ID:CAP_USER9
     映画「ジュラシック・パーク」にも登場した、恐竜トリケラトプスが大きな角やかぶとのような襟飾りを持つように進化したのは、異性を引き付けるためだった可能性が高い――。英国の研究チームが研究成果をまとめ、科学誌「英国王立協会紀要」に発表した。


    ソース全文はこちらで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000049-asahi-soci
    no title

    【【トリケラトプスの角】異性を引きつけるため進化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な どきどき共和国 ★ 2018/04/07(土) 11:04:15.14 ID:CAP_USER9
    「猛毒タコ」福岡の海岸で見つかる かまれると死に至ることも 県が注意呼び掛け
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00010001-nishinpc-soci
    2018/04/07付
    西日本新聞朝刊
    no title


     観光客が訪れる福岡県糸島市の二見ケ浦海岸の夫婦岩付近で、猛毒があり、かまれると死に至ることもあるヒョウモンダコが見つかった。夫婦岩は大潮になると海岸から歩いて行けるため、県などが注意を呼び掛けている。


    続きはソースで 

    【【猛毒タコ】ヒョウモンダコ福岡の海岸で見つかる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/04/06(金) 10:47:56.35 ID:CAP_USER9
     【名護・本部】沖縄ちゅら島財団総合研究センターの研究グループは5日、昨年6月に名護市の源河川で見つかった魚類が、国内初確認のウミヘビ科の魚類「ラムノストマ・ミンドラム」だったことを発表した。同科で淡水に生息する種が確認されたのは国内初で、和名は「カワウミヘビ」と命名された。世界でも6カ所目の発見で、源河川が北限の発見となる。


     

    no title
    ソース全文はこちらで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000002-ryu-oki

    【【沖縄】川に住むウミヘビ国内で初確認 「カワウミヘビ」と命名される「世界で六カ所目」】の続きを読む