• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 生物・自然

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      dna-3539309_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/10/28(日) 05:03:59.81 ID:CAP_USER9
      http://www.afpbb.com/articles/-/3194314?cx_part=latest

      DNA検査の「自分探し」に米国熱狂、人種差別助長への警鐘も
      2018年10月27日 9:00 
      発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

      【10月27日 AFP】単なる好奇心、あるいは自分は何者かという問いの答えを見つけるため、何百万人もの米国人が、インターネットで販売されているDNA検査キットを使って、自身のルーツを調べている。

       だが、この「自分探し」への熱狂が人種的なステレオタイプを助長し、人種間の分断が深まる恐れがあると、専門家らは警鐘を鳴らしている。

       少量の唾液から顧客のゲノム(全遺伝子情報)を解析し、他人のDNAとの比較からそれぞれの出自を調べるサービスを、多くの企業が100ドル(約1万1200円)程度の検査料で提供している。

       元々、国民の大部分が移民だった米国では、家系図が人々の想像をかき立てる。このためDNA検査は人気が高い。DNA検査大手、アンセストリー(Ancestry)と23andMeの2社によると、これまで検査を受けた人の数は1500万人に達しているという。

      続きはソースで

      【【自分探し】DNA検査の「自分探し」に米国熱狂、人種差別助長への警鐘も 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 水星虫 ★ 2018/10/27(土) 10:31:51.13 ID:CAP_USER9
      九頭竜川で「アレチウリ」の駆除

      *ソース元にニュース画像あり*

      http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukui/20181026/3050000718.html
      ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

      強い繁殖力で農作物に被害をもたらす国の特定外来生物、
      「アレチウリ」の駆除が坂井市の九頭竜川沿いで行われました。

      北米原産の「アレチウリ」はウリ科のつる植物で、繁殖力が強く1日に5メートル以上成長することもあり、
      アレチウリに覆われた大豆畑が壊滅するなど国内で大きな被害が出ています。

      続きはソースで

      【【1日に5メートル以上成長することもある凄い奴!】九頭竜川で「アレチウリ」の駆除 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      man-2125123_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/10/27(土) 01:19:30.16 ID:CAP_USER9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181026/k10011687551000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_036

      「ヒト細胞混ぜた受精卵で動物が出産」指針を了承 移植研究で
      2018年10月26日 20時20分医療

      ヒトに移植するための臓器を動物の体内で作り出す研究を進めるため、国の専門調査会は、ヒトの細胞を混ぜた動物の受精卵を動物の子宮に戻して出産させることを認めるとした指針の改正を了承しました。この研究では、ヒトの神経を含む脳を持った動物が生まれる可能性があるため倫理的な問題も指摘されていて、専門調査会は今後、個別の研究に対して国が行う審査を慎重に行う必要があるとしています。

      続きはソースで

      【【医療】「ヒト細胞混ぜた受精卵で動物が出産」指針を了承 移植研究で 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/10/17(水) 12:41:55.56 ID:CAP_USER9
      福島・相馬沖には大きなヒラメの巣があるようだ。
      岩手~福島・東北の太平洋側は座布団級が舞いとんでいる。
      特に福島・相馬沖では仕掛けを落とせばヒットする入れ掛かり状態。
      福島県では50センチ以下はリリースするルールがある。釣れる個体でソゲ級が少ないのも事実だ。
      釣り経験が浅くても、デカいヒラメを釣るチャンス、相馬沖なら十分ありますよ。

      福島・相馬港。風光明媚で知られる浅瀬・松川浦に隣接する港だ。道路はまだ造成中で、
      7年7カ月前に発生した東日本大震災の津波の傷痕はまだ深く残っている。
      ただ、陸上の様子とは違って、相馬沖は震災前の魚の宝庫に戻ってきた。

      続きはソースで
      https://www.nikkansports.com/leisure/fishing/news/201810160000270.html
      no title

      【【環境】知ってた?福島県の相馬沖では座布団級のヒラメが入れ食い状態】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/10/11(木) 16:55:56.73 ID:CAP_USER9
      (CNN) ポーランドで数年前に発見された同国最古の人骨は、
      巨大な鳥の餌にされたネアンデルタール人の子どもの骨だったことが、人類学研究チームの調査で明らかになった。
      ポーランド科学・高等教育省が発表した。

      続きはソースで

      https://www.cnn.co.jp/fringe/35126831.html

      【【生物】ネアンデルタール人の子ども、巨大な鳥の餌になっていたと判明 ポーランド科学・高等教育省が発表】の続きを読む