Xファイル : 最速ニュース+ : 2/10

画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: Xファイル

    loch-1343170_640

    1:最速ニュース+な 朝一から閉店までφ ★ 2017/12/30(土) 18:42:18.94 ID:CAP_USER
    ネッシーの目撃情報急増 ハイテク使い容易に監視(2017/12/30 17:50)

     イギリスでは、あの「ネッシー」の目撃が今年、急増しました。一体、どうしてなのでしょうか。現地を緊急取材です。

    くわしくは動画で…
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000117794.html

    【【イギリス】ネッシーの目撃情報急増 ハイテク使い容易に監視「緊急取材」】の続きを読む

    1:
    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35112306.html
    (リンク先に謎の飛行物体動画あり)

    2017.12.21 Thu posted at 12:50 JST
    (CNN) このほど発覚した米国防総省の極秘UFO研究プロジェクトに関連して、2004年に未確認飛行物体を目撃したという米海軍の元パイロットがCNNのインタビューに応じ、自分の目で確かに見た物体は、生涯で一度も見たことのない物体だったと証言した。この物体が飛行する様子をとらえた映像も公開されている。

    米軍機のコックピットから謎の物体を目撃したのは、海軍のパイロットだった元兵士のデービッド・フレバー氏。19日夕に行われたCNNのインタビューの中で、この物体について「白い楕円形で、北を向いて不規則な動きをしていた」と振り返った。

    その様子は今も鮮明に覚えているといい、「私が接近すると、相手は急加速して南へ向かい、2秒足らずで姿を消した」と語る。

    謎の物体に翼はなかった。だがヘリコプターとも明らかに違ったと同氏は言う。「ヘリコプターが左右に移動する時は、比較的ゆっくり動き、それからスピードを上げて反対側へ移動する」「ところがこの物体はものすごく動きが急で、ピンポン玉が壁にぶつかって跳ね返るようだった」。そんな動きをする飛行物体は見たことがなかった。

    この物体は水上でホバリングすることができたといい、フレバー氏らは5分ほど追跡を続けた。「その後垂直上昇を始め、ゼロから約1万200フィート(約3600メートル)まで上昇して2秒以内に加速し、姿を消した」

    こうした証言に疑いの目を向ける人もいる。「説明できないものを疑うのは簡単だ」「だが我々が追跡したのは実在の物体だった」とフレバー氏は強調する。

    国防総省の極秘プロジェクトでは、フレバー氏が目撃した物体をはじめ、軍のパイロットが遭遇した未確認飛行物体の映像や音声の検証を行っていたが、2012年に予算が打ち切られた。

    【【UFO】「この目で見た」、元米軍パイロットが証言  白い楕円形だった】の続きを読む

    1:
    ■宇宙人からのメッセージか?不思議な形の雲が米国上空に出現 NASA

    米国政府がかつてUFO(未確認飛行物体)に関する調査を行なっていたことは今や公然の事実だが、今月14日、フロリダ州とジョージア州の上空に不自然な雲が出現しているのが地球観測衛星の画像で見つかった。
    米航空宇宙局(NASA)のゴダード宇宙科学研究所の研究員バスティアン・ヴァン・ディデンホーフェンさんは今月14日、地球観測衛星アクアがとらえた米国南東部上空の画像を眺めていて、不自然な形をしている雲に気づいた。

    フロリダ州とジョージア州には当時、細かい雲も見られたが、研究員が見つけたのは、自然な雲とは明らかに異なり、「MXA」の文字にも見えるシロモノだった。
    赤外線観測装置で大気中に含まれる物質などを詳しく解析した結果、正体は飛行機雲だと判明。
    …でも、まっすぐに飛んでいるはずの旅客機がなぜ、曲がりくねっているの?という疑問が浮かぶ。

    ふたつの州にはアトランタ空港やマイアミ空港、オーランド・サンフォード空港など、さまざまな空港が点在していて、いわば空の渋滞ポイント。
    着陸するタイミングを待つために、複数の飛行機が上空で旋回を繰り返しているうちに、排気ガスに含まれる水蒸気が上空の冷たい空気で凍結し、このような不自然な形を形成したものと推測されるという。
    気象学者であるディデンホーフェンさんは、雲の専門家。常に衛星写真を観察していて、昨年3月には英国東海岸に空軍機が作った、ひらがなの「へ」の字に見える半円形の雲が並ぶのを発見している。

    ■写真
    米フロリダ州とジョージア州上空に現れた不自然な形の雲。「MXA」に見える?(NASA Earth Observatory)
    no title

    上の画像の色を調整し、雲の形を強調した画像(NASA Earth Observatory)
    no title


    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23167.html

    【【米国】宇宙人からのメッセージか?不思議な形の雲が米国上空に出現/NASA(写真あり)】の続きを読む

    1:
    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35112181.html
    (リンク先に動画ニュースあり)

    2017.12.19 Tue posted at 14:25 JST
    (CNN) 米国防総省で極秘のUFO研究プロジェクトの責任者を務めていた元高官が18日、CNNのインタビューに応じ、地球外生命体が地球に到達している証拠はあると確信すると語った。

    「私の個人的な確信として、宇宙にいるのが我々だけではない可能性を裏付ける、極めて説得力の高い証拠がある」。そう語るのは、国防総省のUFOプロジェクトを率いていたルイス・エリゾンド氏。

    同プロジェクトの存在は、米紙ニューヨーク・タイムズなどの報道で明らかになった。

    同紙によれば、エリゾンド氏はこのプロジェクトを巡る過剰な秘密主義や、プロジェクト予算が2012年に打ち切られた後、内部で反対の声が出ていたことに抗議して、今年10月に国防総省を退職した。

    18日のインタビューの中でエリゾンド氏は、宇宙人が地球に来ている可能性を排除できない証拠があることを強く示唆。同プロジェクトで調査対象とした物体について、「そうした(我々が呼ぶところの)航空機は、現時点で米国のものでも外国のものでもない特徴を有している」と指摘した。

    プロジェクトの狙いは、観測情報や目撃情報を調べ、それが国家安全保障上の潜在的脅威となるかどうかを見極めることにある。

    エリゾンド氏によれば、航空力学の法則を無視しているとしか思えない、異常な飛行物体が確認されたといい、「一見した限りでは航空局からのフライトサービスもなければ推進形態もなく、人間のような生物が感じる健全な重力を超越した驚異的な操縦を行っていた」

    軍のパイロットが2004年に遭遇した謎の体験の記録映像も調査対象の1つだった。この時のパイロットの1人で、元兵士のデービッド・フレバー氏はCNNの取材に対し、全長40フィート(約12メートル)の物体が高速で方向転換しながら飛行する様子を目撃したと話している。

    一方、納税者団体の関係者は18日に放送されたCNNの番組の中で、「UFO研究に2200万ドル(約25億円)を費やすなど正気の沙汰ではない」と述べ、現時点でUFO研究は、国家安全保障上の優先課題ではないと力説した。

    プロジェクトの立ち上げにかかわったネバダ州出身のハリー・リード元上院議員は同日声明を発表し、「このプログラムの成果として浮上した真剣な科学的疑問を政治の材料とすることは馬鹿げており、非生産的だ」と批判している。

    航空力学の法則を無視した異常な動きを示す飛行物体の存在が確認されているという
    no title

    【【アメリカ】米国防総省のUFO研究元責任者、地球外生命の証拠「確信」】の続きを読む

    1:
    米ニューヨーク・タイムズ(電子版)などは16日、米国防総省が秘密裏に未確認飛行物体(UFO)の調査を2012年まで行っていたと報じた。
    関係者は、調査は現在も続いているとしている。

    報道によると、調査は国防情報局の「先端航空宇宙脅威特定計画」の一環として07~12年まで実施。
    2200万ドル(約24億円)を投じ、米軍が任務中に遭遇した飛行物体の調査や安全保障に与える脅威を評価したという。

    04年、米西海岸サンディエゴ沖にいた空母ミニッツから飛び立った海軍のFA18F戦闘機2機が追跡した円形の未確認飛行物体の映像も含まれている。

    国防総省はロイター通信の取材に計画の存在を認めた上で、終了したのは「ほかに予算をつけるメリットのある優先事項があったためだ」と述べた。
    しかし、担当した元職員は、予算が無くなっただけで調査は続いているとしている。

    計画を後押ししたハリー・リード元上院議員(民主党)は、ツイッターで報道を紹介。
    UFOの絵文字付きで「真実がここにある」と内容を認め、「これは科学と安全保障の問題だ。米国がリードしなければ、他国がやるだろう」とツイートした。

    UFO調査は、かつて米空軍が1947~69年に実施。1万2千件以上の目撃情報を調査し、
    ほとんどが星や雲、その他の飛行機などだったと結論付けて終了した。
    http://www.asahi.com/articles/ASKDK45P7KDKUHBI00P.html

    【【米国】 国防総省がUFO調査・・・ニューヨーク・タイムズ「表向きの報道か?」】の続きを読む