最速ニュース+

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 地震

    nemophila-678865_640

    1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/01/05(金) 11:39:06.54 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180105/k10011279651000.html

    5日午前11時2分ごろ、茨城県と石川県でそれぞれ震度3の揺れを観測する
    地震がありました。いずれも地震による津波の心配はありません。気象庁は
    緊急地震速報を発表しましたが、異なる地域でほぼ同時に起きた2つの地震を
    1つの地震として解析したことが原因ではないかと見て調べています。

    茨城県で震度3を観測したのは茨城県神栖市で、このほか震度2や1の揺れを
    茨城県と千葉県、栃木県、群馬県、それに福島県の各地で観測しました。

    気象庁の観測によりますと、震源地は茨城県沖で震源の深さは40キロ、
    地震の規模を示すマグニチュードは4.4と推定されています。
    また5日午前11時2分ごろには富山県西部の深さ20キロを震源とする
    マグニチュード3.9の地震があり、石川県の七尾市と中能登町で、震度3の
    揺れを観測しました。

    気象庁は午前11時2分に関東地方や福島県で強い揺れが予想されるとして
    緊急地震速報を発表しましたが、異なる地域でほぼ同時に起きた2つの地震を
    1つの地震として解析したことが原因ではないかと見て調べています。

    【【緊急地震速報】茨城と石川で同時に地震。二カ所の地震を一つの地震として判断】の続きを読む

    1:
    政府の地震調査委員会は19日、千島海溝沿いの地震の長期評価を公表した。

    東日本大震災のようなマグニチュード(M)9級の超巨大地震の発生確率を初めて示し、
    30年以内で7~40%とした。

    東北沖の日本海溝との連動も否定しておらず、北海道の太平洋岸各地にとどまらず本州まで被害が及ぶ可能性がある。

    地震調査委の平田直(なおし)委員長は「極めて高い確率。東日本大震災と同規模の地震発生が切迫している可能性が十分にあり、
    厳重な警戒が必要」と訴えている。

    地震調査委は震源を、十勝沖▽根室沖▽色丹島沖と択捉島沖--の3領域に分けて検討した。

    北海道東部の太平洋岸では17世紀初頭、十勝沖と根室沖の震源域が連動したM8.8の超巨大地震があったと推定。
    高さ18メートル以上、浸水域が内陸4キロ以上の津波がこの地域を襲い、相当な被害があったとみられる。
    東北地方への影響は確認されていないが、津波に襲われる可能性がある。

    陸地で行われた津波堆積(たいせき)物調査では、このような超巨大地震は過去6500年間に最高18回あり、
    平均間隔は340~380年と指摘。

    現在、最新の発生から約400年が経過し、再来が迫っている可能性が高いと結論づけた。
    http://mainichi.jp/articles/20171219/k00/00e/040/223000c

    【【大津波】 北海道東部、マグニチュード9の地震が起こる可能性は?・・地震調査委員長 「地震発生が切迫している可能性がある」】の続きを読む

    このページのトップヘ