• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 宇宙開発

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/11/15(木) 09:20:48.65 ID:CAP_USER9
      地球から約6光年離れた「バーナード星(せい)」にある惑星の想像図(画像右)(欧州南天天文台提供)
      no title


      太陽に最も近い単独の恒星である「バーナード星(せい)」には惑星が存在するとみられると、スペインのカタルーニャ宇宙研究所などの国際研究チームが15日付の英科学誌ネイチャーに発表した。バーナード星は赤色矮星(わいせい)と呼ばれる小さい低温の恒星で、この惑星も生命に必要な地表の水が凍結している可能性が高いという。
       
      地球から約6光年と近いため、将来は高性能な望遠鏡で直接観測できると期待される。質量は地球の3.2倍以上あり、バーナード星との距離は太陽と水星の間に相当する。
       
      バーナード星は1916年に天球上の動きが最も大きいことを発見した米天文学者の名前から名付けられた。惑星の存在が長年議論され、はっきりしていなかった。しかし、惑星が存在すれば重力の影響で位置が周期的に揺らぐため、国際研究チームが精密に観測し、公転周期233日の惑星が存在する可能性が極めて高いと結論付けた。
       
      太陽から約4光年先には三つの恒星が重力で結び付いた三重連星がある。このうち「プロキシマ・ケンタウリ」には惑星があると2016年に発表され、太陽系外では地球から最も近い惑星とされている。

      (2018/11/15-08:28)
      時事ドットコム
      https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111500303&g=soc

      【【宇宙】地球から約6光年離れた「バーナード星」に惑星が存在か 小さい低温の恒星、生命に必要な地表の水が凍結している可能性 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/11/11(日) 07:39:47.49 ID:CAP_USER9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181111/k10011706461000.html

      JAXA=宇宙航空研究開発機構は、国際宇宙ステーションから地球に物資を持ち帰る
      日本初の回収カプセルが大気圏に突入し小笠原諸島の南鳥島近海に着水したことを
      午前7時6分に確認したと発表しました。JAXAは船による回収を急いでいます。

      国際宇宙ステーションから地球に物資を持ち帰る回収カプセルの技術は、
      現在、アメリカとロシアしかもっておらず、日本初の回収カプセルの成否が注目されています。

      【【宇宙】「こうのとり」から放出された日本初の「回収カプセル」の着水を確認 JAXAが船で回収に急行中】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 鴎 ★ 2018/10/24(水) 08:53:16.11 ID:CAP_USER9
       米国が建設を計画している月上空の宇宙基地について、建設費が最大4200億円になるという試算を、宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)がまとめたことがわかった。23日に開かれた文部科学省の有識者会合でJAXAが明らかにした。

       JAXAによると、新たな基地の重さは国際宇宙ステーション(ISS)の約6分の1にあたる約70トンで、4人の宇宙飛行士が滞在できる。米航空宇宙局(NASA)は2026年頃の完成を目指し、日本も参加に向けた検討を進めている。

      続きはソースで 

      2018年10月24日 07時25分
      https://www.yomiuri.co.jp/science/20181023-OYT1T50110.html

      【【月の宇宙基地】最大4200億円…日本負担は?米計画8年後の完成目指す】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/10/23(火) 04:53:08.58 ID:CAP_USER9
      NASA(米国航空宇宙局)は、金星への有人飛行構想「ハイ・アルティチュード・ヴィーナス・オペレーション・コンセプト(HAVOC)」に取り組んでいる。
      金星は内部構造は地球とよく似ているものの、大気は非常に高温で有毒物質に満たされている。
      そのため、表面に降りることは出来ず、宇宙飛行士たちは着陸は行わず、特殊な宇宙飛行船に乗り、金星上空の雲の上に滞在することとなる。

      続きはソースで

      no title

      https://jp.sputniknews.com/science/201810225485239/

      【【NASA】金星への有人飛行を計画 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/10/13(土) 05:37:04.35 ID:CAP_USER9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181013/k10011669961000.html

      愛知県小牧市で先月、突然、住宅の屋根が壊れて表面が焼けた石のような物が落ちているのが見つかり、
      国立科学博物館が調べたところ隕石(いんせき)の落下であったことがわかりました。
      no title


      先月26日、午後10時半ごろ、愛知県小牧市の住宅で突然「ぐわーん」という大きな音とともに家全体が揺れる衝撃があり、
      屋根の一部にえぐれたような穴があいたということです。

      当時、家の中には人がいましたがけがはなく、翌日、庭などで表面が焼け焦げていて、大きさが10センチと5センチ、
      それに4センチほどの3つに割れたとみられる石のような物が落ちているのを見つけたということです。

      石のようなものは磁石にくっつく性質があり、国立科学博物館の専門家が鑑定したところ、
      成分などから約45億年前にできた隕石とわかりました。

      続きはソースで

      【【隕石】「突然『ぐわーん』と云う大きな音とともに家全体が揺れた」愛知県小牧市住宅の屋根に隕石が直撃 国立科学博物館が調査】の続きを読む