• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 政治

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      play-593207_640

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/07/22(日) 08:07:21.97 ID:CAP_USER9
      カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が成立したことで、自治体による誘致合戦がいよいよ本格化する。外国人観光客を取り込み地域経済を活性化するIRへの期待は強く、すでに複数の自治体が名乗りをあげている。当面設置が認められるのは最大3カ所だけに、自治体同士の「イス取りゲーム」は過熱しそうだ。
      ■3地域が誘致リード

       現段階で誘致活動をリードしているのは、大阪府・市と和歌山県、長崎県だ。

      ソース全文はこちらで
      産経ニュース
      http://www.sankei.com/smp/politics/news/180721/plt1807210019-s1.html

      【【カジノ】IR誘致「3つのイス」奪うのはどこだ 大阪、和歌山、長崎、北海道、愛知、東京・横浜どう動く】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      cards-1030852_640

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/07/20(金) 21:30:26.19 ID:CAP_USER9
      ソースはあとで

      【【速報】カジノを含むIR整備法 参院本会議で可決・成立(21:29) 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★ 2018/07/20(金) 07:03:26.64 ID:CAP_USER9
      ◆JR北海道に400億円 19、20年度 国が追加支援策
      07/20 02:09 北海道新聞

       経営悪化に伴い赤字路線の見直しを進めているJR北海道に対し、国が検討している財政支援の規模が2019、20年度の2年間で総額約400億円に上る見通しであることが19日、分かった。青函トンネルの維持管理費や貨物列車の運行で生じる費用負担の軽減、宗谷線名寄―稚内間など「単独維持困難」とされる7路線8区間の維持に充てる。

      続きはソースで 

      https://www.hokkaido-np.co.jp/article/210485


      ◆JR北海道に400億円支援 路線維持へ国が2年間
      2018/7/20 02:00 共同通信

      続きはソースで 

      https://this.kiji.is/392723130676528225

      【【鉄道】JR北海道に400億円 19、20年度 国が追加支援策 助成や無利子貸し付け 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な nita ★ 2018/07/15(日) 13:29:54.17 ID:CAP_USER9
      2018年07月15日 日曜日

       原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分に向けた理解を深めようと、原子力発電環境整備機構(NUMO)と経済産業省資源エネルギー庁は14日、一般県民を対象とした対話型の説明会を、核のごみを一時貯蔵する青森県で初めて開いた。

       
      ソース全文はこちらで
      https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180715_23017.html

      【【青森】核ごみ処分場「最終地化」に懸念の声「青森で説明会」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      water-2825771_640

      1:最速ニュース+な Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★ 2018/07/15(日) 06:34:41.13 ID:CAP_USER9
      ◆水道法改正案、今国会見送りへ
      2018/7/13 22:57 日経新聞

       自民党の関口昌一参院国対委員長は13日、国会内で国民民主党の舟山康江参院国対委員長と会談し、水道法改正案の今国会での成立を見送る方針を伝えた。舟山氏が記者団に明らかにした。改正案は、市町村などが手掛ける水道事業の広域化などを促し、水道管の老朽化対策を急ぐ内容だ。

      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33004370T10C18A7EA3000/

      ◆水道法改定 今国会見送り 営利企業参入 不安・反対強く
      2018年7月14日(土) しんぶん赤旗

      続きはソースで 

      https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-07-14/2018071401_07_1.html

      【【強行採決】水道法改正案、今国会見送り 反対の声が高まり、強行を狙う政府・与党を包囲 】の続きを読む