• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:ワールドニュース > オピニオン

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ティータイム ★ 2018/12/15(土) 08:41:46.16 ID:CAP_USER9
      日テレNEWS24 12/15(土) 0:27配信

      皇太子さまが新天皇に即位後、国内移動の新幹線などの貸し切りをやめることも検討されていることが分かった。

      来年、皇太子さまが新天皇に即位された後、国内移動の飛行機や新幹線は貸し切りとせず、一般客を乗せることも検討されていることが関係者への取材で分かった。

      これまで天皇皇后両陛下の移動では、警備上の理由などから新幹線は全車両を貸し切り、飛行機は機体ごと貸し切りとなっていたが、費用がかかることを皇太子さまが気遣われているという。

      https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181215-00000000-nnn-soci

      【【皇室】新天皇が国内移動する際の交通機関貸し切りをやめて一般客と同乗・・・現在の皇太子さまが検討 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      craftsmen-3094035_640

      1:最速ニュース+な 壁に向かってアウアウアー ★ 2018/11/29(木) 01:30:11.38 ID:CAP_USER9
      【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は28日、日本経済の年次審査報告書を発表し、高齢化による人口減少で「実質GDP(国内総生産)は今後40年で25%以上落ち込む恐れがある」と予測した。労働力を確保して成長を継続させるため、外国人労働者の受け入れ拡大などを選択肢として検討するよう提言した。
       IMFによると、日本の労働人口に占める外国人の割合は2%程度と世界でも最低水準。適切な受け入れ規模は各国が判断すべきだとしつつ、「日本の場合は特に技能を持つ外国人(の受け入れ拡大)が役立つ」(審査担当者のポール・カシン氏)との見方を示した。
       IMFは、日本の高齢化に言及し、早急な改革に取り組まなければ成長力が落ち込むと分析。「女性や高齢者、外国人労働者のさらなる活用は人口減(問題)を一部補う」と検討を提案し、賃上げを図る所得政策の重要性も強調した。(2018/11/29-00:13)

      https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112900015&g=eco&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

      【日本のGDP今後40年で25%減=外国人材の拡大検討を-IMF】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      boot-998966_640

      1:最速ニュース+な やなぎ ★ 2018/10/26(金) 22:25:15.55 ID:CAP_USER9
      2018年10月26日 22時07分
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181026/k10011687581000.html
      「難民問題で日本は責任を果たして」 国連難民高等弁務官

      日本を訪れているUNHCR=国連難民高等弁務官事務所のトップが都内で会見し、「難民は世界規模の問題であり、日本には世界への責任を果たしてほしい」と述べて、日本政府にさらなる経済的な支援を呼びかけました。

      続きはソースで

      【【UNHCR】「難民問題で日本は責任を果たして」 国連難民高等弁務官 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      bookkeeping-615384_640

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/10/20(土) 20:48:46.21 ID:CAP_USER9
      デンマークを訪れている河野外務大臣は、環境問題や経済成長について話し合う国際会議で講演し、為替取引などに課税して、その税収で途上国の貧困対策などの資金をまかなう「国際連帯税」の導入を検討すべきだと訴えました。

      この中で、河野外務大臣は、2030年までに世界から貧困や格差などをなくそうという国連の目標を達成するには、世界で毎年2兆5000億ドルの資金が不足していて、先進国によるODA=政府開発援助などではまかなえないと指摘しました。

      そのうえで「グローバリゼーションの恩恵を受けている人たちから税金を徴収して、人道支援を行う国際機関に直接渡す『国際連帯税』は長期的な解決策の1つだ。為替取引に税をかければ非常に低い税率でも資金調達のギャップをたやすく埋めることができる」と述べ、「国際連帯税」の導入を国際社会として検討すべきだと訴えました。

      2018年10月20日 20時41分
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181020/k10011679471000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

      【【河野外相】「ODAではまかえない」 途上国貧困対策で為替取引への課税“国際連帯税”導入を 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      statue-of-liberty-267948_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/06/23(土) 03:28:17.06 ID:CAP_USER9
      http://www.afpbb.com/articles/-/3179535

      民主主義が世界的に後退、欧州や米国で顕著 研究
      2018年6月22日 10:11 
      発信地:パリ/フランス [ 米国 北米 ヨーロッパ アフリカ ]

      【6月22日 AFP】民主主義が後退している国々に居住している人が世界人口の3分の1に上ることが、21日に発表された研究で明らかになった。民主主義が後退している国には、インド、トルコ、ブラジル、ポーランド、ロシアなどの他、米国も含まれている。

      続きはソースで 

      【【民主主義が世界的に後退】欧州や米国で顕著「アフリカでは逆に民主主義が前進」研究】の続きを読む