• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:ワールドニュース > 食品・飲料

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/18(金) 00:10:41.66 ID:f0QHBbyv9
      http://www.afpbb.com/articles/-/3206821?cx_part=latest

      コーヒー種の60%が絶滅の危機、行動すべきは「今」
      2019年1月17日 12:50 
      発信地:パリ/フランス [ フランス 英国 ヨーロッパ エチオピア 南スーダン アフリカ ]

      【1月17日 AFP】野生種のコーヒーの5分の3に絶滅の危険性があると警告する最新の研究論文が16日、発表された。世界で愛飲されているコーヒーの未来が、気候変動、病気、森林伐採の破壊的な組み合わせによって脅かされているという。

       毎日20億杯以上が飲まれている巨大なコーヒー業界は、商業的に栽培される品種を維持し、疫病がもたらす脅威の変化に適応させるために、わずか数か所の地域に自生する野生種に依存している。

       英キュー王立植物園(Royal Botanic Gardens, Kew)の研究チームは、絶滅の危険性があるとみなされる124種のコーヒー品種が、地球温暖化が続き生態系が破壊される中でどのように存続する可能性があるかを予測するために、最新のコンピューターモデリング技術と現地調査を利用した。

       その結果、75のコーヒー種が絶滅の危機にさらされていると判断された。そのうち13種は「絶滅寸前」、アラビカ種を含む40種は「絶滅危機」、22種は「危急」の状況にそれぞれ陥っている。

       米科学誌サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)に掲載された論文の主執筆者で、キュー植物園でコーヒー研究を統括するアーロン・デービス(Aaron Davis)氏は、AFPの取材に「全体としては、コーヒー種全体の絶滅リスクが約60%と非常に高く、植物に関する通常の絶滅リスクの数字をはるかに上回っているという事実が得られた」と語った。

      「それは絶滅の危険性が最も高い植物群に匹敵する。別の見方をすれば、多くの種が見つけにくく、限られた地域にしか生育しておらず、中には個体群の大きさがサッカー場くらいしかない種もあるのだから、驚くには値しないことなのだ」

       世界のコーヒー生産は現在、アラビカ種とロブスタ種のわずか2種のみに依存している。

       その酸味と味わいから珍重されるアラビカ種は、世界で販売されるコーヒーの総量の約60%を占める。野生のアラビカ種が生育するのはエチオピアと南スーダンの2国だけだ。

      ■「今行動しなければ、コーヒー農業に輝かしい未来はない」

       キュー植物園のチームは、森林伐採と気温上昇によるコーヒー自然生育地の破壊がどのくらいのペースで進行したかを測定するために、エチオピアで記録された40年以上前までさかのぼる気候データを入手。分析の結果、野生のアラビカ種全体の3分の1近くが、保護区域外で生育していることが明らかになった。

      「また、これらの保護区域の多くは今もなお森林伐採や侵入による脅威にさらされているという事実も得られているため、保護区域だからといって安全というわけではない」と、デービス氏は説明した。

       コーヒーの野生種と栽培種の両方がより容易に生育する助けとなるよう、政府は森林の保全と再生に取り組む必要があると、研究チームは述べている。

       ただ、デービス氏は、現在のところコーヒーは品不足にはなっていないと指摘。「コーヒー党としては、短期的には心配する必要はない」とした一方で、「われわれが言わんとしているのは、長期的には、この極めて重要な資源が失われないようにするために今すぐ行動しなければ、コーヒー農業に輝かしい未来はないということだ」と話した。 (c)AFP/Patrick GALEY with Manuel AUSLOOS in London

      【【☕絶滅!?】コーヒー種の60%が絶滅の危機、行動すべきは「今」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/13(木) 07:05:31.84 ID:CAP_USER9
      no title


      牡蠣が美味しい季節です。牡蠣のむき身のパックには、「生食用」と「加熱用」がありますが、「生食用」は新鮮だからと思っていませんか?
      「生食用」と「加熱用」は獲れた海域から、その後の処理の仕方まで大違いなのです。

      河口から離れた指定海域
      no title


      「簡単に言うと、牡蠣の『生食用』は各県が定めた指定海域で獲れたもの、『加熱用』はそれ以外の海域で獲れたものです」と語るのは、大手牡蠣養殖業者です。
      「生食用」の牡蠣にとって怖いのは、ノロウイルスや食中毒菌に汚染されることです。
      そのため、雑排水が流れ込む川の河口から離れた汚染のリスクが低いエリアなどが指定海域に定められています。

      2~3日かけて浄化する

      「付け加えると、『生食用』は採取後に浄化という工程が必要です。
      牡蠣は1時間に20Lの海水を吸入・排出する性質を利用して体の中をきれいにします。
      紫外線を照射するなどして無菌化した海水に2~3日漬けておくのです」(同)

      no title


      ただし、県によっては指定海域を設けていないことがあります。その場合は、浄化後の牡蠣が「生食用かきの規格基準」(厚生労働省)に適合していれば「生食用」として出荷できるそうです。

      「加熱用」のほうが太って美味しい?
      一方、指定海域外で養殖している「加熱用」の牡蠣は、一般的に栄養分が多い河口近くで養殖されているうえに、浄化する必要がありません。
      「そのため、『加熱用』の牡蠣のほうが太っていて味も濃いといわれることがあります。
      しかし、あくまで『加熱用』ですので、カキフライやクラムチャウダー、牡蠣鍋など火を通してお召し上がりください」(同)なんと、「生食用」のほうが新鮮というわけではなかったのです。
      旬の牡蠣を食べながら、あらためて生食用と加熱用についての勘違いを確認してみませんか。

      http://news.livedoor.com/article/detail/15732329/
      2018年12月13日 6時15分 ウェザーニュース

      【【食品】ほとんどの人が勘違い!? 今が旬の牡蠣「生食用」と「加熱用」の違い 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      rice-terraces-419770_640

      1:最速ニュース+な 水星虫 ★ 2018/11/20(火) 13:53:43.27 ID:CAP_USER9
      農閑期に直まき 負担軽減へ実験

      *ソース元にニュース画像あり*

      http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20181120/6040002660.html
      ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

      高齢化や後継者不足に悩むコメ農家の負担を軽減しようと、農作業が少なくなるこの時期に、
      稲の種もみを直接、田んぼにまいて生育するかを確認する実験が、岩手大学で本格的に始まりました。

      この実験は、秋から冬にかけて稲の種もみを田んぼにまいて、翌年にコメを収穫できる
      新しい栽培法を確立しようと、岩手大学農学部の下野裕之准教授の研究グループが取り組んでいます。
      滝沢市にある岩手大学農学部の広さが5アールほどある田んぼでは、20日、
      下野准教授や学生などが「あきたこまち」や「ひとめぼれ」など50品種の種もみをまきました。

      田んぼに種もみを直接まくと、冬場に地中で水分を含んで病気になるおそれがあるため、
      表面には鉄の粉をコーティングしているということです。
      下野准教授によりますと、この方法が確立できれば、農家にとっては
      春に苗作りや田植えを行う必要がなくなり、負担の軽減につながるということです。

      岩手大学農学部の下野裕之准教授は、
      「農家の高齢化が進むなかで、負担を軽減するためにも新しい米の栽培法を確立し、
      さらなる農業の発展につなげていきたい」と話していました。

      岩手大学は、この実験をこの冬に北海道から福岡までの11か所で行い、
      発芽率や生育状況などを詳しくみていくことにしています。

      11/20 12:51

      【【実験】今の時期に田んぼに種籾を直撒きすれば春に苗作りや田植えを行う必要なくなる?】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な WATeR ★ 2018/09/22(土) 22:29:04.91 ID:CAP_USER9
      【山形県】野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収中【放射性セシウム】


      大江町と尾花沢市で販売された野生キノコ「サクラシメジ」から、基準値を超える放射性セシウムが検出されたことが分かった。

      これは、厚生労働省が9月19日に行なった買い上げ調査で判明した。県によると、大江町の「道の駅おおえ」では、販売していた山形市産のサクラシメジから基準値の3倍にあたる1キロあたり300ベクレルの放射性セシウムが検出された。すでに1箱350グラム入りが6箱販売され、現在自主回収を進めている。

      ソース全文はこちらで
       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00010001-sakuranbo-l06
      no title



      【【山形県】野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収中【放射性セシウム】 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/07/13(金) 21:04:24.11 ID:CAP_USER9
      no title


      米国では今年5月以来、テキサス州を中心に寄生虫が原因のサイクロスポラ症を発症する患者が相次いで発生しているが、今度はマクドナルドで提供されたサラダを食べた100人以上から感染が報告されており、イリノイ州とアイオワ州の保健衛生当局が調査に乗り出した。


      ソース全文はこちらで
      2018年07月13日 11時47分
      ハザードラボ
      https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/5/25628.html

      【【米国】マクドナルドのサラダで寄生虫による集団感染  イリノイ州など100人超「サイクロスポラ症」 】の続きを読む