• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: ゲーム

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/05/14(月) 11:30:15.60 ID:CAP_USER9
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000029-zdn_n-game

      任天堂は5月14日、手のひらサイズのファミコン型端末「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」
      の販売を6月28日に再開すると発表した。具体的な理由は明かしていないが、2017年4月14日に
      「いったん生産を終了する」と公表していた。

      続きはソースで

      【【任天堂「ミニファミコン」を6月28日から販売再開】】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      video-game-console-2202625_640

      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/04/08(日) 11:07:53.06 ID:CAP_USER9
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000008-san-bus_all

      セガゲームスが家庭用ゲーム機市場への再参入を検討していることが7日、分かった。
      松原健二社長が産経新聞の取材に対し、約30年前に任天堂の家庭用ゲーム機と
      顧客争奪戦を繰り広げた「メガドライブ」の復刻版の販売を考えていると明らかにした。
      セガはゲーム機市場から平成13年に撤退したが、セガファンから復活を求める声が
      高まっているほか、任天堂が近年発売した復刻版ゲーム機が人気を博したことを受け、
      再参入の妥当性を見極める。
      続きはソースで

      【【セガ】ゲーム機市場への再参入を検討「メガドライブ復活か」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      sony-2619483_640

      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/03/22(木) 00:47:45.25 ID:CAP_USER9
      暴力的なコンピューターゲームは人間を周囲の人々にとって危険な人物にするという考えが一般的に認められている。一方、マックス・プランク進化人類学研究所の学者たちが行った研究では、攻撃のレベルはゲームの種類によって変化しないことが示された。学術誌ネイチャーが伝えた。



      ソース全文はこちらで
      https://jp.sputniknews.com/science/201803214692036/

      【暴力的なコンピューターゲームはそれほど危険ではない「ネイチャー」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      portrait-3163518_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/02/26(月) 06:22:43.02 ID:CAP_USER9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180226/k10011343181000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

      2月26日 4時23分
      生活に支障をきたすほどインターネットゲームなどに熱中する「ゲーム障害」というゲームの依存症について考える国際フォーラムが25日、横浜市で開かれ、各国の研究者などが実態や課題を報告しました。

      インターネットやスマートフォンの普及によってゲームに過度に依存する問題は世界各地で指摘され、WHO=世界保健機関はことし、生活に支障をきたすほどゲームに熱中する症状について、「ゲーム障害」という新たな病気として国際疾病分類に加える方針を示しています。

      このフォーラムはインターネットやギャンブル依存の専門病院が開き、海外の研究者や患者など300人余りが参加しました。

      この中では、韓国の医師の研究者が、ゲーム産業が急速に成長する中で、国としての効果的な対策がとられていない現状や、親の目の離れたところで乳幼児がスマートフォンでゲームを行うなど、低年齢化が進んでいると報告しました。

      一方、日本の専門家は、国内では正確な実態の把握や予防教育なども行われていないことを課題として指摘し、5年前に大学生だった息子がゲームにのめり込んだという女性は、息子が多額の課金をしたり、大学を退学したりした体験を語り、ゲームが持つ危険性を学校などで教えるべきだと訴えました。

      主催した国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長は「ゲーム障害は単にゲームのやりすぎと軽く考えられがちだが、実際は学校に行けなくなったり、家族崩壊につながったりするなど深刻な問題だ。悩みを抱えこまず、ぜひ外部に相談してほしい」と話していました。

      【【ゲーム障害】ゲームに依存する危険性話し合う国際フォーラム「WHOが新たな病気に加える方針」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [ニダ] 2018/02/11(日) 11:17:36.99 ID:iwZP9V5w0 BE:695656978-PLT(12000)
      sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000015-zdn_mkt-bus_all

      ”業界盛り上げる”! コナミ、アーケード向け「野球カードゲーム」復活へ

      アミューズメント・エンターテインメント関連製品の総合展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2018」(2月9~11日、千葉・幕張メッセ)では、カードゲームの要素を取り入れたアーケードゲームの出展が目立った。

       コナミアミューズメントは、野球カードゲーム「BASEBALL COLLECTION」を出展。
      コナミデジタルエンタテインメントが2005~15年に展開していた「BASEBALL HEROES」をリニューアルしたもので、野球選手のカードを配置してオリジナルのチームを組める点が特徴だ。

      また同社は、「Dance Dance Revolution」のリニューアル版で、床面のコントローラーにLEDを配置した「DANCERUSH STARDOM」(3月稼働予定)、
      メダルの代わりにガラス玉を使用したプッシャーゲーム「MARBLE FEBER」(2月稼働予定)――などさまざまなゲームを出展。

       解説担当者は「こうした新ゲームで業界を盛り上げ、ゲームセンターで出会った人々が意気投合して友達になるような、古き良き“ゲーセン文化”を取り戻したい」と期待を語った。

      【【ゲーム】ゲームセンターでハマったゲーム】の続きを読む