• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:国内ニュース > 社会・経済

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000528-san-bus_all

      楽天の三木谷浩史会長兼社長は18日、同社が目指す携帯電話事業への参入をめぐり、
      ツイッターで「もし認められれば、より快適で安価なサービスが提供できるように頑張ります」
      と既存の携帯電話事業者よりも低価格でのサービスを提供する考えを明らかにした。
      新規参入をめぐり、三木谷氏が公に見解を表明するのは初めて。

      三木谷氏はこのほか、「楽天の携帯事業参入意向表明。カード事業参入の時も、
      色々と言われたが、10年が経ち、取扱高、利益水準も業界トップ(クラス)になった。
      MVNOの好調さ、9000万人を超える会員ベースを考えても、参入は自然な流れだと思う」
      とも述べた。

      【【経済】「より安価なサービスをがんばる」。楽天の三木谷浩史氏が意欲】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      hourglass-1875812_640

      1:
      月曜午前休で「ラグジュアリーマンデー」 自民ナイトエコノミー議連が提言

      夜間市場盛り上げへ官民一体の協議会も設立へ
      2017/12/14 16:08

      夜間経済の活性化を目指す自民党のナイトタイムエコノミー(時間市場創出推進)議員連盟が12月14日、中間提言を取りまとめた。深夜のデジタルダーツやシミュレーションゴルフの解禁、月曜日の出社時間を遅らせる「ラグジュアリーマンデー(仮称)」など、斬新な提案が盛り込まれた。
      ナイトタイムエコノミー議連会長の河村建夫衆院議員

      官民一体の推進協議会を設立へ

      会長の河村建夫衆院議員は会議の冒頭、「インバウンドを含めて世界に発信していくために、夜の時間をどのようにうまく活用していくか。色々な施設の問題や国がやるべきこともあるので、提案させていただく」とあいさつした。

      中間提言には、地下鉄の終電延長と連動した深夜バスの運行や相乗りタクシーの解禁、夜の観光情報を発信するための多言語

      以下ソース
      https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/night-economy

      【自民党議員連盟が斬新な提案「ラグジュアリーマンデー」月曜日の出社を遅くする】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:
      彼らを待ち受けるのが、110万人を襲うともいわれる「2035年問題」である。

       ◇バブル世代110万人が失業する「2035年」

       昇進適齢期を過ぎ、教育や介護がなお重くのしかかるバブル世代をじわじわと追いつめるのが、老後の資金問題だ。内閣府の調べ(13年)では、老後の蓄えについて「かなり足りないと思う」と答えた人は、40代後半では58%にのぼる。

      ソース全文はこちらで

      【【社会】バブル世代、110万人を直撃「2035年問題」バブル入社世代の苦悩】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:
      楽天が「第4の携帯会社」参入を正式発表、2019年サービス開始目指す

      関口 聖2017年12月14日 11:32

       楽天は、総務省が携帯電話用の周波数帯として割り当てる予定の1.7GHz対と3.4GHz帯について電波の取得を目指すと発表した。自社で基地局や通信網を整備する携帯電話事業者として、NTTドコモ、au、ソフトバンクに次ぐ第4の存在に名乗りを挙げる。

       総務省では2018年1月~2月ごろ、1.7GHz帯と3.4GHz帯を携帯電話事業用として新たに割り当てる方針。すでにNTTドコモが追加割当を目指して検討を開始することを明らかにしていたが、今回、楽天が新事業者として名乗りを挙げることを決めた。

       楽天では、すでにNTTドコモのネットワークを借りるMVNO(モバイルバーチャルネットワークオペレーター、仮想移動体通信事業者)の「楽天モバイル」を提供している。14日には日経新聞やNHKが参入が報じ、楽天では「検討しているのは事実」としていたが、同日11時半、参入を正式に発表した。

       参入に向けた計画として同社では、携帯電話事業を担う新会社を設立。2019年中のサービス開始を予定し、1500万人以上のユーザー獲得を目指す。全国への基地局整備に向けて、2019年のサービス開始時に約2000億円、2025年時点で最大6000億円を金融機関からの有利子負債で調達する。楽天では、総務省が2018年1月~2月ごろに免許申請の受付を開始し、3月ごろに割り当てられるかどうか決める、との見通しを示している。

       MVNOではなく、全国への基地局展開を行う携帯電話事業者になれば、通販やフィンテック、デジタルコンテンツを包括的に提供できるユニークな事業会社になる、と説明。ポイントサービスや、これまでのMVNO事業で得たノウハウを組み合わせて、「低廉で利用しやすい料金」を提供し、既存事業とのシナジーを追求するとしている。
      https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1096859.html
      no title


      関連スレ
      【携帯】第4の携帯電話会社 楽天が来年申請へ ★2
      http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513226607/

      【【Band3/42】楽天が「第4の携帯会社」参入 1.7GHz帯と3.4GHz帯取得目指す 基地局展開へ 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:
      第4の携帯電話会社 楽天が来年申請へ
      12月14日 4時59分
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171214/k10011258071000.html

      IT大手の「楽天」は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのようにみずから基地局を備える携帯電話会社を近く設立し、来年、総務省に電波の割り当てを申請することが明らかになりました。認可を受ければ、国内に“第4の携帯電話会社”が誕生することになります。
      携帯電話向けの電波をめぐっては、総務省が現在、警察や自治体などに割り当てられている電波を民間の事業者に順次、開放しています。

      関係者によりますと、「楽天」は、来年1月にも新会社を設立し、総務省に対して電波の割り当てを申請する方針です。認可を受ければNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに並ぶ、“第4の携帯電話会社”が国内に誕生することになります。楽天は、2025年までに最大で6000億円を投じて全国に携帯電話の基地局などを整備していくことにしています。

      楽天は、現在、いわゆる“格安スマホ事業者”として、NTTドコモの回線を借りて携帯電話事業を展開していますが、格安スマホ各社の価格競争が激しくなる中でみずから回線を持つ携帯事業に打って出る方針を固めたものと見られます。

      携帯電話事業は、大手3社による寡占状態が続いていますが、楽天の参入が実現すれば、大手各社の戦略にも大きな影響が予想されます。

      【【携帯】第4の携帯電話会社 楽天が来年申請へ 】の続きを読む