• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:国内ニュース > 社会・経済

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2019/01/09(水) 18:40:49.50 ID:fw4c2Uii9
      早稲田大学の石井裕之准教授とGenics(ジェニックス、東京都新宿区、栄田源社長)などは、全自動歯ブラシを開発した。
      口にくわえるだけで、30秒程度で手磨きと同等の歯磨き効果が得られる。

      歯を磨きながら服を着替えることも可能。
      筋力の衰えた要介護者に加え、忙しい健常者にも提供する。

      ※続きは非公開の有料記事のため、公開された無料記事のみ引用しました。
      https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00501687?twinews=20190108

      (写真)no title

      【【技術】口にくわえるだけで30秒で歯磨き 早大など全自動歯ブラシ開発 2019年度中に試験販売へ 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2019/01/08(火) 13:05:49.90 ID:Txug7uDb9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190108/k10011770391000.html

      結婚することについて「必ずしも必要はない」と考える人の割合が7割近くに上り、
      この25年間で最も高くなったことが、NHKの調査で分かりました。

      NHKは国民の意識の変化を探る「日本人の意識」調査を、昭和48年から5年ごとに行っています。

      最新の調査は去年6月から7月にかけて、全国の16歳以上の5400人を対象に個人面接法で実施し、
      50.9%にあたる2751人から回答を得ました。

      この中で、結婚についての考え方を尋ねたところ「必ずしも結婚する必要はない」と答えた人は68%、
      「人は結婚するのが当たり前だ」と答えた人は27%でした。

      「必ずしも必要はない」と答えた人の割合は、この質問を始めた平成5年以降増え続け、
      今回は前回の調査より5ポイント増加して、これまでで最も高くなりました。

      年代別にみますと「必ずしも結婚する必要はない」と答えた人の割合は30代が最も高く88%に上った一方で、
      最も低いのは70歳以上で、43%でした。

      また、結婚と子どもに関する質問では「結婚しても、必ずしも子どもをもたなくてよい」と答えた人が60%、
      「結婚したら、子どもをもつのが当たり前だ」と答えた人が33%でした。

      日本人の結婚観に詳しい横浜国立大学の江原由美子教授は「結婚したくない人や結婚に否定的な人が
      すごく増えているということではなく、いい人がいれば結婚するという考え方はまだ大多数だと思う。
      好きなライフスタイルをそれぞれ自由に選んでいいという考え方が広がった結果ではないか」と話しています。

      【【結婚】「必ずしも結婚する必要はない」と考える人が7割近くに「NHK調査」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な スタス ★ 2019/01/07(月) 14:19:07.18 ID:qptQJspD9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190106/k10011768671000.html

      買い物の履歴など個人のデータを分析してその人の信用力を数値化する、いわゆる「信用スコア」を融資などのサービスに活用する動きが広がり始めています。

      「信用スコア」は、ネット通販やキャッシュレス決済の履歴、それに過去の借り入れ状況など個人のさまざまなデータを分析してその人の信用力を数値化するものです。

      通信アプリ大手のLINEはことし、利用者数7800万のメッセージアプリのデータを基に算出した信用スコアを活用して融資を行うサービスに乗り出します。

      信用スコアから一人一人に適した貸し付け利率や利用できる金額が決まることから、利用者は自分の使えるお金に合わせて交際費や医療費など急な出費にも対応しやすいとしています。

      またNTTドコモはことし3月から、携帯電話料金の支払い履歴や利用状況などを基に個人の信用スコアを算出し、金融機関などに提供するサービスを始めます。

      ヤフーもネット通販や検索の履歴などの情報を活用し、信用スコアを企業に提供する実証実験を始める計画です。

      中国ではこうした信用スコアが普及していて、スコアが高いほど不動産契約や就職活動などで優遇される仕組みが広がっているということです。

      日本でもことし、信用スコアを活用したサービスがどこまで広がるのか注目されます。

      【【LINE】利用者7800万人の通信履歴や連絡先データ等を基に「信用スコア」を算出、貸金業サービスを開始へ】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2019/01/06(日) 06:17:16.20 ID:CAP_USER9
      2019年1月5日(土)
       国民の公的年金の保険料を原資として株や債券で運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、2018年10~12月の資産運用で過去最悪の2倍近い、14兆円を超える損失を発生させた可能性があることが、本紙の試算で分かりました。

       東京証券取引所で昨年12月28日に行われた昨年最後の取引終値は、日経平均株価が2万0014円77銭(前年末比12%減)、東証株価指数(TOPIX)も1494・09(同18%減)と、前年比でいずれも大幅な落ち込みとなりました。

       この結果、昨年9月末時点と比べても大幅に下落。また、日本だけでなく世界的にも株価は下落しています。

       一方、GPIFの昨年9月末時点の運用資産は165兆円にものぼります。このうち、国内株式に43・5兆円、外国株式に43・6兆円が投じられていました。

       本紙が12月末時点で、代表的な株価指数などから10~12月の3カ月間の収益率(価格の変動+利子・配当)を推計したところ、国内株式は17%程度、外国株式も16%程度のマイナスとなりました。金利低下が進み国債価格が上昇したことなどで国内債券は若干のプラスですが、外国債券は若干のマイナスとみられます。

       そこで、GPIFの9月末時点の運用資産にこれらの収益率を乗じて計算したところ、14兆円を超えるマイナスという結果になりました。

       資産の運用方法によっては、この試算結果とは若干の誤差が生じますが、GPIFの運用はTOPIXなどの株価指数に連動する方法が大きな比重を占めているため、現実の損失も試算結果に近いものとなりそうです。

       GPIFが公表している過去のデータによると、4半期ベースの損失額が最大だったのは、2015年7~9月期のマイナス7・9兆円です。GPIFが10~12月の運用状況を公表するのは2月初めごろの予定です。本紙の試算通り、14兆円の損失が出ていれば、損失は同期の2倍近い水準となります。

       株価対策に国民の大事な年金資産をつぎ込んできた安倍政権の責任が改めて問われます。

      no title

      http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-05/2019010501_03_1.html

      【【年金】GPIF、2018年10~12月の年金積立金運用 過去最悪の14兆円超損失か 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ◆Hikaru.CGk Hikaru ★ 2019/01/04(金) 14:03:07.75 ID:CAP_USER9
       今春のゴールデンウイーク(GW)は10連休。旅行をしたり、実家に帰省したりする人も多いとみられる中、
      異例の長期休暇を「商機到来」と捉える業界は多い。一方で、「仕事を休めない」「うれしくない」との悲鳴も聞こえてくる。

       2019年は皇太子さまが新天皇に即位されることなどに伴い、祝日法の規定で、4月27日から5月6日までが大型連休となる。

       ほくほく顔なのは、旅行業界。JTBによると、今春GW中の海外旅行予約は、既に前年の3倍に上る。
      特に人気なのは豪華客船などによるクルーズ旅行。例年は高齢者や新婚旅行客の需要が高いが、
      「今度の大型連休は会社員や家族連れの予約も多い」(担当者)。人気の高いハワイに加え、欧州の周遊旅行など「移動距離の長い渡航先も活況だ」という。

       婚活ビジネス業界も「商機」と受け止める。実家への帰省中に両親などから結婚を勧められ、
      婚活を本格化させる若者は多く、「大型連休直後は申し込み客が増えるとみて、
      割引キャンペーンなどを検討している」(結婚相手紹介サービス大手ツヴァイの担当者)と話す。

       ただ、大型連休を喜ぶ人ばかりではない。旅行サイト大手エクスペディアが昨年10月、
      男女400人に実施したアンケート調査では、今春のGWを「うれしくない」と答えた人は46%とほぼ半数を占めた。
      「祭日も仕事。人手不足で忙しくなる」「子どもや夫が家にいて家事が大変」などの回答が多かったという。

       離婚後、7歳と13歳の子どもを1人で育てる空手講師の合田睦さん(40)も大型連休を「うれしくない」と受け止める。
      仕事を休める見通しはなく、「学童保育は休みで子どもの預け先がない」と弱り顔だ。

       派遣やパート・アルバイトなどの非正規従業員も渋い顔。
      労働組合「派遣ユニオン」の関根秀一郎書記長は「日給や時給で働いている人は、単に収入が減るだけ。うれしいという声は聞かない」と話している。

      https://www.jiji.com/sp/article?k=2019010400167&g=soc&p=20181228axH6K&rel=pv

      JIJI.COM 2019年01月04日13時03分
      https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010400167&g=soc

      【【10連休】どうする?=旅行、婚活…、商機到来-「休めない」悲鳴も】の続きを読む