• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 社会・経済

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      graph-3078539_640

      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/12/04(火) 14:34:28.68 ID:CAP_USER9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181204/k10011734061000.html

      4日の東京株式市場、日経平均株価は、一時、500円を超える値下がりになっています。
      このところの株価の上昇を背景に、当面の利益を確保するための売り注文が増えています。

      市場関係者は「日経平均株価がきのうまで7営業日連続で上昇し、合わせて1000円以上
      値上がりしていたため、海外の投資家などが当面の利益を確保するために売り注文を増やしている。
      外国為替市場でいくぶん円高ドル安が進んでいることもあり、輸出関連の銘柄の値下がりが目立っている」
      と話しています。

      【【日経平均株価】一時500円超値下がり 当面の利益確保か「4日14時31分」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な プティフランスパン ★ 2018/12/04(火) 11:36:43.80 ID:CAP_USER9
      2018年12月4日 10:20
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38504450U8A201C1EAF000/
      no title


      【ニューヨーク=宮本岳則】世界の投資家から最も愛される企業はどこか――。株式時価総額の世界首位の座を巡り、米IT(情報技術)3社の争いが激しくなってきた。3日の米国株式市場でアマゾン・ドット・コム株が急伸。アップルとマイクロソフトを抜き、初めて首位に立つ場面があった。年末商戦で好調なスタートを切り、市場の再評価につながっている。


      続きはソースで

      【【アマゾン時価総額】一時世界首位に アップルを逆転 マイクロソフトと「3社争い」に】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/12/03(月) 05:16:11.11 ID:CAP_USER9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181203/k10011732161000.html

      全国で唯一「ポケットベル」を使った無線呼び出しサービスを展開している東京の通信会社が、
      来年9月末でサービスを終了することが分かりました。携帯電話やスマートフォンが普及する中、
      ことし、登場から50年の節目を迎えたポケットベルは、来年、役割を終え、姿を消すことになります。

      続きはソースで

      【【鳴らなくて】登場から50年「ポケベルついに来年サービス終了」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な スタス ★ 2018/12/03(月) 01:11:25.19 ID:CAP_USER9
      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15648789/

      ざっくり言うと

      就職氷河期で割りを食った「中年フリーター」は約273万人に上るという
      同世代の正社員に比べて貯蓄が少なく、社会保険の加入率も低い
      生活保護にしても、日本の財政はその世代を支えられる状況にないと筆者


      かつての就職率の低さがウソのように、近年、新卒の就職市場は大きく改善した。

      目下、日本を悩ませている社会問題はむしろ「人手不足」だ。政府は高齢者の雇用継続はもちろん、人手不足を補うための「移民政策」にも本格的に取り組み始めた。

      しかし社会全体の雇用状況が改善するなか、正規の仕事を切望しても得られない「取り残された」人々がいる。就職氷河期に就活をして大きな割りを食った「中年フリーター」だ。彼らは相変わらず政策的な手当てをされないままでいる。

      「ロスジェネ」と言われるこの世代は、10年以上前から状況の改善を求めて声をあげてきた。しかし、『ルポ 中年フリーター』(NHK新書)を上梓したジャーナリストの小林美希氏によれば、彼らは近年、長きに渡って状況が改善しないことに絶望し、あきらめの境地に入りつつあるという。

      なぜ自分たちだけがーーそんな思いを抱えた中年フリーターの絶望と諦念、そして、彼らを放置してきたことで日本という国が受ける巨大なダメージを、小林氏がレポートする。

      非正規雇用を強いられる
      「44歳ですか……。あなたの年齢だと、チームリーダーになっていてもおかしくないですね」
      いつからか、採用面接では決まって言われるようになったセリフだ。中年フリーターの野村武志さん(44歳、仮名)には、企業側が遠まわしに「うちはダメ」と言っているのが分かる。年齢の壁が高く感じる瞬間だ。

      続きはソースで

      【【氷河期】空前の売り手市場も恩恵皆無、"中年フリーター"「恋愛も結婚もできない…」「再チャレンジできたのは安倍だけ」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      love-1790142_640

      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/12/02(日) 13:48:43.28 ID:CAP_USER9
      社内恋愛を推奨する企業が増えている。

      焼き肉のタレで有名な日本食研HD(今治市)は、30年以上も前から社内結婚カップルに手当を支給。最近も家電販売の「ノジマ」(横浜市)がグループ社員90人を集めた社内合コンを開催したし、不動産・飲食業の「TonTon」(東京・目黒区)はもっと踏み込んで、デート代を支給したり、カップル成立で「月1万円昇給」といった支援を行っている。

      「社内恋愛制度の取り組みの一環です。当社は設立6年の若い会社で、20代、30代の社員が多い。昨今は若者の恋愛離れが社会問題化しておりますし、会社として社員の恋愛を後押ししてあげたいという思いもあります」(「TonTon」広報担当者)

      ベンチャー企業は人手不足。ユニーク制度を使って人をかき集めようとしていると思われがちだが、実際はZOZOTOWNのスタートトゥデイのように、社内恋愛が多い企業ほど業績がいいというのが昨今の潮流だ。

      そもそも、将来性のない会社に勤める男性(女性)と恋愛や結婚をしようと思う異性は少ないはず。社内恋愛が活発ということは、すなわち、社員が会社の成長を見込んでいることにもなる。

      続きはソースで

      https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/242554

      【【ビジネス】今やデート代も支給 伸びる会社は「社内恋愛」を推奨する 】の続きを読む