• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:国内ニュース > 社会・経済

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/02/05(火) 10:02:29.10 ID:eRRWyPCT9
      違法ダウンロード処罰、悪質行為に限定 文化審小委
      2019年2月4日 20:26
      文化審議会の小委員会は4日、漫画などの海賊版サイト対策に関する最終報告書を公表した。著作権を侵す違法ダウンロードの対象範囲をインターネット上の全ての著作物に拡大する一方、刑事罰を科す対象は、悪質な行為に限定するよう求めた。

      1月にまとめた報告案では全ての違法ダウンロードに刑事罰を科す方向だったが、委員から反対意見が相次いだため、内容を修正した。13日の著作権分科会で了承される見通し。報告を踏まえ、文化庁は今国会に著作権法改正案を提出する。

      報告書は、海賊版対策として、現在は映像と音楽に限定している違法ダウンロードの範囲拡大が「有力な選択肢」と強調。漫画や小説などの「静止画」を含む全ての著作物を対象に、著作権者に無断で公開されたと知りながらダウンロードする行為を違法とするよう求めた。

      その上で、違法ダウンロードに刑事罰を科すことには、国民生活への影響を必要最小限にとどめることや、表現の自由に対する慎重な配慮が必要だと指摘。海賊版サイトからのダウンロードや作品を丸ごとコピーする行為、継続的に何度も繰り返す行為など、悪質なケースに限定するよう検討すべきだとした。

      刑事罰は、2年以下の懲役か200万円以下の罰金、またはその両方を科すのが適切とし、著作権者など被害者の告訴がないと起訴できない親告罪とすることも求めた。〔共同〕
      https://r.nikkei.com/article/DGXMZO40884870U9A200C1CR8000?s=0

      【【悪質の定義】違法ダウンロード処罰、悪質行為に限定 文化審小委 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/02/03(日) 08:59:11.89 ID:dV8GeY1L9
      世界全体ではこの先、中流という階級が消滅すると言われています。
      米ドルにして年収3万5000ドル以上、日本円にして世帯年収400万円弱以上の家庭を
      仮に中流だと考えれば、多くの日本人がその水準にとどまることができなくなる。
      一方で世帯年収180万円程度の新下流層と呼ばれる人々が世界中で増加する可能性があります。

      2020年代はこのように新下流層が激増する時代だと予想されます。
      頭脳労働や正社員の仕事がなくなり、世の中には資本家とマックジョブをこなす新下流層しかなくなるからです。

      https://toyokeizai.net/articles/-/263376

      【【経済】年収300万円時代の次は年収180万円時代が到来するという日本の未来 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/02/01(金) 15:55:12.94 ID:KKdui0m+9
      https://this.kiji.is/463959909164745825?c=39546741839462401

      年金積立金管理運用独立行政法人は1日、昨年10~12月期の運用結果が14兆8039億円の赤字だったと発表した。
      世界的な株安が影響した。四半期ごとの赤字額では過去最大となる。

      【【年金運用】過去最大14兆円超の赤字「昨年10~12月期」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/30(水) 21:38:17.72 ID:pAm4A3wb9
      パワハラにつながる恐れがあるかもしれない。バレンタインデーに従業員の間でチョコレートのやり取りを禁止する会社が増えているようだ。

      衝撃の調査がある。男性社員が女性社員に義理チョコを要求するのはパワハラだと思うかという質問に対し、実に4割近くの人がパワハラだと思うと回答。会社での義理チョコは職場の潤滑油どころか、むしろパワハラと捉えかねられない時代なのか…。

      実際に職場での義理チョコを禁止しているという会社を訪ねた。上司に渡さなければならないといったプレッシャーを取り除くため一部の部署で6年前にやめて以来、今や全社的に禁止にしたそうだが、社交辞令的な需要が減っていることも影響したのか、バレンタインデーの市場規模が2年連続で縮小しているという調査も。

      バレンタインデー商戦に逆風が吹き荒れるなか、百貨店各社が生き残りをかけた秘策は、もはや人に贈るチョコを買うのではなく、自分がその場で食べるイベントにシフト。伊勢丹新宿店もその場で食べるイートインに力を入れていて、ハート形のアイスバーや珍しいチョコレート味のソーダなどが味わえる。義理チョコや友チョコに続くイートインチョコはバレンタインの新たな定番となるのだろうか。

      http://news.livedoor.com/article/detail/15950522/

      【【バレンタインデー】義理チョコ、4割近くが「パワハラだと思う」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/29(火) 09:37:11.81 ID:ioRuGapG9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190129/k10011795011000.html

      政府は今月の月例経済報告で、「景気は緩やかに回復している」という判断を維持しました。
      これによって今の景気回復の期間が6年2か月に達し、戦後最長となった可能性が高まりました。

      【【政府】景気回復「戦後最長」の可能性高まる】の続きを読む