• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:国内ニュース > 社会・経済

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/29(火) 09:37:11.81 ID:ioRuGapG9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190129/k10011795011000.html

      政府は今月の月例経済報告で、「景気は緩やかに回復している」という判断を維持しました。
      これによって今の景気回復の期間が6年2か月に達し、戦後最長となった可能性が高まりました。

      【【政府】景気回復「戦後最長」の可能性高まる】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/26(土) 08:11:40.21 ID:Z21fC5Pw9
       無断公開された漫画や小説など「静止画」のダウンロード違法化を目指す政府方針を受け、漫画の学術研究を行う「日本マンガ学会」(竹宮恵子会長)は、竹宮会長と理事全員の連名で「ダウンロード違法化の対象範囲の拡大それ自体に反対する」とする声明を発表した。

       声明は23日付。現在は映像と音楽に限定している違法ダウンロードの対象を、静止画にまで拡大することを目指す政府方針を批判している。

       批判内容は主に4項目。(1)合法とは言い切れない「二次創作」のダウンロードまで禁止することで、海賊版研究・二次創作研究を明確に阻害する(2)研究や創作のため、記事や図版などを合法・違法を問わずメモとしてダウンロードすることは日常的に行われている(3)動画や音楽と違い、静止画や文章が「違法」であるか判断することは難しい(4)「漫画村」のようなストリーミング形式の海賊版サイトは取り締まれず、逆に一般ユーザーの萎縮を招く-などと問題提起した。

       現在の日本の漫画文化は、著作権上グレーな分野である「二次創作」との相乗効果で成長してきた-というのが一般的な見方だ。そのため、今回の声明でも「著作物の享受や消費行為が、新たな著作物を創造する〈生産行為〉でもありうるという点が考慮されていない」と主張する。

       その上で、日本の漫画文化の歩みについて、「こうした〈生産行為〉を基礎とすることで、世界的な発展を遂げてきた」と指摘。「著作権の保護されるべき最終的な目標が『文化の発展』にある以上、生産的・発展的側面が失われるようなことがあってはならない」と断じた。

       日本マンガ学会は漫画の学術研究などを目的に、平成13年に設立。漫画家や漫画研究者らが加入しており、現在の会長は「風と木の詩」「地球(テラ)へ…」などを手掛けた竹宮恵子さんが務める。

       ◇

       文化審議会の小委員会は25日、著作権者に無断で公開された漫画や小説など「静止画」のダウンロードを違法化し、刑事罰を科すとした最終報告案を取りまとめた。文化庁は28日召集の通常国会に罰則適用を盛り込んだ著作権法改正案を提出する方針だ。

      2019.1.25 14:31|
      産経新聞
      https://www.sankei.com/politics/news/190125/plt1901250029-n1.html



      【【著作権】日本マンガ学会、静止画ダウンロード違法化に反対声明「日本の漫画文化は二次創作との相乗効果で成長」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/23(水) 08:55:38.28 ID:/5YCQqrT9
      生活用水に使うため池の水を抜かれるなどしたため転居を強いられたとして、大分県内の男性(73)ら家族3人が21日、
      ため池を管理する県中部の土地改良区と、集落の住民2人に対し、計約2900万円の損害賠償を求めて大分地裁に提訴した。

      訴状によると、男性らは2008年、集落に新居を建て大分市内から転居した。
      男性は集落の自治組織での会計担当だった16年に、会計の疑問点を指摘。
      それから、入浴やトイレなどに使うため池への水路からの通水が止められたり、ため池の水を抜かれたりするようになった。

      17年7月以降は、ため池の揚水ポンプを稼働しても水がくめない状態になり、転居を余儀なくされたという。
      家族は集落内で「村八分」の状態となったと主張。22日に会見した男性は「老後のライフプランが崩壊した」と話した。

      被告の土地改良区や住民の代理人弁護士は朝日新聞の取材に「意図的に水を抜いたことはない」と話している。

      http://news.livedoor.com/article/detail/15910258/
      2019年1月22日 19時26分 朝日新聞デジタル

      【【社会】村八分にされ転居、男性が提訴 「ため池の水抜かれた」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/15(火) 15:40:22.58 ID:kQChhf/Y9
      NHK速報
      2019/01/15

      【【ゴーン】東京地裁、ゴーン氏の保釈請求認めず 勾留長期化 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/13(日) 11:05:01.34 ID:TIY59gJl9
      パソナグループが11日発表した2018年6~11月期連結決算は、純利益が前年同期比34%増の6億3100万円だった。転職支援などの人材紹介事業が人手不足の追い風を受けて順調。主力の派遣事業も貿易事務など専門性が高い職種で好調だった。

      福利厚生代行サービスも伸びた。人手不足に悩む中小企業などが社員向け福利厚生サービスを拡充する動きから、子会社のベネフィット・ワンなどの収益が改善した。

      売上高は9%増の1646億円だった。17年8月に買収した子会社が押し上げた。

      19年5月期通期は売上高で前期比10%増の3430億円、純利益で24%増の16億円とする従来予想を据え置いた。

      2019/1/11 20:30
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39925040R10C19A1DTC000/

      【【アベノミクス効果】パソナGの6~11月、純利益34%増「人材サービス好調」】の続きを読む