画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 社会・経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    welding-2262745_640

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/08(木) 13:32:36.75 ID:CAP_USER9
    【ニューヨーク=時事】「日本の製造業モデルが壊れつつある」。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は4日、製造業で品質データ改ざんなどの不祥事が相次ぐ日本企業の現状にこう警鐘を鳴らす分析記事を掲載した。

    同紙は「日本の産業競争力を高めたのは、戦後に構築された製造業モデルだった」と指摘。生産現場の無駄を徹底的に排除する「カイゼン(改善)」などの取り組みに触れつつ、「(米国の品質管理手法と)勤勉さや細部へのこだわりを重んじる日本の価値観がうまく結合した」と評価した。

    ただ、バブル崩壊以降、長期雇用を保証されて技能を磨いてきた熟練労働者が減ってきたと説明。「職人」の減少により生産現場の力が弱まっているにもかかわらず、日本の企業経営者の多くが工場で起きた問題への対処を現場任せにしたことを問題視した。

    ソース全文はこちらで
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00460670 
    【日本の製造業「壊れつつある」-米紙が分析】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/05(月) 12:03:12.60 ID:CAP_USER9
    人手不足が依然として深刻だ。関東財務局が1月31日に発表した「人手不足の現状及び対応策について」によると、回答した234社のうち、70.5%もの企業が「人手不足感」があると回答している。また昨年よりも人手不足が深刻になったという企業は54.1%に上っている。

    人手不足の要因としては「採用が進まない」が63.8%で最も多く、次いで「事業拡大」が21.2%だった。

    ■「賃金上昇で定着率向上」「東南アジアからの人材受け入れ」で対応

    「関東財務局管内における人手不足の現状及び対応策について」
    no title


    また人手不足により生じた負担としては、「従業員の負担増」が47.9%で最も多く、「受注機会等逸失」が24.2%だった。人手不足で従業員にしわ寄せがいったり、せっかくの仕事を受注できなかったりしているようだ。

    人手不足解消に向けた取組みとしては、「採用取組強化」が81.8%で、「業務環境改善」(46.7%)や「待遇改善」(34.5%)を大きく上回っている。具体的には、「説明会等活動促進」(82.2%)と採用活動を活発にしている企業が多いようだ。

    女性・高齢者の採用を促進している企業も16.3%あり、そうした企業からは、

    「総務などの間接部門から生産ラインへの配置転換による(女性の)育成を7~8年前から実施している。管理部門や管理職への登用など女性の地位向上につながっている」(大企業・情報通信機械)

    といった声が寄せられている。女性の活用を進めることで、人手不足解消と女性の地位向上が一挙に実現しているようだ。

    他には、賃上げや外国人材の受入れで対応している企業がある。

    「パートを準社員に格上げし、賃金を上昇させることにより定着率が向上。また、年齢の上限の引き上げ、週末勤務のない採用枠を設置」(大企業・小売)
    「他社と共同で東南アジアに日本語学校を解説し、今後人材を受け入れていく予定」(中堅企業・建設)

    ■「飲食店では非正規不足で猫の手も借りたい状態」

    「関東財務局管内における人手不足の現状及び対応策について」
    no title


    不足している人材を、職種・雇用形態別に複数回答で聞くと、「営業・現業職員」の非正規労働者が79.8%で突出している。この点について関東財務局の担当者は、

    「例えば、飲食店やサービス業で働く非正規の人たちが足りず、現場では『猫の手も借りたい』というほどの状態になっている。最近、24時間営業を取りやめる店舗が出てきているが、まさに人手不足が原因だ」

    と話す。

    実際、東京都における有効求人倍率(2017年11月)を職業別に見ると、「サービス(接客・給仕)」は8.98倍と群を抜いて高い。全職業の1.8倍を大幅に上回っている。前出の担当者は、サービス業で人手不足が深刻な理由として、

    「宿泊・飲食サービスの労働時間は170~180時間と他の職業よりも長くなっている。一方、給与水準は最も低い。これが原因で人が集まらないのではないか」

    と指摘していた。

    2018.2.4
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=49601 
    【【人手不足】特にサービス業で深刻な理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    stock-1863880_640

    1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/02/06(火) 15:14:07.09 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000082-jij-bus_all

    6日の東京株式市場は、前日の米国株急落を受けて全面安となった。
    日経平均株価は、下げ幅が一時1600円を超えるなど急落。終値は前日比
    1071円84銭安の2万1610円24銭と大幅続落し、2016年6月24日(1286円33銭安)
    以来の下げ幅となった。 

    【【経済】日経平均株価、終値で1071円下落 「下げ幅一時1600円を超える」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    stock-market-2616931_640

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/06(火) 13:00:53.54 ID:CAP_USER9
    日経225 チャート
    https://nikkei225jp.com/chart/


    日経平均株価 1200円以上値下がり NY市場急落受け全面安

    6日の東京株式市場は、5日のニューヨーク市場でダウ平均株価が過去最大の下落幅となったことを受けて、日経平均株価は1200円以上値下がりし、全面安の展開となっています。

    6日の東京株式市場は、5日のニューヨーク市場でアメリカの長期金利の上昇をきっかけに、ダウ平均株価が取引時間中として一時、1500ドル以上値下がりし、過去最大の下落幅となったことを受けて、投資家の間でリスクを回避しようという姿勢が強まっています。このため、日経平均株価は1200円以上値下がりし、全面安の展開となっています。

    1000円を超える大幅な下落は、アメリカ大統領選挙のいわゆる“トランプ・ショック”で市場が動揺したおととし11月以来で、市場関係者は、「外国為替市場で円高ドル安も進んでいて、幅広い銘柄で株を手放す動きが加速している」と話しています。

    ソース全文はこちらで
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011316891000.html?utm_int=all_contents_just-in_001 
    【【暴落】日経平均株価一時1500円以上値下がり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    vwbus-2450216_640

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/04(日) 00:00:40.17 ID:CAP_USER9
    車離れの中、売れ行き好調のわけとは。

    キャンピングカーやトレーラーなど、史上最多の360台以上が集結した「ジャパンキャンピングカーショー2018」。
    愛犬用シートベルトがついた、ペットとの旅行を想定したものや、障子とふすまで完全和室という、驚きのキャンピングカー。
    中に入ってみると、意外と広く、大きなベッドや電子レンジ、2口あるコンロなど、まるで家のようなキャンピングトレーラーに感動。
    今、「車離れ」が進んでいるといわれているが、日本RV協会によると、日本でのキャンピングカー保有台数は増えているという。

    特に会場で目立ったのが、軽自動車のキャンピングカー。
    キャンピングカーショー実行委員会・野瀬 勇一郎さんは、「実際に、普通の駐車場や立体駐車場に入れられたり、(お客様が)そういう車両を選ばれるので、軽自動車ベース、ワゴン車ベースのキャンピングカーなどが、非常に伸びているかと思います」と話した。
    退職後、キャンピングカーでの旅を楽しんでいるという夫婦(キャンピングカー歴6年目の来場者)は、「長いときは、40?50日。短くても、2週間ぐらい(の日程)が普通です」、「『現役の時に一生懸命、しっかりと仕事をすれば、65(歳)を過ぎたら、こういう生活になれるよ』とよく言います」と話した。

    まさに、悠々自適のシニアライフ。
    300万円台から600万円台が主流といわれるキャンピングカーだが、もっと手軽に利用できるのが、レンタカー。
    2月1日から、日本でのレンタル事業を開始した、ドイツのレンタルキャンピングカー大手「マクレント」は。

    マクレントジャパン・高橋宣行会長は、「訪日の外国人、インバウンドのお客さんを取り込もうということを考えています。これから、訪日外国人の方がたくさん来るときに、宿泊施設が相当足りなくなることが予想されている。キャンピングカーを使って、そういうものを少しでもカバーできればと思っている」と話した。

    ソース全文はこちらで
    https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00383872.html

    【キャンピングカーの売れ行きが好調な理由とは?】の続きを読む