画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 健康

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な プティフランスパン ★ 2018/05/12(土) 08:05:23.04 ID:CAP_USER9
    脳の中で寄生原虫が目覚めるとき…シャーガス病の恐怖
    2018.05.11 19:00
    https://www.discoverychannel.jp/0000016743/
    no title


    アメリカで31歳の男性が頭痛や錯乱、歩行障害のために救急診療を受けたところ、脳に大きな塊が見られた。これは「眠っていた」寄生原虫が目覚めたために起きた症状であった。

    続きはソースで

    ■ シャーガス病
    no title

    Credit: Dr. Erwin Huebner, University of Manitoba, Winnipeg, Canada



    【【恐怖のシャーガス病】米男性の脳に大きな塊「サシガメが媒介する寄生原虫の影響と判明」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/05/06(日) 11:29:17.86 ID:CAP_USER9
    ◆ストレスで白髪が増えるは本当だった。 ストレスホルモンを制御する遺伝子が色を作る毛包を変化させる(米研究)


    ■写真
    no title

    no title

    ソース全文はこちらで
    カラパイア 2018年05月06日
    http://karapaia.com/archives/52259135.html

    【「ストレスで白髪が増える」という俗説は本当だった!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    woman-3187087_640

    1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/05/02(水) 09:15:57.33 ID:CAP_USER9
    1度の注射で効果持続、血圧下げるワクチン治験
    2018年05月02日 08時46分
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20180502-OYT1T50006.html?from=ytop_main3

     日本で開発された血圧を下げるワクチンの臨床試験(治験)が先月、オーストラリアで始まった。

     1度の注射で効果が一定期間続くもので、大阪大発の医療ベンチャー企業「アンジェス」(本社・大阪府茨木市)が初めて開発し、2020年代前半の実用化を目指している。

    続きはソースで 

    【【血圧】「1度の注射で効果持続」血圧下げるワクチン治験「オーストラリア」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/04/18(水) 09:26:51.58 ID:CAP_USER9
    メディプラスとメディプラス研究所は、全国の20~69歳の男女各7万人を対象に「ココロの体力測定」を実施。4月17日に2018年版「女性のストレスオフ県ランキング」を発表した。

    ストレスが少ない都道府県ランキング
    no title


    最もストレスが少ない都道府県は、2年連続で「愛媛県」となった。2位は静岡、3位は佐賀だった。4位以降、島根、長崎、熊本と続き、九州地方ではストレスが少ないことがわかった。

    眞鍋かをりさん「おだやかな海、島の緑、その上にかかる橋を自転車で渡ると最高」

    最下位は秋田県で、次いで長野、岐阜、北海道、岩手と続いた。雪国の過酷な暮らしでストレスが溜まっているのだろうか。都市部の順位を見ると、東京が24位、大阪府が30位だった。

     
    ソース全文はこちらで
    2018.4.18
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=53046

    【【ストレスが少ない都道府県】愛媛県が2年連続1位 最下位は秋田県】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    seaweed-2360116_640

    1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/03/22(木) 14:30:47.31 ID:CAP_USER9
    慢性疲労症候群(CFS)は、ヨウ素不足あるいは甲状腺の問題によって発展する可能性がある。
    オランダのフローニンゲン大学の学者たちが発表した。
    研究結果は、Frontiers in Endocrinology誌に掲載された。

    近年、長期的な不眠症、疲労、頭痛を訴える患者の数が増えている。
    医師らはこれをCFSと呼んでいる。

    フローニンゲン大学の学者らは、CFSの症状の多くが、しばしば体内のヨウ素不足が原因の一つである甲状腺ホルモンの慢性的な不足という別の病気の特徴(だるさ、眠気、物忘れ等)と同じであることを発見した。
    学者たちは、通常、甲状腺ホルモンが慢性的に不足している場合に指示されるヨウ素を豊富に含む食品を使った食事療法がCFSの患者に役立つかを調べる予定。

    sputnik日本 2018年03月22日 12:08
    https://jp.sputniknews.com/science/201803224695836/

    【慢性疲労症候群の原因が見つかる「ヨウ素不足が原因か?」ヨウ素の取り過ぎは危険と言われてるのにいいの?】の続きを読む