• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 防衛・軍事

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      hacker-2300772_640

      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/08/28(火) 23:07:07.05 ID:CAP_USER9
      ◆「サイバー自衛官」は年収2300万円

      自衛隊がサイバー防衛力の強化に向けて、民間人のリクルートを加速している。
      防衛省の大野敬太郎政務官は日経ビジネスの取材で「2019年度にも日本で5本の指に入る情報セキュリティー専門家を事務次官級の待遇で迎え入れたい」と明言した。


      ソース全文はこちらで
      日経ビジネスオンライン 2018年8月28日 6:30
      https://r.nikkei.com/article/DGXMZO34437640S8A820C1000000?s=2

      【【防衛省】「サイバー自衛官」は年収2300万円 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      military-aircraft-silhouette-573642_640

      1:最速ニュース+な うずしお ★ 2018/08/23(木) 06:22:06.16 ID:CAP_USER9
      日本が2030年をメドに導入する次期戦闘機を巡り、米防衛大手ロッキード・マーチンが防衛省に提出した開発計画が分かった。同社のF22を主体に改修し、日本企業に開発・生産の分担比率50%以上を認めた。「門外不出」とされたF22の技術を使った戦闘機でエンジンも含め日本企業主導にできれば、日米同盟と国内防衛産業の基盤強化につながる。

        
      ソース全文はこちらで
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34448210S8A820C1MM8000/

      【【次期戦闘機】日本で5割超生産 日米同盟の基盤強化】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      plt1808060004-p1

      1:最速ニュース+な プティフランスパン ★ 2018/08/06(月) 08:06:31.87 ID:CAP_USER9
      http://www.sankei.com/smp/politics/news/180806/plt1808060004-s1.html

       防衛省が、3月に相浦(あいのうら)駐屯地(長崎県佐世保市)で新設した陸上自衛隊の離島奪還部隊「水陸機動団」を今年度中にも海上自衛隊艦艇で定期的に東シナ海へ展開させ、訓練させる方針を固めたことが5日、分かった。鹿児島・沖縄両県の離島に配備する有事での初動対処部隊と連携を強化しつつ、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺にも展開。中国の挑発への即応性を高めることで目に見える抑止力と位置づける。

      続きはソースで 

      【【防衛省】離島奪還部隊「陸自水陸機動団」、年度内に尖閣周辺へ展開 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      war-469503_640

      1:最速ニュース+な 水星虫 ★ 2018/08/02(木) 11:39:08.99 ID:CAP_USER9
      海自射撃場で銃弾破裂1人けが

      *ソース元にニュース画像あり*

      http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/20180802/4000001886.html
      ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

      1日午前、江田島市の海上自衛隊の射撃場で、射撃訓練中に機関銃の不具合で
      銃弾が破裂する事故があり、隊員1人が顔に軽いけがをしました。

      自衛隊によりますと、気温の上昇で機関銃が高温状態になり、銃弾が破裂した可能性があるということです。

      続きはソースで

      【気温の上昇で機関銃が高温状態になり銃弾が破裂した可能性「特殊部隊隊員1人怪我・海上自衛隊の長浜射撃場」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/07/31(火) 08:14:48.24 ID:CAP_USER9
      no title


       防衛省は三十日、北朝鮮の弾道ミサイル発射警戒のため展開していた航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊の撤収を開始した。米朝首脳会談後、ミサイル飛来の可能性は低下したと判断した。その一方で、脅威は続いているとして、弾道ミサイルの地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を米国から購入する。三十年間の維持・運用費を合わせると二基で経費は計約四千六百六十四億円に上る。ミサイル発射装置や用地の取得費は含まない。 
      ソース全文はこちらで
      東京新聞
      http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201807/CK2018073102000134.html

      【【地上イージス】2基30年4600億円、配備6年先 PAC3撤収開始】の続きを読む