• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:国内ニュース > 防衛・軍事

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/04/21(土) 08:16:31.57 ID:CAP_USER9
      F2後継に無人機搭載、遠方の敵探知…防衛省
      2018年04月21日 07時04分
      http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180420-OYT1T50098.html

       航空自衛隊のF2戦闘機の後継機について、防衛省がまとめた設計構想が明らかになった。
       遠方の敵機を探知する小型無人機を搭載・発射してレーダー情報を共有する機能を備えた上で、空自が導入した最新鋭のF35A戦闘機の性能を上回る大型ステルス機とすることが柱だ。中国空軍の近代化に対抗する狙いがあり、防衛省は米国との共同開発を軸に開発方法の検討を本格化させる。
      続きはソースで

      【【防衛省】F2後継に無人機搭載でF35A以上の性能】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/04/17(火) 08:33:07.30 ID:CAP_USER9
      日本開発の飛行艇「USー2」インドで製造に向け合意
      4月17日 4時49分
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180417/k10011406351000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

      海上自衛隊の救難飛行艇「USー2」のインドへの輸出について日本とインドの政府間で協議が続くなか、インド側が求めていた製造技術の移転へ向けたインドと日本のメーカーの合意が成立し、今後、両国政府の協議が大きく進展する可能性が出ています。
      「US-2」は、高波の中でも着水できる高い性能を持った水陸両用の救難飛行艇で、日本が開発し、海上自衛隊が運用しています。

      続きはソースで

      【日本開発の飛行艇「USー2」インドで製造に向け合意「最後の方に動画あり」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      japan-405299_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/03/31(土) 19:21:18.91 ID:CAP_USER9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180331/k10011386701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_022

      3月31日 15時48分
      有事の際の南西地域での防衛力の強化を図ろうと、熊本を含む南九州3県を管轄する陸上自衛隊の第8師団が、全国で初めて、高い機動力を備える「機動師団」に改編され、31日、熊本市で式典が開かれました。

      熊本と宮崎、鹿児島の3県を管轄する陸上自衛隊第8師団は、今月27日、島しょ部に対する攻撃といった重大な事態に対応する高い機動力と警戒・監視能力を備えた「機動師団」に全国で初めて改編されました。

      続きはソースで

      【【陸自第8師団が「機動師団」に改編 】南西地域の防衛力強化】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      laptop-3087585_640

      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/03/29(木) 15:20:16.87 ID:CAP_USER9
       京都大は、平和を脅かす軍事研究をしない基本方針を決め、ホームページで公表した。軍事研究に当たるかどうかは、学内に設置する委員会で判断する。

       方針では、「研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするものであり、それらを脅かすことに繋(つな)がる軍事研究は行わない」と明示。京大は1967年、軍事機関から資金提供を受けることは望ましくないと、学内で申し合わせた。国は数年前から安全保障関連技術の研究に巨額資金を提供しており、明文化した方針が必要と判断したという。

       
      ソース全文はこちらで
      http://www.asahi.com/sp/articles/ASL3Y36MDL3YPLZB002.html?iref=sp_new_news_list_n


      【【京都大学】「軍事研究は行わない」明文化】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      military-raptor-582888_640

      1:最速ニュース+な きらら ★ 2018/03/28(水) 09:36:17.78 ID:CAP_USER9
      最強のステルス戦闘機として名高いF-22「ラプター」。
      かつて2016年には、北朝鮮への圧力強化のために沖縄県の嘉手納基地に12機が暫定配備され、その存在感を内外に示しました。
      そして在日米軍基地の航空祭などでは、機体展示が行われることもありますが、機体の周辺ではMPが常に監視しており、機密性の高い機体である事がうかがえます。


      ソース全文はこちらで
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00010000-norimono-bus_all

      【【軍事】F22「ラプター」が最強といえる理由】の続きを読む