• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 防衛・軍事

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      radioactivity-1222521_640

      1:最速ニュース+な アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/07/22(日) 06:27:19.98 ID:CAP_USER9
      日本の新聞が、日本政府は原子力発電所の燃料供給計画の中で、6000発の核爆弾を製造できるプルトニウムを生産しているとしました。


      ソース全文はこちらで
      PARS TODAY 2018年07月20日16時19分
      http://parstoday.com/ja/news/japan-i46542

      【【日本】6000発の核爆弾の製造が可能なプルトニウムを保有】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★ 2018/07/17(火) 08:56:28.30 ID:CAP_USER9
      2018年07月17日 07時58分 読売新聞

       航空自衛隊のF2戦闘機の後継機を巡り、日本主導の国際共同開発を模索してきた防衛省の路線が揺らいでいる。大本命と目される米ロッキード・マーチン社の開発提案が想定より高額で、費用対効果の観点で疑問視する声が上がり始めたためだ。


      no title

      ソース全文はこちらで
      https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180717-OYT1T50017.html

      【【軍事】F2戦闘機後継「高すぎる」国際共同開発に暗雲 予測150億円 提案200億円 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な かぜのこ ★ 2018/07/16(月) 19:25:14.85 ID:CAP_USER9
      防衛省は13日、2030年をメドに導入する次期戦闘機について米ロッキード・マーチン、
      米ボーイング、英BAEシステムズの3社から提案があったと発表した。


       (※詳細・全文は引用元へ→ 日経新聞 18/7/13 22:10)
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32979220T10C18A7EA1000/

      【【軍事】日本の次期戦闘機 米ロッキードが世界最強F22と最新鋭ステルスF35主体の混合型案を防衛省に提示 英BAEも提案】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/07/03(火) 04:49:44.43 ID:CAP_USER9
      ◆IHI、将来戦闘機プロトタイプエンジンXF9-1納入

      ■装備庁、2019年度末まで運転試験へ

      IHIは6月29日、研究試作を受注し全体組立を完了した将来戦闘機用プロトタイプエンジンXF9-1(目標推力15トン)を、同社瑞穂工場で防衛装備庁航空装備研究所に納入したと発表した。
      防衛装備庁もXF9-1の受領を発表し、2019年度末までエンジン運転試験を行い、基本的な性能を確認していく計画としている。
      今後、北海道の防衛装備庁千歳試験場の地上燃焼試験設備で運転試験を実施していくことになる。



      写真:no title

      ソース全文はこちらで
      航空新聞社WING 2018.07.02
      http://www.jwing.net/news/2750


      【【軍事】IHI、将来戦闘機プロトタイプエンジンXF9-1納入 装備庁、19年度末まで運転試験へ 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      destroyer-62960_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/07/01(日) 05:27:55.21 ID:CAP_USER9
      https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6Z423YL6ZULZU001.html?ref=tw_asahi

       日本政府が北朝鮮の弾道ミサイルの発射に備えた自衛隊の警戒監視レベルを6月29日から緩和したことが分かった。イージス艦の日本海での常時張り付け警戒を見直し、24時間以内に迎撃の配置につける状態で待機する態勢に改めた。米朝の対話局面を受けての対応だが、破壊措置命令を常時発出した状態は続ける。

      続きはソースで 

      【【北朝鮮ミサイル警戒を緩和】日本政府「常時展開を解除」】の続きを読む