• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 防衛・軍事

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な みんと ★ 2018/11/09(金) 15:19:01.27 ID:CAP_USER9
      海自、無人攻撃機導入へ…中国艦など監視強化
      11/9(金) 15:04配信
      読売新聞
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00050062-yom-pol

      no title

       政府は、米国製の無人攻撃機「アベンジャー」を海上自衛隊に導入する方向で検討に入った。日本周辺で活動する中国軍の艦艇や北朝鮮の密輸取引の監視体制を強化する狙いがある。年末にまとめる新しい「防衛計画の大綱」に無人機の活用を位置づけ、2020年代後半に運用を始めることを目指す。

       アベンジャーはジェットエンジンを搭載し、最高時速は740キロ・メートル。1回の離陸で18時間以上飛行できる。対艦ミサイルや投下型爆弾も搭載可能とされ、有事の際、人員を危険にさらすことなく敵の艦艇などに反撃できる。実現すれば、自衛隊として初めて本格的な無人攻撃機を導入することになる。

       海自はアベンジャーを活用して、日本周辺を航行する中国海軍の艦艇や、北朝鮮が公海上で石油精製品などを移し替える「瀬取り」と呼ばれる密輸取引などの警戒監視を行う考えだ。

      【【自衛隊】海自、無人攻撃機「アベンジャー」導入へ…中国艦など監視強化 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 水星虫 ★ 2018/10/30(火) 11:58:14.70 ID:CAP_USER9
      「標的機」強風で着水後に見失う

      *ソース元にニュース画像あり*

      http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20181030/6080002845.html
      ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

      29日、六ヶ所村の沿岸部にある自衛隊の射撃訓練の施設で、部隊が的をつり下げて飛ばしていた、
      全長およそ4メートルの無線操縦のプロペラ機が、強風にあおられて海に着水しました。
      部隊では回収しようとしましたが、見失ったということです。

      続きはソースで

      【自衛隊のラジコン飛行機が行方不明に 「見つけたら三沢基地に連絡して」・六ヶ所村沖 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/10/28(日) 19:44:43.52 ID:CAP_USER9
      在日米陸軍の弾道ミサイル防衛部隊の新司令部が米軍施設「相模総合補給廠」(写真)に発足することになり、要員の駐留が始まったことが、在日米軍への取材で分かった
      no title


       在日米陸軍の弾道ミサイル防衛部隊の新司令部が米軍施設「相模総合補給廠」(相模原市)に発足することになり、要員の駐留が始まったことが、在日米軍への取材で分かった。

      【図解】米国が警戒する中国の太平洋進出
      no title


       弾道ミサイルを保有し続ける北朝鮮、米本土や在日米軍基地を射程に入れたミサイル配備を進める中国の脅威を念頭に置いた措置とみられる。近く編成式典が行われる。

       防衛省や在日米軍によると、駐留するのは米軍第38防空砲兵旅団司令部の要員で、今月16日から活動を開始した。青森県つがる市と京都府京丹後市に配備されている弾道ミサイル対処の陸軍Xバンドレーダー部隊の運用を指揮統制するとみられる。人員は115人で、半年から1年かけて段階的に配置。新たな装備の持ち込みはなく、既存の施設を使用する。常駐配備を前提にしている。

       在日米軍関係者によると、新司令部はハワイの第94陸軍防空ミサイルコマンドの傘下にある。日本に前線司令部を置くことで、より迅速な迎撃判断を行うとともに、中国などをけん制する狙いもある。横須賀基地(神奈川県)に配備され、迎撃ミサイルを搭載する第7艦隊の最新鋭イージス艦とも連携するとみられる。

      10/28(日) 19:22
      時事通信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000041-jij-soci

      【【軍事】相模原に在日米陸軍の新司令部発足、中国をけん制か 青森、京都のレーダー指揮も 第7艦隊の最新鋭イージス艦とも連携 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      sunrise-86008_640

      1:最速ニュース+な みんと ★ 2018/10/25(木) 00:52:33.10 ID:CAP_USER9
      防衛費5年で1兆円のコスト削減提案 財務省

      10/24(水) 23:39配信
      産経新聞
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000641-san-pol


       財務省は24日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会を開き、平成31~35年度の5年間の中期防衛力整備計画(中期防)について、調達改革によるコスト削減の推進を提案した。5年間で最低でも1兆円の削減が可能だとみている。北朝鮮による弾道ミサイルの脅威などを受け、第2次安倍晋三政権発足後の25年度以降、毎年度増加を続けている防衛費だが、無駄の排除や効率化の徹底でさらなる財源を捻出する。

      続きはソースで 

      【【財務省】防衛費5年で1兆円のコスト削減提案 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      anonymous-2755365_640

      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/10/22(月) 08:28:54.07 ID:CAP_USER9
      防衛省は高度化するサイバー攻撃に対処するため、民間企業の人材を活用する。高度な技術や知識を持つ専門家の任期付き採用を検討。2019年度から自衛隊の「サイバー防衛隊」の一部業務を外部委託する。攻撃の手口が巧妙になり、自衛隊内部の育成だけでは限界がある。民間人材を生かし対応能力を高める。

      「特定任期付隊員」と呼ばれる枠を使い、民間から専門家を採用する案が有力だ。防衛省のサイバー防衛体制や政策立案に関

      https://r.nikkei.com/article/DGXMZO36743180R21C18A0PE8000

      【【サイバー防衛隊】防衛省「求むホワイトハッカー」※任期制 】の続きを読む