• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 中国

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/10/07(日) 07:37:43.19 ID:CAP_USER9
      7日から日本を訪れるベトナムのフック首相が6日、NHKなどの取材に応じ、中国が南シナ海で人工島の軍事拠点化を進めていることについて「地域の平和と安定、航行の自由を守るため、日本には責任と役割を果たしてほしい」と指摘し、日本の積極的な関与を期待する考えを示しました。
      ベトナムのグエン・スアン・フック首相は7日から10日まで日本を訪れ、9日には東京で開かれる「日・メコン首脳会議」に出席するほか、安倍総理大臣と会談する予定です。

      続きはソースで

      no title

      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181006/k10011661851000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

      【【中国の南シナ海侵出】ベトナム首相、日本の積極的関与期待 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      china-1356803_640

      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/10/07(日) 08:09:06.79 ID:CAP_USER9
      習近平独裁下の中国で、ウイグル・チベットなどの少数民族や、キリスト教徒らへの弾圧が苛烈さを増している。
      そんな中、新疆ウイグル自治区にある空港に、謎の通行標識が出現した。

      これは一体、何を意味しているのか。
      ジャーナリストの野村旗守氏がレポートする。

      昨秋、シルクロードの要衝として知られる中国最西端の都市、ウイグル自治区カシュガルの空港に出現した通行標識がある。
      「特殊旅客、人体器官運輸通道」
       

      ※続きはソースでご覧ください。
      https://www.news-postseven.com/archives/20181006_754699.html?PAGE=1#container

      【【中国】「臓器狩り」の証拠を弾圧下のウイグル自治区で発見 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/10/06(土) 13:43:41.02 ID:CAP_USER9
      トランプ米政権は、貿易摩擦で対立する中国と、経済分野だけでなく安全保障分野も含め「全面対決」することを公式の対中国政策とする立場を明確に打ち出した。
      ペンス副大統領は4日、国際慣行を無視した経済活動や覇権主義的な海洋進出を展開する中国に「決して屈しない」と訴え、中国に態度変更を厳然と求めていくと強調した。

      ペンス氏は4日、ワシントンの政策研究機関での演説で、中国がアジアやアフリカ、欧州、南米の国々に数千億ドル(数十兆円)規模のインフラ開発融資を実施し、相手国を「債務の罠(わな)」に陥れていると批判。
      11月のアジア歴訪で中国に対抗した新たな融資政策を打ち出す方針を表明した。
      ペンス氏はまた、中国が11月の中間選挙で共和党を勝たせないように干渉を画策するなど、米国の内政干渉に「これまでになく力を入れている」と訴えた。

      続きはソースで

      http://www.sankei.com/world/news/181005/wor1810050021-n1.html



      【【アメリカ】トランプ米政権、中国との「全面対決」宣言 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な @くコ:彡 ★ 2018/10/05(金) 21:55:56.22 ID:CAP_USER9
      ・インターポール総裁、中国で行方不明


      インターポール(ICPO=国際刑事警察機構)の孟宏偉総裁が、フランスから中国へ出発した後、1週間にわたって音信不通となっており、フランスの治安機関が、行方不明となっている孟氏の調査を行っている。5日、ラジオEurope1が伝えた。

      孟氏は9月29日に中国に向けて出発したが、それ以降、連絡が取れなくなっている。

      仏リヨンに子供と一緒に暮らしている孟氏の妻が、治安機関に通報したという。

      孟氏は、2016年11月にインターポール総裁に選出された。その前は、中国公安省の次官を務めていた。孟氏の前任者は、2012年に就任したミレーユ・バレストラジ氏。

      no title


      Interpol Başkanı son dakika kayboldu! Interpol nedir ne demek, başkanı kimdir?
      https://m.aksam.com.tr/guncel/interpol-baskani-son-dakika-kayboldu-interpol-ne-demek-nedir-baskani-kimdir/haber-780334

      2018年10月05日 21:43 スプートニク日本
      https://sptnkne.ws/jGhJ

      【【ICPO】インターポールの孟宏偉総裁が中国で行方不明 フランスから中国へ出発した後1週間の音信不通 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      binary-1012775_640

      1:最速ニュース+な ごまカンパチ ★ 2018/10/05(金) 07:17:59.00 ID:CAP_USER9
      https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-04/PG2CZY6TTDS801
      →ハッキング攻撃の対象は30社近く、ハードウエアにチップ埋め込み
      →アマゾンとアップル、スーパーマイクロはハッキング攻撃否定

      米アマゾン ・ドット・コムは2015年に、エレメンタル・テクノロジーズという新興企業の調査を始めた。
      今ではアマゾン・プライム・ビデオとして知られる動画ストリーミングサービスを拡大するため、買収することを検討していた。
      オレゴン州ポートランドを本拠とするエレメンタルは、動画ファイルを圧縮し、異なる機器向けにフォーマットするソフトウエアを作っていた。
      同社の技術は国際宇宙ステーションとの通信やドローンの映像を中央情報局(CIA)に送ることにも使われていたため、
      アマゾンの政府関連事業にも役立つと考えられた。

      ※続きはソースでどうぞ

      【【中国】マイクロチップ使ってアマゾンやアップルにハッキング ハードウエアにチップ埋め込み 対象は30社近く】の続きを読む