中国 : 最速ニュース+ : 4/22

画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 中国

    1:最速ニュース+な 納豆スパ ★ 2018/01/01(月) 23:09:54.20 ID:CAP_USER9
    中国、2030年までに空母4隻計画 原子力検討、アジア軍事バランスに変化も
    2017年4月23日、中国遼寧省大連で、進水を目前に控え点検作業が行われる初の国産空母

    産経 2018.1.1 03:00
    http://www.sankei.com/world/news/180101/wor1801010009-n1.html

     【北京=西見由章】中国海軍がアジア太平洋地域での軍事プレゼンス拡大に向けて空母建造を加速させ、2030年までに4隻の空母打撃群を運用する計画があることが31日までにわかった。中国軍事筋が明らかにした。うち2隻は原子力空母の実用化を目指すという。習近平国家主席は「海洋強国の建設を加速する」と宣言しており、米国に次ぐ“空母大国化”が実現すれば地域のパワーバランスに変化が生じそうだ。

     中国初の国産空母は昨年4月に遼寧省大連の造船所で進水、今年中にも試験航行が行われる見通し。旧ソ連の「ワリヤーグ」を改修した中国初の空母「遼寧」がモデルとなっている。

     一方、上海江南造船所で建造されている2隻目の国産空母も進水時期が近づく。大連の空母とは設計思想が異なり、最新鋭の電磁式カタパルト(射出機)の搭載が計画されている。

     この2隻はいずれも通常動力型だが、大連の造船所で建造される3隻目の空母は原子炉の導入を目指すという。すでに建造が始まったとの情報もある。

     初の国産空母を建造した大連船舶重工の親会社、中国船舶重工は昨年12月に開かれた「上海国際海事展」で、原子力を動力とする民用船など4隻の模型を展示した。別の中国軍事筋は「いずれも原子力空母の開発に向けた技術検証だ」と指摘する。ただ原子力の採用が確定したわけではない。「研究船による技術検証を待たずに、いきなり空母に核動力を搭載するのはリスクが大きい」(先の軍事筋)ためだ。

     「遼寧」は練習艦として位置付けられ、中国海軍の空母4隻構想には含まれていない。

     中国海軍による空母打撃群構想は、米海軍を強く意識している。中国が現在最も重視するのは南シナ海からインド洋、中東沖にいたる海域での影響力増大であり、南シナ海を管轄する南海艦隊に重点配備される可能性が高い。海南省三亜市には世界最大級の長さ700メートルの空母用埠頭が完成し、空母2隻が停泊可能とみられている。

     初の国産空母は一部の官製メディアが報じた通り「山東」と命名されれば、首都防衛や朝鮮半島有事への対応を担う北海艦隊の所属となる。


    「空母を建造しなければ死んでも死にきれない」 国産空母、中国海軍の長年の悲願
    no title


    http://www.sankei.com/world/news/180101/wor1801010016-n1.html

     空母建造は、中国海軍にとり悲願だったが、長年にわたり実現を阻まれてきたという歴史がある。

     中国海軍で「空母の父」と呼ばれる故・劉華清氏は、1970年代から空母建造の必要性を主張し続けた。だが、当時の最高実力者、トウ小平は「時期尚早」などと、再三再四の要請を拒否し続けたとされる。

     トウ小平は主要国と対立せず低姿勢を貫く「韜光養晦(とうこうようかい)」を外交路線としており、空母建造で「中国脅威論」が国際社会で高まることを警戒したとみられる。海軍司令官や軍事委員会副主席を務めた劉氏は「もし中国が空母を建造しなければ、私は死んでも死にきれない」との言葉を残したと国営新華社通信は伝える。

     その後、江沢民、胡錦濤両政権は国防予算拡大を続けたが、トウ小平路線を踏襲して国産空母建造には積極的でなかった。

     この長年の「悲願」を実現させているのが、「強軍の夢」を掲げる習近平国家主席だ。習氏は昨年10月の共産党大会でも、今世紀中頃までに「世界一流の軍隊」を作る長期目標を強調。米軍と肩を並べる軍事力獲得を目指す姿勢をにじませ、空母建造は強軍路線の象徴となっている。 
    【【中国】2030年までに空母4隻計画 原子力検討「維持できるのか?」】の続きを読む

    trump-2704264_640

    1:最速ニュース+な じゅげむ ★ 2017/12/29(金) 20:19:02.12 ID:CAP_USER9
    アメリカのトランプ大統領はツイッターで、中国が北朝鮮への石油の輸出を許しているとの認識を示し、「大変がっかりだ」と不満を表明しました。

    トランプ大統領は28日、ツイッターで「現行犯だ。中国は北朝鮮に石油が入るのを許していて、大変がっかりだ」と中国を批判しました。「現行犯」と表現した具体的な理由は明らかにしていません。
    ただ、韓国やアメリカのメディアは「中国船籍と推定される船が北朝鮮側に10月以降、30回ほどにわたり、石油を売ったとみられることがアメリカの監視衛星で確認された」と報じていて、トランプ大統領はその報道を念頭に発言した可能性があります。
    さらに、大統領は「こうしたことが続くようなら、北朝鮮問題の友好的な解決など決してない」と警告しました。

    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000117708.html

    【【北朝鮮に石油輸出】米トランプ大統領「現行犯だ。中国には大変がっかりだ」】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/26(火) 08:10:39.79 ID:CAP_USER9
    no title


    【北京=西見由章】中国政府の特設サイト「中国南シナ海ネット」は25日までに、中国が今年南シナ海に建設した大型レーダーや管理棟、地下貯蔵施設などの総面積が29万平方メートル(東京ドーム約6個分)に達すると公表した。

     また中国が「必要な軍事防衛の強化などのために島嶼の面積を適切に拡大した」と認め、今後も人工島造成が継続されるとの見方も示した。

     中国当局が南シナ海での軍事施設の建設実績を公表し、さらに人工島造成が軍事目的だったことを認めるのは異例だ。軍事拠点化に向けて積極姿勢を示しても国際社会の反発は少ないと判断した可能性がある。

     同サイトは南シナ海に関する中国の立場を宣伝するため昨年8月に開設され、国家海洋情報センターなどが運営している。一方、米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)は今月中旬、中国がスプラトリー(中国名・南沙)諸島のファイアリークロス(永暑)礁やスービ(渚碧)礁でレーダー施設などを建設し、今年だけで計29万平方メートルの施設が建造されたとの分析結果を公表していた。

     南シナ海での建設実績に関する同サイトの記述が独自データに基づくものなのか、CSISを引用したのかは不明だが、いずれにしろ欧米研究機関の分析を追認した形だ。

     同サイトは見出しで「2017年、中国の南シナ海の島嶼は大きく様変わりした」と悪びれることなくアピール。島嶼の建設が着実に推進され「一連のめざましい成果を得て南シナ海の様相はすっかり一新された」と誇示している。

    配信2017年12月26日 7時9分
    ライブドアニュース(産経)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14079890/

    【【南シナ海】中国 「人工島は軍事目的」政府系サイトが認める アメリカはこの件をスルー?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/25(月) 10:42:27.91 ID:CAP_USER9
     今年話題を呼んだ日本のテレビ番組の1つに、テレビ東京系列で放送された「池の水ぜんぶ抜く」シリーズがある。日本各地にある大きな池の水を抜き取って、その中にいる在来種の生物を保護するとともに、生態系の破壊につながる外来種を捕獲するという斬新かつダイナミックな内容だ。

     中国の浙江省杭州市でこのほど、この番組のような「水抜き」が行われたようだが、干上がった底から出てきたのは日本では考えられない物だった。中国メディア・鳳凰網が21日報じた。

     水が抜かれた川の底から出てきたのは、大量のシェアリング自転車だった。記事は「杭州市の三塘小区付近を散歩していた市民が、側を流れる川にたくさんのシェアリング自転車があるのを見つけた。この川は、もともと水が流れていたが、近ごろ行われている工事の関係で水を全部抜いたのだ。水を抜いていったところ、川底に埋まっていた自転車がどんどん出現してきたのである」と伝えた。

     川底の泥に刺さるように埋もれていた自転車の中にはサビも見られるとのこと。どうやら、川に捨てられてからある程度の時間が経過していたようだ。21日に、この市民が同じ場所を訪れたところ、川にあった自転車は全て抜き取られ、公園の緑地部分に並べられていたという。付近の住民は「自転車は数十台くらいあった」と語っている。

     日本でも一部地域で始まっている中国伝来のシェアリングサイクルサービス。本場中国ではどこでも乗り捨てができることが大きな魅力になっているようだが、使った後に川に放り投げてしまうというのは「乗り捨て」にも程がある。今の中国では、池や川の水を抜いて外来種を探す前に、投げ込まれた自転車を取り除く作業が必要のようだ。(編集担当:今関忠馬)

    配信2017年12月25日 9時12分
    ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/14075602/

    【【中国】「池の水ぜんぶ抜く」中国も実施 川の水を全部抜いてみたらとんでもないものが大量に出てきた】の続きを読む

    sunset-1687168_640

    1: ばーど ★ 2017/12/24(日) 22:33:46.77 ID:CAP_USER9
     中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が朝鮮半島有事に備えた準備に着手したもようだ。北朝鮮との国境地帯で数十万人を収容できる難民キャンプを設営するよう指示したほか、軍駐留施設を増設している。中国は北朝鮮の核問題を対話で解決する方針を崩していないが、トランプ米政権と北朝鮮が衝突する事態に身構え、影響を最小限に抑えたい思惑がにじむ。

     中国共産党関係者によると、習指導部は今夏、北朝鮮と国境を接する吉林省… ※続く

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25012820T21C17A2EA3000/

    【【中国】習指導部 北朝鮮国境に難民キャンプの他軍駐留施設も増設「有事想定」】の続きを読む