• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:海外ニュース > 韓国

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2019/01/04(金) 14:04:53.06 ID:CAP_USER9
      2019年1月4日 11時7分
      中央日報

      韓国正義党の金鍾大(キム・ジョンデ)議員が最近の韓日哨戒機問題に関連して日本を批判した。

      4日に韓国公営放送KBS(韓国放送公社)のラジオ番組「キム・ギョンレの最強時事」に出演した金鍾大正義党議員は哨戒機問題について「日本が単純にレーダー問題を提起したとは考えない」とし「いま日本の軍国主義的膨張的本性があらわれているとみる」と批判した。

      続いて「集団的自衛権を行使する日本が軍事的膨張を図っていて、こうした中で東アジアでアジア指導国に浮上しようという、まさに日本崛起、日本の夢を見ている」とし「韓国に対する事前牽制レベルだ」と述べた。

      また「韓国政府は最初から静かに対応し、適切に解消するという立場だった」とし「安倍首相までが出てきたため(韓国としては)そのまま済ませることができない問題になった。(韓国が)映像を速やかに公開するのよい」と語った。

      金鍾大議員は韓半島の平和体制構築に日本が障害になっているという意見も述べた。金議員は「南北関係が改善する兆候が表れるたびに、それを妨害する勢力は誰が見ても日本」とし「米国内のオピニオングループに働きかけて北に近づく韓国を攻撃するように、ワシントンの専門家に発言させている背後勢力は日本」と批判した。続いて「なら、このような真実を避けずに果敢に突破するのが韓国政府の正道だ」と話した。
      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15827185/

      【【韓国】キム議員「いま日本は軍国主義的本性を現している」「東亜でアジア指導国に浮上しようという、日本の夢を見ている」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/12/24(月) 06:22:59.00 ID:CAP_USER9
      2018年12月23日 19時18分
      時事通信社

       【ソウル時事】海上自衛隊哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、聯合ニュースによると、韓国軍関係者は23日、「実際に日本の哨戒機を威嚇する行為はなかった」と強調した。

       また、「海軍が遭難船舶を捜索するための人道主義的な作戦を遂行したと説明した。日本もその内容を知っていながら、引き続き問題提起していることを理解できない」と述べた。

       その上で、「大和堆(やまとたい)漁場などの公海上で、韓国海軍の活動を制約しようとする意図があるのではないかという疑念がある」と指摘した。

       聯合が引用した韓国軍関係者によると、韓国軍の駆逐艦は20日、日本海で遭難した北朝鮮漁船を捜索した際、接近してきた哨戒機に向け、映像撮影用の光学カメラを使用した。光学カメラを使用すると、レーダーが一緒に稼働するが、哨戒機に向けてビームは放射しなかったという。また、火器管制レーダーは対空用ではなく、対艦用モードで運用したとされる。

       軍関係者はさらに、日本の哨戒機が韓国艦艇の上空を飛行するなど、「威嚇飛行をした」と主張した。

       http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15783054/


      【【韓国軍】「レーダー照射に威嚇行為なかった 日本の問題提起、理解できず」「公海上で韓国海軍の活動を制限したい意図があるのか」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/12/22(土) 11:54:16.27 ID:CAP_USER9
      韓国海軍の駆逐艦による海上自衛隊哨戒機に対する火器管制レーダーの照射。レーダーは攻撃目標を追尾するもので、不測の事態を招きかねない危険な行為だけに、防衛省に衝撃が走った。海自幹部からは「なぜ照射するのか」と驚きと戸惑いの声が聞かれた。

      海自幹部は「レーダー照射は(照準を合わせる)ロックオンと同じ。よほどの緊急事態でなければ、現場だけの判断で照射しない」と指摘する。「艦長や上級司令部の了解を得ていたのか、事実関係の徹底した解明が必要だ」と語気を強めた。
       
      照射された空域は日本海の能登半島沖。日韓で領有権が問題になっている島根県・竹島から一定の距離があり、照射との関係は不明だ。日韓関係をめぐっては、10月に韓国が国際観艦式で海自護衛艦に旭日旗を掲揚しないよう要請し、海自が参加を見合わせたこともあったが、防衛省は韓国海軍との関係がこじれないように努めていた。
       
      それだけに防衛省幹部は「照射は攻撃を前提にするもので、照射された側は対象から外れるよう急旋回などの退避行動を取る必要がある。非常識で、まったく理解できない」と話した。

      (2018/12/21-22:45)
      時事ドットコム
      https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122108208&g=pol



      【【レーダー照射】海自幹部は驚きと戸惑い…「照射はロックオンと同じ。よほどの緊急事態でなければ、現場だけの判断で照射しない」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/12/22(土) 05:22:31.36 ID:CAP_USER9
      http://www.afpbb.com/articles/-/3203705?act=all

      韓国、日本と認識の差=十分な説明必要-レーダー照射
      2018年12月22日 0:07 
      発信地:日本 [ 例外 その他 ]
      【12月22日 時事通信社】韓国国防省は21日夜、海上自衛隊機へのレーダー照射について、「通常の作戦活動中だった」と説明し、日本当局との認識の差を示した。日韓関係が冷え込む中で起きた問題だけに、十分な説明がなければ、韓国軍への日本側の不信感は収まりそうにない。

       「銃で言えば撃つ一歩手前。極めて深刻な事態だ」。日本の防衛当局筋は憤りをあらわにした。旭日旗をめぐり、韓国で開かれた観艦式に海自が参加を見送ったこともあったが、双方は粛々と連携を続けていく構えだった。それだけに同筋は「故意でないのなら軍の能力を疑う。意図が分からない」とため息をついた。

       今回、レーダー照射が行われたのは能登半島沖の日本海上。北朝鮮の違法漁船が集まる海域とみられ、韓国メディアは、遭難した北朝鮮船舶に向けてレーダー照射されたと報じた。(c)時事通信社

      【【レーダー照射】韓国、日本と認識の差 十分な説明必要 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/12/21(金) 18:59:40.74 ID:CAP_USER9

      【【LIVE】韓国軍艦艇からレーダー照射 岩屋防衛相会見 19:00~ 】の続きを読む