• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 韓国

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 豆次郎 ★ 2018/11/07(水) 16:59:36.92 ID:CAP_USER9
      2018年11月7日 水曜 午後0:00

      国交断絶は現実的ではないが

      僕は何も韓国と国交断絶しろと言っているのではない。
      韓国には多くの日本企業が進出しているし、4万人の日本人が住んでいる。輸出入も多い。

      つまり国交断絶というのは現実的ではない。
      ただこの徴用工、正確に言うと「朝鮮半島出身の労働者」の問題をめぐっては、このままだと間違いなく事実上の国交断絶になってしまう。

      判決を聞いた安倍首相の、「ありえない!」という突き放した反応は大変良かった。
      河野外相の毅然とした態度もいい。

      この問題で日本に出来ることはない


      2017年8月、ソウル・龍山駅前に設置された徴用工像
      この期に及んで韓国側は、「両国で知恵を絞って。未来志向で。」などと寝ぼけたことを言っているが、この問題で日本にできることはないだろう。

      続きはソースで

      https://sp.fnn.jp/posts/00384960HDK

      【【韓国と国交断絶する日】フジテレビ解説員「日韓関係はいったん破綻しないとどうしようもない」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 人類普遍の倫理 ★ 2018/11/07(水) 13:56:17.73 ID:CAP_USER9
       【ソウル共同】韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟で、原告の弁護士や支援団体が7日、ソウルで記者会見し、原告側弁護士らが近く新日鉄住金の本社を訪れ賠償命令に応じるよう申し入れる予定だと明らかにした。

      続きはソースで 

      no title

      http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018110701001414.html

      【【徴用工訴訟】原告側、新日鉄住金本社を訪れ「賠償命令に応じるよう」申し入れへ 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      dokdo-1790322_640

      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/11/06(火) 16:50:01.45 ID:CAP_USER9
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000081-jij-pol

      超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の新藤義孝会長は6日、
      衆院議員会館で記者会見し、島根県・竹島に上陸した韓国の国会議員に対する
      公開質問状の内容を発表した。

      韓国政府が竹島を領土と認識したことを証明する歴史的な文献や、自国領として
      扱っている地図などを明示するよう要求。日韓両国の議員による協議機関の設置も提案した。

      新藤氏は「日韓の真の関係をつくるためにも避けて通れない。基本認識を聞かせてほしい」
      と述べ、近く質問状を送付する考えを示した。 

      【【竹島】領土議連、韓国に歴史的な文献や地図の明示を要求。島根県・竹島に上陸した韓国の国会議員に対する公開質問状送付 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 俺の名は ★ 2018/11/06(火) 08:10:45.75 ID:CAP_USER9
      no title

      国際司法裁判所(ICIJ)の訴訟手続き

       政府は5日、韓国の元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した問題で、韓国政府が賠償金の肩代わりを行う立法措置などを取らない限り、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を固めた。また、裁判手続きに関する韓国側との交渉、折衝などが必要なため、長嶺安政駐韓大使の召還は行わない。

       ICJで裁判を開くには原則として紛争当事国の同意が必要で、手続きには(1)相手国の同意を経て共同付託する(2)単独で提訴した上で相手国の同意を得る-という2つの方法がある。政府は韓国から事前に同意を得るのは難しいことから単独提訴に踏み切る。

       その場合も韓国の同意は得られないとみられ、裁判自体は成立しない可能性が高い。だが、韓国に同意しない理由を説明する義務が発生するため、政府は「韓国の異常性を世界に知らしめることができる」と判断した。

      続きはソースで 

      産経新聞 2018.11.6 06:00
      https://www.sankei.com/smp/politics/news/181106/plt1811060004-s1.html


      【【韓国】徴用工問題で日本政府、国際司法裁に提訴へ 大使召還は行わず】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/11/04(日) 14:32:17.62 ID:CAP_USER9
      韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工への損害賠償を命じた判決を巡り、韓国大統領府が沈黙を続けている。

       文在寅(ムンジェイン)政権は従来、南北関係への支援や朴槿恵(パククネ)前政権を批判する思惑から日本との協力を訴える程度で、必ずしも日韓関係に強い関心を払っているとは言い難かった。国民感情を刺激し、解決が困難な徴用工問題に取り組む姿勢を十分には示せずにいる。

      続きはソースで 
      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15543888/

      【【徴用工問題】沈黙続ける韓国大統領府 「関与しない」】の続きを読む