• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:海外ニュース > アメリカ

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2019/01/05(土) 07:46:31.09 ID:CAP_USER9
       【ワシントン共同】トランプ米大統領は4日の記者会見で、国家非常事態を宣言し議会承認を経ずにメキシコ国境の壁建設費を捻出することを検討していると明らかにした。

      2019/1/5 06:27
      共同通信
      https://this.kiji.is/454033756174320737

      【【トランプ大統領】壁建設へ非常事態宣言も検討】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な チンしたモヤシ ★ 2019/01/05(土) 13:03:14.51 ID:CAP_USER9
      スペイン征服前の「皮はぎ神」の神殿、発見 メキシコ
      AFP 2019年1月4日 12:04 発信地:メキシコ市/メキシコ [ メキシコ 中南米 ]
      http://www.afpbb.com/articles/-/3204978?pid=20841027

      メキシコ中部プエブラ州の遺跡で、豊穣の神シペ・トテックを祭った神殿跡から見つかった石の頭像。INAH提供(2018年10月12日撮影)。(c)AFP PHOTO / INAH / MELITON TAPIA
      no title

      神殿跡から見つかった石の頭像。
      no title

      見つかった石のトルソー。
      no title

      神殿跡。
      no title


      【1月4日 AFP】メキシコ中部プエブラ(Puebla)州にあるンダチヒアン・テワカン(Ndachjian-Tehuacan)遺跡の中から、同地がスペイン人に征服される以前に信仰されていた豊穣と戦いの神シペ・トテック(Xipe Totec)を祭った神殿が初めて発見された。メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)が発表した。シペ・トテックは、人身御供とされた捕虜の皮をささげられた神として知られている。

       INAHによれば、史料から、神官らが二つある円形の祭壇の一方にいけにえをささげ、もう一方の祭壇でいけにえの皮をはぎ、その皮を自分たちでまとったことがうかがえる。

       歴史家の間では、シペ・トテック(皮はぎ神)は、現在のメキシコ中部・西部とメキシコ湾沿岸部の地域で多数の民族に崇拝されていたというのが通説だった。しかし、シペ・トテックを祭った神殿が見つかったのは今回が初だという。

       また、遺跡発掘現場で見つかった工芸品の中には、シペ・トテックの石像3体が含まれていた。皮をはがれた状態を示す頭像二つとトルソー(胴部だけの像)で、トルソーの背中の部分には、シペ・トテックが着たとされるいけにえの皮が彫り込まれている。

       頭部の石像はそれぞれ高さ70センチほどで、重さは約200キロ。トルソーについては「彫刻的に非常に美しい。高さは約80センチで、腹部に穴が一つ開いている。史料では、その穴には儀式のために『命を吹き込む』緑の石が埋め込まれていたとされている」と、プロジェクトの責任者である考古学者のノエミ・カスティーヨ・テヘロ(Noemi Castillo Tejero)氏は説明している。

       INAHによれば、神殿が使用されていたのは西暦1000年ごろから1260年前後までとみられている。現在のメキシコに当たる地域は、1519年にスペイン人エルナン・コルテス(Hernan Cortes)が上陸した後、スペインに征服された。(c)AFP

      【【考古学】スペイン征服前の「皮はぎ神」の神殿、発見 神官らが捕虜の生贄の皮をはいで神に捧げ神官がはいだ皮をかぶる メキシコ 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な すらいむ ★ 2019/01/03(木) 01:01:07.40 ID:CAP_USER9
      米、中国けん制へ新法成立 台湾と軍事協力推進

      【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は12月31日、アジア諸国との安全保障や経済面の包括的な協力強化を盛り込んだ「アジア再保証推進法」に署名し、同法が成立した。
       台湾への防衛装備品の売却推進やインド太平洋地域での定期的な航行の自由作戦を盛り込み、中国をけん制した。
       これに対し、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は1月2日の演説で米国を念頭に台湾問題への介入に強く反発した。

       新法は3月1日に期限を迎える米中貿易協議も見据え、政権と議会が一体となり、中国に圧力をかける狙いもある。
       中国の軍事、経済両面の台頭に対する危機感を米議員は広く共有している。

       新法のもとで、米軍は中国が軍事拠点化を進める南シナ海などで航行や飛行の自由を維持する作戦を定期的に実施する。
       アジアの軍事・経済支援に今後5年間で15億ドル(約1650億円)を充て、東南アジア諸国の海洋警備や軍事訓練などに重点配分する。

       国・地域別では台湾との協力を深める。
       「中国の脅威がさらに高まりかねない」として防衛装備品の定期的な売却を進める。
       米政府高官の台湾訪問の推進も盛り込んだ。

      (以下略、続きはソースでご確認下さい)

      日本経済新聞 2019/1/3 0:28
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3960442003012019MM8000/



      【【米国】中国けん制へ新法『アジア再保証推進法』成立 台湾と軍事協力推進 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/12/23(日) 07:59:25.27 ID:CAP_USER9
      2018年12月23日 7時30分
      アメリカ司法省は、アメリカのエネルギー企業で働く中国人技術者が、企業秘密を盗み出した上で中国の企業に転職しようとしたとして、この中国人の男を逮捕しました。

      アメリカ司法省は、南部オクラホマ州にあるエネルギー企業「フィリップス66」に勤務する35歳の中国人の男を逮捕したと発表しました。

      この男は、バッテリーの研究開発に携わっている技術者で、企業秘密を個人のUSBメモリーなどに不当に記録して盗みだし、中国の福建省アモイにあるバッテリー開発企業に転職しようとした疑いがもたれています。

      男は、バッテリーの開発にあたる研究センター長として、日本円で年収およそ1300万円で迎えられる予定でしたが、今月中旬、男から退職することを告げられた「フィリップス66」側が男の行動を不審に思い、調査した結果、10億ドル以上の価値のある新製品の情報を不当に持ち出したことが判明したということです。

      アメリカ司法省のデマーズ次官補は、声明で「アメリカの企業と労働者に損害を与える知的財産の窃盗に、中国の政府や企業が関わっているケースが多い。アメリカの経済を守るため引き続き最優先で中国の違法な行動を取り締まっていく」としています。

      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181223/k10011757591000.html

      【【米国】企業秘密を盗み転職はかる 米司法省が中国人の男を逮捕】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      chart-594212_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/12/22(土) 06:31:35.55 ID:CAP_USER9
      https://edition.cnn.com/2018/12/21/investing/stock-market-today-dow/index.html


      Dow's worst week since 2008 financial crisis; Nasdaq closes in bear market
      By David Goldman, CNN Business
      Updated 2120 GMT (0520 HKT) December 21, 2018
      (リンク先に続きあり)

      【【NYダウ】2008年リーマンショック以来の最悪の週が終わる】の続きを読む