• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: アメリカ

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/10/23(火) 08:46:55.28 ID:CAP_USER9
      米国を目指してメキシコ国内を北上している移民集団、通称「キャラバン」の人数が、7000人以上に上っていることが明らかになった。
      国連(UN)の報道官が22日、国際移住機関(IOM)の推定人数を伝えた。ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は、移民の移動を止めなかったとして、ホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドルの中米3か国に対する援助を停止または削減する意向を表明した。

      続きはソースで

      no title

      http://www.afpbb.com/articles/-/3194257

      【【国際】米国めざす移民7000人超にトランプ氏「移民の移動を止めなかった」として中米3カ国への援助削減を表明】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/10/22(月) 00:42:26.97 ID:CAP_USER9
      https://jp.sputniknews.com/us/201810215484755/

      米、最先端攻撃型原子力潜水艦2隻の進水式【写真】
      米国
      2018年10月21日 16:12

      米海軍は、バージニア級攻撃型原子力潜水艦「デラウェア」と「バーモント」の進水式を行ったとツイッターで発表した。両艦は巡航ミサイル「トマホーク」を搭載している。
      スプートニク日本

      バージニア級原子力潜水艦は、2004年に就役したバージニアをフラッグシップ艦とする。

      ​両艦とも最新の無線電子機器を搭載し、発するノイズが少ないことが特徴。多目的高精度巡航ミサイル「トマホーク」を12発装備している。

      ​バージニア級原子力潜水艦米海軍の第4世代多用途潜水艦。対潜水艦能力を持つほか、沿岸部での作戦に向け設計されている。

      no title

      【【原潜】米、最先端攻撃型原子力潜水艦2隻の進水式【写真】 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      lgbt-2741358_640

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/10/22(月) 08:58:16.36 ID:CAP_USER9
      【ワシントン共同】米トランプ政権が性の定義を生まれつきの性別に限定することを検討中だと米紙が21日、報じた。心と体の性が異なるトランスジェンダーの存在を行政上認めなくする措置で、性的少数者(LGBT)の権利を保護する世界の潮流に逆行する。

      2018/10/22 08:32
      共同通信
      https://this.kiji.is/426886074342917217

      【【LGBT】トランプ大統領「トランスジェンダー」排除へ】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      robot-3010309_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/10/21(日) 23:22:16.47 ID:CAP_USER9
      https://jp.reuters.com/article/usa-economy-artificialintelligence-idJPKCN1MT0U7

      トップニュース
      2018年10月20日 / 01:15 / 4時間前更新
      アングル:米国でAI技術者の争奪戦、超売り手市場で賃金上昇
      Ann Saphir
      [サンフランシスコ 15日 ロイター] - 次世代の技術系社員の採用を目指す企業数十社が9月、米カリフォルニア大学バークレー校で開かれた電気工学とコンピューター科学分野の学生向け就職フェアに集まった。

      ボリス・ユエさん(20)は、参加した数千人の学生の1人で、学生の間を縫って歩いてはリクルーターと会話していた。

      だがユエさんは、就職競争をそれほど心配していない。コンピューター技術を持つ学生の採用見通しは全般的に明るいが、ユエさんはその中でも希少性の高い分野を専門にしている。人間の思考に似たやり方で学習し、思考することを機械に教えこむ人工知能(AI)の分野を専攻しているのだ。

      ユエさんが、職探しに困ることはほぼないだろう。「機械学習の分野で、求人が足りないということはない」と、彼は言った。

      そして、彼は正しい。

      AIは今や、さまざまな分野の製品に導入されている。自動運転車や、雑草を見分けて除去するロボット、危険な皮膚がんと無害なほくろを区別できるコンピューター、そして、スマートロックやサーモスタット、スピーカーなどによって、この技術は家庭にも持ち込まれつつある。ジョージア技術大では、学生がAIのデジタル教師とやり取りしながら、機械学習についてのオンライン講座を受講している。

      AIの導入拡大に伴い、高いスキルを持ったこの分野の技術者が不足する事態が起きている。学生の需要に応え、全米の学校がAIの授業やコースを追加したり学生数を増やしたりしているが、この分野で経験や訓練を積んだ学生が就職市場では圧倒的に不足している。

      そしてそれは、大きな結果を伴うことになる。

      AI技術を持つ求職者が絶対的に足りないため、採用が遅れ、一部企業では成長が阻害されていると、リクルーターや雇用主側は指摘している。また、生産性を向上させ、米経済の成長を加速させる可能性があるとされるこの分野の技術導入が遅れる可能性もある。米経済の成長率は現在、金融危機前の半分程度にとどまっている。
      (リンク先に続きあり)

      【【米国】米国でAI技術者の争奪戦、超売り手市場で賃金上昇】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      map-1020173_640

      1:最速ニュース+な みんと ★ 2018/10/20(土) 12:18:14.08 ID:CAP_USER9
      米、ロシアとの中距離核全廃条約の廃棄検討か 米紙報道

      2018年10月20日10時03分
      朝日新聞デジタル
      https://www.asahi.com/articles/ASLBN23G5LBNUHBI002.html


      米紙ニューヨーク・タイムズは19日、米国が約30年前に旧ソ連と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約を、トランプ政権が近く破棄すると報じた。ロシアが条約に違反していることが理由だという。実際に破棄されれば、トランプ政権が主要な核軍縮条約から撤退する初の事例になる。

      続きはソースで

      【【米国】ロシアとの中距離核全廃条約の破棄検討か 米紙報道】の続きを読む