アメリカ : 最速ニュース+ : 2/26

画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: アメリカ

    smartphone-3152679_640

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/15(木) 10:37:03.84 ID:CAP_USER9
    The FBI, CIA and NSA say American citizens shouldn't use Huawei phones

    U.S. intelligence agencies issued a stern warning to Americans: Do not buy smartphones made by Chinese tech companies Huawei or ZTE.

    Top officials from the CIA, NSA, FBI and the Defense Intelligence Agency testified in front of the Senate Intelligence Committee that the Chinese smartphone makers posed a security threat to American customers.

    Republican Senator Tom Cotton of Arkansas asked the group to raise their hands if they would recommend private American citizens use products or services made by Apple competitor Huawei or smartphone maker ZTE. None of them did.

    FBI Director Chris Wray explained why it is an issue for companies and local governments to use Huawei or ZTE products and services.

    There is a risk of letting any company "beholden to foreign governments" inside the country's telecommunications infrastructure, he said. Huawei is a global leader in networking equipment, and the government has previously blocked it from selling technology to some federal agencies.

    Related: Huawei fails to clinch smartphone deal with AT&T

    "It provides the capacity to maliciously modify or steal information," Wray said. "And it provides the capacity to conduct undetected espionage."

    Huawei has not made strides in the U.S. market in large part because of government concerns that the Chinese government can use its smartphones and other products for intelligence gathering.

    In 2012, Congress released a report saying the two Chinese companies should be viewed "with suspicion."

    In January, talks between Huawei and AT&T to sell its smartphones fell through. On Tuesday, Wray praised the efforts of telecommunications providers that are trying to "raise awareness on this issue."

    Huawei did not respond to a request for comment.

    "As a publicly traded company, we are committed to adhering to all applicable laws and regulations of the United States, work with carriers to pass strict testing protocols, and adhere to the highest business standards," a representative for ZTE said in an emailed statement. "Our mobile phones and other devices incorporate US-made chipsets, US-made operating systems and other components."

    Cotton introduced a bill last week that would prohibit the government from contracting with companies that use Huawei or ZTE products. It's a companion bill to the "Defending U.S. Government Communications Act" put forth in the House last month. In 2013, Congress passed a law that prevented some federal agencies from buying tech from these firms without approval.

    It's the latest push by Congress to prohibit foreign-made products due to intelligence concerns. For instance, the Russia-based Kaspersky Lab has been banned from federal computers.

    CNNMoney (San Francisco)
    First published February 14, 2018: 1:00 PM ET
    http://money.cnn.com/2018/02/14/technology/huawei-intelligence-chiefs/index.html

    他ソース
    FBI、CIA、NSAはHuawei、ZTEの携帯利用に上院で警告(2018年2月15)
    http://jp.techcrunch.com/2018/02/15/2018-02-14-u-s-intelligence-agencies-are-still-warning-against-buying-huawei-and-zte-phones/

    【【米国】FBI、CIA、NSAがHuawei、ZTEの携帯利用するな!】の続きを読む

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/14(水) 15:05:29.37 ID:CAP_USER9
     カバーが外れたユナイテッド航空機のエンジン部分=13日(AP)
    no title


    米サンフランシスコからハワイに向かっていたユナイテッド航空機が13日、主翼に取り付けられたエンジンのカバーが飛行中に外れ、ホノルルの空港に緊急着陸した。けが人はなく、発着便の運航にも影響はなかった。AP通信などが報じた。

     複数の乗客らが、むき出しになったエンジンががたがたと揺れる様子の映像や画像をツイッターに投稿し話題となった。地元テレビによると、乗客らは大きな音がしたり煙が上がったりしていたと話し「人生で最も怖いフライトだった」と振り返った。

     報道によると、機体はボーイング777。米連邦航空局(FAA)が原因などを調べている。(共同)

    2018.2.14 14:28
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/180214/wor1802140035-n1.html

    【【ユナイテッド航空】エンジンカバー外れてむき出しで飛行し緊急着陸】の続きを読む

    uh-60-black-hawk-3148826_640

    1:最速ニュース+な 影のたけし軍団 ★ 2018/02/14(水) 11:06:47.97 ID:CAP_USER9
    コーツ米国家情報長官は13日、上院情報特別委員会の公聴会で証言し、
    核・弾道ミサイル開発を進める北朝鮮にどう対応するかについて「決断のときはかつてないほど迫っている」と述べ、
    北朝鮮が米本土攻撃能力を確保するのを阻止する時間は少なくなりつつあるとの見方を示した。

    コーツ氏は、北朝鮮が今年も弾道ミサイル発射を複数回にわたって強行するだろうと予測。
    また、北朝鮮の李容浩外相の発言を引き合いに、金正恩体制が太平洋上の大気圏内での水爆実験を検討している可能性に言及した。

    同氏はまた、北朝鮮は核保有を体制存続のよりどころとしており、
    「交渉によって(核を)放棄する意思はない」と指摘。北朝鮮は「米国の存亡に関わる脅威になり得る」として危機感を表明した上で、
    「目標は平和的解決だ」と語り、北朝鮮に姿勢転換を迫るため引き続き最大限の圧力をかけていく方針を強調した。

    一方、同じ公聴会に出席したポンペオ中央情報局(CIA)長官は、
    北朝鮮が米国を脅かす核兵器の保有を目指していることに関しては「変化の兆しは全くない」と見方を示した。

    また、米軍が北朝鮮に対して限定攻撃に踏み切った場合に想定される北朝鮮の反撃などについては「分析済みだ」と語ったが、
    詳細は明らかにしなかった。
    http://www.sankei.com/world/news/180214/wor1802140026-n1.html

    「米存亡に関わる脅威」情報長官が北朝鮮をけん制
    http://mainichi.jp/articles/20180214/k00/00e/030/274000c

    【【対北朝鮮】 コーツ米国家情報長官 「決断のときは迫っている」】の続きを読む

    1:最速ニュース+な (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/02/10(土) 08:37:48.52 ID:CAP_USER9
    2月9日、YouTubeは「遺体動画」で炎上したアメリカの人気YouTuber、
    ローガン・ポールが運営するチャンネルへの広告掲載を一時的に停止したと発表しました。

    YouTubeは広告の掲載を停止した理由について「ローガン・ポールの最近のふるまいによるもの」としています。

    自殺者を撮影した動画を投稿して炎上

    ローガン・ポールは2018年1月に来日した際、富士・青木ヶ原の樹海で発見した自殺者の遺体を
    撮影した動画を投稿。それを見た大勢の視聴者から批判され、炎上しました。

    この事態を受けてYouTubeはローガン・ポールと提携していた優先広告枠「Google Preferred
    (グーグル・プリファード)」の解除や、共同制作していた独自コンテンツの中断を発表したものの、
    通常の広告掲載については継続されていました。

    今回の発表では、その通常の広告すら掲載されなくなったかたちです。
    実際にローガン・ポールが運営する「Logan Paul Vlogs」にていくつかの動画を再生しましたが、広告はひとつも表示されない状態でした。

    問題とされた「最近のふるまい」とは?

    YouTubeはどのような行動が広告の一時停止に踏み切ることになったのかは明らかにしていません。

    しかし、ローガン・ポールが最近投稿した動画をチェックしてみると、
    「ローガン・ポールが帰ってきた」のタイトルで自殺動画で批判した人たちをからかう、変装して「ローガン・ポールについてどう思う?」と聞いて回る、
    「(スカイダイビングの事故で)私が死んだはずの日」と題して視聴者を騙すといった内容の動画を確認できます。

    おそらくはこのどれかが、というよりもその全部。さらには炎上事件の反省のために
    「自殺防止」を訴える動画を投稿しておきながら、ジョークとして「死」を取り扱ったことがYouTubeの逆鱗に触れたのかもしれません。

    ただ、個人的に残念なのは復帰後に投稿されたこれらの動画には圧倒的多数の高評価が彼のファンからつけられていることです。
    遺体動画で炎上しようが他国で迷惑行為を繰り返そうが、
    ローガン・ポールを支持する人が減らないかぎり彼は同じことを繰り返すのではないでしょうか。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20180210-00081452/

    【【国際】YOUTUBE、ローガン・ポール氏の広告収入を一時停止 「遺体動画」や日本での迷惑行為で炎上】の続きを読む

    1:最速ニュース+な 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2018/01/26(金) 13:22:32.62 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    sssp://img.5ch.net/premium/1051729.gif
    【ニューヨーク共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は25日、ホワイトハウス関係者がトランプ大統領夫妻の居住スペースに飾るため、ニューヨークのグッゲンハイム美術館からゴッホの絵画を借りようとしたが担当者に断られ、美術品の18金の便器なら貸し出せるとの回答を受けたと報じた。ホワイトハウスは取材に応じていない。

     同紙によると、この便器は米富裕層の行き過ぎた行為を批判しているとみる批評家もいるという。美術館の担当者の真意は不明だが、ソーシャルメディア上でトランプ氏に対する否定的な投稿をしていたといい、臆測を呼びそうだ。

     この便器は、現代美術家の作品。
    no title


    https://www.47news.jp/news/1375655.html

    【「便器なら貸せる」ホワイトハウス関係者からのゴッホの絵の貸し出し要請断る】の続きを読む