• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:海外ニュース > ロシア

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/13(日) 10:02:06.95 ID:zLoQCHEp9
      https://www.cnn.co.jp/world/35131210.html

      ロシア国防省は12日までに、第2次世界大戦中に旧ソ連の主力戦車として投入された「T34」型戦車の30両が
      東南アジアのラオスからロシア極東部のウラジオストクに到着したと発表した。

      近くモスクワへ移送される予定。同型戦車は1940年に旧ソ連軍に初めて引き渡されていた。
      最近までラオス軍では実戦配備されていた。

      ロシア国防省によると、ラオスからの今回の引き取りはロシア各都市で予定される「戦勝記念パレード」に登場させるのが目的。
      この他、博物館での展示品の一新や「大祖国戦争」に関する映画製作にも使われるとした。

      軍事専門サイト「militaryfactory.com」は、T34中型戦車の一連のモデルほど第2次世界大戦を行方を決めた戦車はないとした。
      2次大戦終結前まで約5万7000両が製造された。製造は冷戦時代にも続き、合計8万両以上となった。数千両が輸出に向けられたという。

      旧ソ連やロシアはその後、新型戦車も開発していたが、T34はロシア国民に強烈な印象を与えた戦車とされている。
      今回、ラオスから取り戻したのもその人気にあやかり、国威発揚を狙ったものとの指摘もある。

      ロシアでは最近、旧ソ連軍兵士とT34を題材にした映画「T34」が公開され、興行成績で新記録を打ち立てていた。

      no title

      【【ロシア】旧ソ連時代の主力「T34」型戦車30輌をラオスから回収「戦勝記念パレード」に登場させ国威発揚を狙う目的】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/13(日) 07:45:26.81 ID:kxfVI09e9
      日本とロシアの平和条約交渉で来週、外相会談が開かれるのを前にロシア外務省が声明を発表し、北方領土が第二次世界大戦の結果、
      ロシアの主権下になったことを認めるよう改めて求めました。交渉の進展に意欲を示す日本にロシアの厳しい姿勢に変わりはないことを示した形です。
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190112/k10011775731000.html

      【【ロシア】「平和条約交渉は北方領土の主権完全容認が前提条件」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/12(土) 10:49:04.57 ID:rlXb+cbu9
       ロシア外務省は、日本国内からとみられるサイバー攻撃を受けたと発表しました。他の国からの分を合わせると、去年だけで7700万回を超える攻撃があったと主張しています。

       ロシア外務省・ザハロワ報道官:「サイバー攻撃は米国、日本、ウクライナ国内のIPアドレスから行われた」

       ザハロワ報道官は11日、去年1月から9月の期間にロシア外務省のウェブサイトを標的としたサイバー攻撃が日本や欧米などの合わせて14カ国から7700万回以上、行われたと発表しました。1秒間に150ギガバイトを超えるデータが送り付けられ、外務省のウェブサイトが一時的にダウンしたこともあったと訴えています。

      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15862772/
      no title

      【【ロシア外務省】「日本国内からサイバー攻撃受けた」「去年だけで7700万回」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/12(土) 05:34:06.77 ID:B0lw86Yu9
      ロシアの自由民主党に所属するセルゲイ・イワノフ下院議員は、クリル諸島(北方領土と千島列島)が露サハリン州に属すと規定し、この領域の排除に関する条項を含む法的文書を禁止する法案を下院に提出した。

      法案は、クリル諸島がカムチャツカ半島と北海道の間にある大千島列島と小千島列島から成る諸島であり、「ロシア連邦の構成」に含まれるもので、「サハリン州の一部としてロシア連邦の不分離の部分である」と規定している。

      法案は「クリル諸島は第2次世界大戦の結果、1943年12月1日のカイロ宣言、1945年7月26日のポツダム宣言、1951年9月8日にサンフランシスコ市で署名された日本国との平和条約に基づき、ロシア連邦に属するものである」としている。

      法案は「クリル諸島の領域の排除に関する条項を含む法的文書は批准、公表、制定および適用の対象とならない」よう求めている。

      no title

      https://jp.sputniknews.com/politics/201901105792607/

      【【ロシア】クリル諸島(北方領土と千島列島)引渡し禁止法案、下院に提出 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な プラチナカムイ ★ 2019/01/11(金) 07:26:40.46 ID:F9koHRDy9
      今月、安倍総理と河野外務大臣がロシアで臨む平和条約締結交渉に先立ち、国営「ロシアテレビ」が北方領土をめぐる討論会を放送しました。

      「一体、我が国(ロシア)は、北方領土を引き渡すつもりはあるのかどうか?」(国営「ロシアテレビ」司会者)

      「さまざまな事情から、我々の大統領は日本へ主権を譲渡することはしません」(ロシア科学アカデミー極東研究所 キスタノフ日本研究センター所長)

      「第二次世界大戦時、日本はナチス・ドイツの味方になり、島を失った。それらの島は合法的に最初はソ連となり、今はロシア連邦に属しています」(経済評論家 ラプーシキン氏)

      10日、国営「ロシアテレビ」が放送したのは、ロシアの日本専門家や、政治、経済などの評論家が参加した北方領土をめぐる討論会。日本にとっては厳しい意見が相次ぎました。

      「(島は)ロシア連邦の領土なので、北方領土に住むロシア人の運命を議論するのは時期尚早です」(政治評論家 セリワノフ氏)

      「平和条約にせよ、共同経済活動の実施にせよ、日ロの見解が異なるのが改めて示され、そのすべてが法的な壁に突き当たりました」(ロシア戦略研究所 クリャチキナ専門員)

      「日本が仮に1島か2島を手に入れたら、新たな日本の海峡ができ、そこをアメリカの空母がウラジオストクまで通過できるようになります」(政治評論家 セリワノフ氏)

      討論会では、経済から軍事までの幅広い観点から、北方領土の一部を日本へ引き渡すことへの問題点が議論されました。日本とロシアの政府は来週14日、モスクワで外相会談を行うほか、翌週に安倍総理がロシアを訪れて首脳会談を行う予定です。日ロの重要な会談の直前に、プーチン政権の意向を反映するとされる国営放送が、改めてロシア側の立場を打ち出した格好です。

      「日本がロシアに、なんらかの形で“日本の主権を認めるべきだ”と固執し続ける限り、交渉は終わりません」(ロシア科学アカデミー極東研究所 キスタノフ日本研究センター所長)

      1月11日5時20分

      https://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3570604.html

      【【ロシア国営テレビ討論会】「北方領土」めぐり日本に厳しい意見】の続きを読む