画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 天災・災害

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    milky-way-1063305_640

    1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/01/07(日) 21:01:18.29 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3157679?cx_module=latest_top

    2018年1月7日 20:35 発信地:シドニー/オーストラリア
    【1月7日 AFP】夏季を迎え猛暑に見舞われている南半球のオーストラリアは7日、南部の各地で気温が軒並み過去最高近くまで上昇し、当局は森林火災の危険性を軽減するために屋外での火気使用禁止令を出した。

     この日、オーストラリア最大都市シドニーの西郊ペンリス(Penrith)では1939年以降で最も暑い気温47.3度を記録した。

     オーストラリアでは昨夏(2016年12月~2017年2月)、猛烈な熱波や森林火災、洪水などの自然災害が相次ぎ、気象関連の記録が200以上更新された。(c)AFP

    【【猛暑】南半球の豪シドニー、気温47.3度を記録「1939年以降で最高記録」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:
    今年世界最大級 カムチャッカで大噴火 噴煙の高さは一時15kmに
    12/21(木) 11:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00002155-weather-soci

     ロシアのカムチャツカ半島に位置するベズイミアニ山で日本時間昨日20日(水)12時45分頃に噴火が発生、噴煙高度では2017年で世界最大級の噴火となりました。

     カムチャツカ火山噴火対策チーム(以下KVERT)の事前の発表では「強いガスと水蒸気の噴出が継続している。ビデオデータより、溶岩ドームの南東側で熱い雪崩の発生が確認でき、数時間以内に、10?15㎞に及ぶ大規模な噴火の可能性がある。国際線や低空飛行の飛行機に影響を及ぼす可能性がある」とあり、その直後の噴火となりました。

     カムチャツカ地球物理探査局(KBGS)がビデオデータより、15000m(49200ft)の噴煙が確認されています。

    提供:ウェザーニュース
     日本では2013年に鹿児島・桜島での噴火で、噴煙が海抜6,000mまで上ったことが目立った高さとして記録されています。
    火山の標高自体が異なるとは言え、日本における近年の噴火と比較するとベズイミアニ山の噴煙高度が、かなりの高さにのぼったことがわかります。
    空の便、アジアー北米間に影響か
     カムチャツカ半島付近は、アジアと北米を航空機が飛び交うエリアです。

     今回の噴火後、20日夜遅くには強い火山灰の噴出活動は低下し、噴煙は山頂から切り離され、北東方面へ。また、15㎞近くまで上がった噴煙は21日8時過ぎには確認できなくなりました。

     ただし、現在もベズイミアニ火山の周辺には約7,600mの高度に噴煙が分布。21日はベーリング海の西~カムチャツカ半島北部~オホーツク海北部で滞留する可能性があり、KVERTによると今後も10kmに及ぶ大規模な噴火の危険性はあるとして、国際線や低空飛行の飛行機に警戒を呼び掛けています。

     火山灰は航空機のエンジンに吸い込まれるとエンジン停止の事故につながったり、窓が擦りガラス状になり視界が利かなくなる恐れがあるため、航空機は火山灰のエリアを避けて飛行する必要があります。流れる噴煙の方向によっては、運航計画に影響を及ぼす可能性があります。

     しばらくは、各エアラインの最新の情報を、随時御確認下さい。

    【【噴火】今年世界最大級 カムチャッカで大噴火 噴煙の高さは一時15kmに 国際線に影響か?】の続きを読む