画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 天災・災害

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    storm-2567670_640

    1:最速ニュース+な 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/17(土) 06:33:56.94 ID:CAP_USER9
     環境省などは16日、地球温暖化による気候変動がもたらす国内の影響についてまとめた報告書を公表した。

     21世紀末の日本の平均気温は20世紀末と比べて最大5・4度上昇。地域によっては熱中症による搬送者数が倍増し、農業や漁業にも様々な影響が出ると予測している。

     報告書の策定は、2013年以来5年ぶり。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が科学的知見をまとめた第5次評価報告書(13~14年に公表)を基に、国立環境研究所などが行った研究結果をまとめた。対策が進まずに温暖化が最も進行した場合、31~50年に関東・北陸以北で搬送される熱中症の患者は、1981~2000年の2倍以上になると予測した。

     米の収穫量は、北日本などで増加が見込まれる一方、関東以西の平野部などでは減少すると予測。ミカンやブドウ、リンゴなど果物の栽培に適した地域も変わっていくとしている。

    (ここまで383文字 / 残り82文字)


    http://sp.yomiuri.co.jp/eco/20180216-OYT1T50080.html

    【【温暖化、寒冷化どっち?】21世紀末の日本の平均気温、5・4度上昇】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    fantasy-2925250_640

    1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/01/30(火) 21:04:45.48 ID:CAP_USER9
    来週 また強烈寒波がやってくる
    2018年1月30日 18時40分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14231543/

    過去最強クラスの寒波の影響で、記録的な寒さに見舞われている日本列島ですが、来週は西から再び強烈な寒気が入ってきそうです。一部、過去最強クラスの予想も。新たに寒さの記録を更新する所が出てくるかもしれません。

    次は西から寒波襲来か
    ここ1週間は過去最強クラスの寒波の影響で、全国的に真冬でもあまりないような厳しい寒さとなりました。記録的な寒さとなった所もあり、水道管が破裂するなどして、生活に大きな影響が出ている所もあります。この強烈な寒さ、まだ終わりが見えません。来週は西から再び強烈な寒気が入ってきそうです。西日本では5日(月)頃に先週の寒気と同じくらいか、さらに強い寒気が入ってくる予想です。寒気の強さはまだ変わる可能性がありますが、一部、過去最強クラスに匹敵する予想もあります。新たに寒さの記録を更新する所が出てくるかもしれません。

    長期間の低温情報発表
    気象庁は30日、「北・東・西日本の長期間の低温に関する全般気象情報」を発表しました。北日本や東日本、西日本では、この先2週間程度も寒気の流れ込みやすい状態が続き、気温がかなり低くなる時期もある見込みです。夜間の強い冷え込みにより、普段、水道の水が凍ることのない地域でも、凍結により水が出なくなったり、水道管が破裂したりする恐れがあります。また、雪雲がかかると、平地でも雪になるエリアが広がり、積雪や路面の凍結などにより交通機関に影響が出ることも考えられます。この先も最新の情報を確認して、強烈な寒さに備えてください。

    【【予報】来週また強烈寒波 [2018年1月30日 18時40分]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    snow-2223187_640

    1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/01/24(水) 01:55:45.45 ID:CAP_USER9
    ◆雪かきで「お湯はダメ」助言が続々 本当?除雪の「プロ」の意外な見解

    2018年1月22日に関東地方で降った大雪を受けて、ツイッター上には「雪国出身」だというユーザー達から、「お湯を使って雪かきをしてはいけない」との注意喚起が続々と寄せられている。
    はたして、雪の多い地域のユーザーによるこうした助言は、今回のような首都圏での積雪にも当てはまるものなのか。
    J-CASTニュースが、雪かきの「プロ」に尋ねると......。

    ■「大惨事に」

    本州の南岸を通過した低気圧の影響で、関東平野部など太平洋側の広い範囲で22日昼ごろから大雪となった。
    東京都心では2014年2月以来約4年ぶりに20センチ以上の積雪を観測。
    列車の遅れや運休が相次ぐなど、交通機関に大きな乱れが出た。

    久しぶりの大雪を受けて、東京都心に住む人からはツイッター上に「雪かきのやり方わかんないw」といった戸惑いの声も出ることに。
    こうした反応を受けてか、北海道や東北地方など降雪地帯の出身だというユーザーからは、
    「雪かきが手間だからってお湯かけちゃダメだよ あしたにはスケート出来るようになっちゃうから」
    「雪かきが辛いからってお湯をかけたりなんかしたら凍って大惨事になるからダメ」
    「雪かきの代わりに水やお湯を撒くと、後でツルッツルに凍ってかえって危険」
    など注意を呼び掛ける投稿が相次いで寄せられた。



    J-CASTニュース 2018/1/23 16:17
    https://www.j-cast.com/2018/01/23319358.html?p=all 
    【【大雪】雪かきで「お湯はダメ」という助言が続々…本当?「除雪のプロの見解」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/01/23(火) 08:44:13.90 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011298361000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

    1月23日 3時49分
    首都高速道路では、大雪の影響で22日夜から各地で通行止めや渋滞が相次いでいます。このうち、中央環状線の地下にある山手トンネルでは、長時間、激しい渋滞が続いたため車を降りて歩いて非常階段を上り地上に出る人たちが相次ぐ事態となりました。

    日本道路交通情報センターによりますと、首都高速道路は多くの区間が通行止めになっているほか、各地で渋滞が起きるなど大雪の影響が続いています。

    このうち、中央環状線の西新宿ジャンクションでは、22日午後7時半ごろ、地下の山手トンネルから4号新宿線に進もうとした車が道路の積雪のため坂を登れなくなり立往生しました。この影響で、中央環状線の外回りは、西新宿ジャンクションから五反田出口付近にかけての山手トンネル内のおよそ7キロの区間で断続的に激しい渋滞が続きました。 
    【【大雪】首都高のトンネルで10時間!「なぜ通行止めにしなかったのか」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/01/22(月) 17:58:27.82 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180122/k10011297601000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    1月22日 17時48分
    東京都内の駅は雪のため早めに帰宅しようとする人たちで通常のラッシュの時間帯の前から混雑し、一部の駅では改札内などへの入場が制限されています。

    都内の駅では午後3時ごろから混雑が始まり、ツイッター上には、東急田園都市線の渋谷駅や、西武池袋線の池袋駅などに人があふれ、改札内やホームへの入場が制限されている様子が相次いで投稿されました。

    このうち京急電鉄の品川駅では、午後4時ごろから改札内への入場が制限され駅の中は多くの乗客であふれていました。

    また駅の前のタクシー乗り場には100メートルほどの列ができていました。

    駅の近くの会社に勤める男性は「雪のため早めに会社を出ましたが、駅が混雑しているので夕食を同僚と食べてから帰ろうと思います」と困惑した表情で話していました。

    【【大雪】駅が大混雑 東京 渋谷駅、池袋駅、品川駅など「明日の朝はカオスか」】の続きを読む