• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:ワールドニュース > 天災・災害

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/18(金) 11:02:03.34 ID:he8Il7/m9
      ◆ 地球の磁場に異変。その原因は不明。

      地球の磁場に原因不明の異変の兆しが現れている。

      地球の磁極は毎年数キロほど”散歩”をするのだが、ここ数年の北極の動きはどんどん不可解なことになってきている。

      最新のレポートによると、どうしたわけか、北極の磁極がカナダからシベリアへと不規則にズレてきているようだという。

      ■ 磁場の異変により地球の磁場マップの改定が迫られる

      研究に携わっているイギリス・英リーズ大学のフィル・リバモア氏は、「磁北極の位置は2つの大きな磁場の区画によって決められているようだ。1つはカナダの地下、もう1つはシベリアの地下にある。この競争にシベリア区画が勝利しつつある」と語る。

      アメリカ海洋大気庁(NOAA)では、5年ごとに地球の磁場マップを世界磁気モデル(World Magnetic Model)で作成している。

      その最新版は2015年作成のもので、次回は2020年を予定していたのだが、最近の薄気味悪い挙動のおかげで、予定よりも早く地図を改定する必要に迫られた。

      その改定版は1月15日に公開されるはずだったが、最近のアメリカの政府閉鎖のせいで延期となり、早くても1月30日とされている。

      2015年に作成された世界磁気モデルによる磁場マップ
      no title


      ■ 複雑で難解を極める磁場パターン

      地球の磁場は核内部で対流する溶鉄によって生じている。

      それは複雑怪奇な様相で、そのために磁場のパターンをモデル化することや予測することは極めて難しい。

      その複雑さに輪をかけるように、2016年には南米で突然の地磁気パルスが生じている。

      最近の不可解な変動はこれに起因するのではと推測されている。

      しかしカナダの地下にある磁場がかくも奇妙な態様で弱まっているように見える理由は、ほとんど分からない。

      ■ 磁場の異変はナビゲーションシステムに影響

      磁場が狂うと我々の生活にも影響を与える。実は磁場はさまざまなナビゲーションに大きく関与している。

      ぱっと思い浮かぶのは磁場の作用によって針を動かす昔ながらのコンパスであるが、最先端のナビゲーションシステムも磁場を利用する。

      現時点での異常は、こうした機器を役立たずにするほどではないが、不測の事態に備えて監視を続ける必要はある。

      ■ 地磁気逆転の前兆なのか?

      なにしろ、とんでもない磁場の変動が起きる可能性は否定できない。

      磁極が文字通り逆転してしまう地磁気逆転という現象は確かにある。

      それが最後に起きたのは78万1000年前のことだが、過去2000万年のスパンでは概ね30万年ごとに起きていると考えれらている。

      この研究レポートは『Nature』に掲載された。

      References:Earth's Magnetic Field Is Up To Some Seriously Weird Stuff And No One Knows Why/ written by hiroching / edited by parumo

      イメージ写真:no title


      カラパイア 2019年01月18日
      http://karapaia.com/archives/52269939.html

      【【地球磁場に原因不明の異変】地磁気逆転の前兆か?】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/18(金) 04:21:05.73 ID:0pF5p2+59
      http://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/902
      東京新聞、こちら原発取材班、2019年01月16日

      各所で厚く堆積するセシウム
      東京電力福島第一原発事故の発生から8年近くとなった。首都圏にも降った放射性セシウムは、湖沼や川にたまり続けている。本紙独自の4回目の調査では、堆積物をほぼ乱すことなく採取できるオーストリア製の柱状採泥器(コアサンプラー)を新たに導入し、茨城県の霞ケ浦や牛久沼、千葉県の手賀沼や印旛沼などを調べた。
      底が砂地の地点では深さ15センチまでしか採取できなかったが、軟らかい泥の地点では30センチ前後まで採取できた。
      同じ湖沼でも、地点によって濃度は大きく異なるが、事故で汚染された層は少なくとも15センチあった。牛久沼、霞ケ浦、手賀沼とも深い層ほど高濃度で、表層に向かって濃度が下がる傾向もあった。ただし、下がり具合はゆっくりで、底の表面が低濃度の層に覆われるのは相当先のことになるとみられる。(山川剛史、小川慎一)

      ※ 汚染状況はリンク内の動画から確認できます

      【【首都圏汚染】水郷 湖沼や川にたまる放射性セシウム 4回目の独自調査【高濃度】 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/26(水) 08:41:04.56 ID:CAP_USER9
      きょうは、全国的に雲が主役の空でしょう。
      日本海側では雨や雪が降り、西日本太平洋側や東海も所により雨が降る見込みです。

      北海道は次第に冬型に気圧配置が強まり、風が強まるでしょう。
      北海道日本海側では、きょう夕方から冬の嵐になるおそれがあります。猛ふぶきや吹きだまりによって視界が悪くなるので、車の運転には十分気をつけてください。

      そして、あすからは年末寒波が日本列島に襲来します。
      30日(日)頃にかけて強い寒気が流れ込み、北陸から北の日本海側を中心に猛ふぶきや大雪など、大荒れの天気になりそうです。
      西日本太平洋側や東海は山沿いを中心に大雪となり、平地でも雪が積もるおそれがあります。
      早めの備えをしましょう。

      http://news.livedoor.com/article/detail/15792637/
      2018年12月26日 7時55分 ウェザーマップ

      no title

      【【あすから年末寒波襲来】太平洋側でも積雪に】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/12/24(月) 06:32:26.81 ID:CAP_USER9
      2018年12月23日19:52
      北海道付近は明日(24日)にかけて次第に冬型の気圧配置が強まるため、日本海側で荒れた天気となる所があり、注意が必要です。
      しかし、それ以上に気にしておいた方が良いのは年末寒波。年末28日から29日頃には12月としては過去最大級の寒波が流れ込み、雪や風もかなり強まる恐れがあります。
      帰省の足に影響が出る可能性も高く、早めの備えや対策、対応が必要です。

      今夜は北海道付近を気圧の谷が通過し、一時的に雪の降り方が強まる地域が多くなりそうです。
      明日は冬型の気圧配置に変わり、上空にも強い寒気が入ります。沿岸を中心に風が強まり、ふぶいて見通しが悪くなることもあるため、車での移動などには十分な注意が必要です。
      風が強いと吹きだまりが発生する恐れもあり、局地的には積雪が増えていることが考えられます。道路の状況などもしっかりと確認しながらの移動を心がけてください。
      また、寒気の影響で日中以降の気温が低く経過するため、凍結路面によるスリップ事故にも十分注意してください。

      28日から29日頃には札幌上空約5300メートル付近に、約-45度という非常に強い寒気が流れ込む見通しとなっています。
      札幌の観測で上空約5300メートル付近の気温が、12月に-45度を下回った年は1957年の統計開始から6年しかありません。
      午後9時の観測では、統計史上1位の記録が1984年12月24日に記録した-45.8度となっており、今回流れ込む寒気は過去最大級のものと言えます。

      上空の寒気が強いと、背の高い雪雲が発達しやすく、大雪をもたらすケースが多くなります。
      12月としては最も強い寒気が入った1984年の12月24日には、後志地方の共和で34センチ、翌25日も大雪が続いて38センチの降雪となり、2日間で72センチの雪となりました。
      今回の寒波も同じように大雪をもたらす恐れがあるため、交通機関への影響も含めて十分な注意が必要です。年末年始に向けた買い出しなども早めに済ませた方が良いかもしれません。

      また、28日から29日頃には北海道の西で低気圧が発達するため、冬型の気圧配置が強まります。各地で風もかなり強まる恐れがあり、明日よりもふぶきの規模が大きくなることも十分に考えられます。
      大雪によるものだけではなく、沿岸を中心に猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害も発生する恐れがあるため、より影響が大きくなりそうです。

      全文
      https://tenki.jp/amp/forecaster/okamoto/2018/12/23/3077.html
      no title

      no title

      【【過去最大級】年末に過去最大級の寒波到来か】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な チンしたモヤシ ★ 2018/12/23(日) 08:24:34.44 ID:CAP_USER9
      NHK

      【【速報】スマトラ島とジャワ島の海峡で津波 20人死亡 インドネシア防災当局(08:22) 】の続きを読む