画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    カテゴリ: 天災・災害

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/04/22(日) 23:20:00.32 ID:CAP_USER9
    ◆太陽でスーパーフレアの恐れ 社会生活への打撃に専門家が警鐘

     太陽で「スーパーフレア」と呼ばれる巨大爆発が起きる恐れがあることが、近年の研究で分かってきた。

     発生すれば世界規模で停電が起きるなど、社会生活に大きな打撃を与えるのは間違いない。切迫度は不明だが、専門家は警鐘を鳴らし始めた。(草下健夫)


    解説図:no title

    ソース全文はこちらで
    ライブドアニュース(産経新聞) 2018年4月22日 10時6分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14613637/

    【【太陽でスーパーフレアの恐れ】社会生活への打撃に専門家が警鐘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    radioactive-2056863_640

    1:最速ニュース+な 水星虫 ★ 2018/04/16(月) 13:04:30.72 ID:CAP_USER9
    放射線量調査へ 建屋の壁に穴

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180415/6050000764.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    東京電力福島第一原子力発電所2号機の使用済み燃料プールに残された核燃料の取り出しに向け、
    東京電力は、燃料プールの真上に位置するフロアの放射線量を調べるため、
    建屋の壁に穴を開ける作業を16日に始めます。

    続きはソースで

    【【福一原発二号機】燃料プール真上フロアの放射線量測定のため建屋の壁に穴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    earth-1617121_640

    1:最速ニュース+な アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/03/04(日) 23:31:14.57 ID:CAP_USER9
    地球の磁気はここ数十年で急激に弱まっていることが、科学者らによって確認されている。ここから予測されるのは、北と南の磁極が入れ替わる「磁極の逆転(ポールシフト)」が近い将来に起こる可能性だ。




    ソース全文はこちらで
    https://forbesjapan.com/articles/detail/20001

    【【ポールシフト】人類を襲う「地磁気の逆転」の恐怖「その時期を科学者が調査」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な Scott ★ 2018/03/05(月) 11:02:50.40 ID:CAP_USER9
    no title


    「たまっている水の中に生物の姿が見える」原子炉内の映像を見た専門家はそう言った。

    フクイチに新たなる事態が発生。その真実に迫った!

    * * *

    「なんだ、あのマリモみたいなものは?」「大至急、あの水を調べさせてほしい!」

    東京工業大学地球生命研究所特命教授の丸山茂徳氏は、フクイチ(東京電力福島第一原子力発電所)の原子炉格納容器内の映像を見てそう叫んだという。


    ソース全文はこちらで
    http://wpb.shueisha.co.jp/2018/03/05/100773/

    【【放射線耐性生物】「原子炉内に生物!」フクイチ内の高線量で多重多様な生命体】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    storm-2567670_640

    1:最速ニュース+な 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/17(土) 06:33:56.94 ID:CAP_USER9
     環境省などは16日、地球温暖化による気候変動がもたらす国内の影響についてまとめた報告書を公表した。

     21世紀末の日本の平均気温は20世紀末と比べて最大5・4度上昇。地域によっては熱中症による搬送者数が倍増し、農業や漁業にも様々な影響が出ると予測している。

     報告書の策定は、2013年以来5年ぶり。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が科学的知見をまとめた第5次評価報告書(13~14年に公表)を基に、国立環境研究所などが行った研究結果をまとめた。対策が進まずに温暖化が最も進行した場合、31~50年に関東・北陸以北で搬送される熱中症の患者は、1981~2000年の2倍以上になると予測した。

     米の収穫量は、北日本などで増加が見込まれる一方、関東以西の平野部などでは減少すると予測。ミカンやブドウ、リンゴなど果物の栽培に適した地域も変わっていくとしている。

    (ここまで383文字 / 残り82文字)


    http://sp.yomiuri.co.jp/eco/20180216-OYT1T50080.html

    【【温暖化、寒冷化どっち?】21世紀末の日本の平均気温、5・4度上昇】の続きを読む