• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 戦争・テロ・紛争

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/09/13(木) 06:23:58.71 ID:CAP_USER9
      NHK
      ソースはあとで

      【【速報】成田空港A滑走路 閉鎖 “不発弾のようなもの”確認中(06:22) 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      landing-craft-537000_640

      1:最速ニュース+な すらいむ ★ 2018/08/22(水) 12:11:34.70 ID:CAP_USER9
      95歳の元ナチス守衛送還=ドイツが身柄引き受け-米

       【ワシントン時事】米政府は21日、第2次世界大戦中にナチス・ドイツ占領下のポーランドでユダヤ人強制収容所の守衛を務めた米在住の男性(95)について、ドイツに身柄を引き渡したと発表した。
       米政府は2004年に男性の国外追放を決めたが、送還をめぐる交渉が難航。
       最終的にドイツが身柄引き受けに同意したという。

       
      ソース全文はこちらで
      時事通信
      https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082200252

      【【米国】95歳の元ナチス守衛送還、ドイツが身柄引き受け【SSの嵐】 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      rabaul-2267366_640

      1:最速ニュース+な 樽悶 ★ 2018/08/19(日) 20:15:54.99 ID:CAP_USER9
       太平洋戦争で、連合国側から名将として評価される数少ない旧日本陸軍将官の一人に、今村均大将がいる。その没後50年の今年、桐生市の著述家、岡田幸夫さん(71)が、今村の功績のひとつ「ラバウル防衛戦」の様子を一冊の本にまとめた。戦争の記憶が薄れつつある中、岡田さんは「混乱の中、日本軍にも時勢に流されない正義感と先見の明を持った人物がいたことを知ってほしい」と話す。

       
      ソース全文はこちらで
      毎日新聞 2018年8月19日
      https://mainichi.jp/articles/20180819/ddl/k10/040/099000c?inb=ra

      【【名将今村均陸軍大将】兵第一食糧確保に力 桐生の著述家 「ラバウル防衛戦」の様子を一冊にまとめ出版】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ごまカンパチ ★ 2018/08/20(月) 04:54:53.61 ID:CAP_USER9
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00546855-shincho-int
      ■大日本帝国を懐かしむ人たち

      毎年8月になると戦争関連の書籍、報道、番組、記事が増える。基本的に全面的に肯定する人はいないものの、
      先の戦争の評価は人それぞれである。「日本のやったことはすべて悪い」という立場もあれば、「仕方が無かった面もある」
      「良かった点もある」という立場もある。前者は後者を「歴史修正主義」などと批判し、後者は前者を「自虐史観」と批判する。
      これもまた毎年のように繰り返される光景だ。

      続きはソースで

      【【日本】「大日本帝国時代は本当にいい時代だった」パラオの人はなぜ今も親日なのか 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な WATeR ★ 2018/08/19(日) 04:45:42.55 ID:CAP_USER9
       太平洋戦争前夜に発覚した、20世紀最大の国際スパイ事件「ゾルゲ事件」を巡り、当時の司法省などが報道を厳しく規制した「新聞記事掲載要領」や、関係各省と発表の文言・公開範囲を折衝していた内部文書が見つかった。
      ソ連のスパイ網が国家の中枢にまで伸びていたことが判明する中、各省が都合の悪い表現を削除し、また事件の重大性の矮小(わいしょう)化を図るなど、政府の思惑や、対メディア戦略が記されている。
      ゾルゲ事件の1次資料を集めた「現代史資料」(みすず書房)に未掲載のものも含まれる一級資料だ。

       

      「ゾルゲ事件」を報道する新聞への細かな指示が記された「新聞記事掲載要領」(国立国会図書館所蔵)=東京都千代田区で、根岸基弘撮影
      no title


      ゾルゲ=太田耐造関係文書より(国立国会図書館所蔵=東京都千代田区で、根岸基弘撮影
      no title



      ゾルゲ事件を報じた、1942年5月17日付東京日日新聞2面。4段組み、写真を掲載しないなど政府の指示通りの扱いとなっている
      no title


      続きはリンク先で
      https://mainichi.jp/articles/20180818/k00/00m/040/195000c
      2018年8月18日 06時00分(最終更新 8月18日 08時25分)

      【【国際スパイ】ゾルゲ事件で新聞統制 旧司法省幹部手控え発見【内部文書】】の続きを読む