• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:国内ニュース > 外交・安全保障

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/02/08(金) 17:04:17.91 ID:A78u/2yb9
       安倍晋三首相は衆院予算委員会で、北方領土を巡るロシアとの交渉について4島返還から後退したのかとの指摘に「いかに静かな交渉ができるかにかかっている。批判を甘受しても交渉を進める努力を重ねたい」と述べた。

      2019/2/8 16:532/8 16:57updated
      共同通信
      https://this.kiji.is/466512604832351329

      【【安倍首相】北方領土を巡るロシアとの交渉「批判甘受しても進める」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/02/05(火) 11:02:41.50 ID:nzjEgwkX9
       安倍晋三首相は4日、ドイツのメルケル首相と官邸で会談し、安全保障分野での協力推進のため、両国の機密情報の交換を可能とする「情報保護協定」を締結することで大筋合意した。米中貿易摩擦や保護主義の台頭を念頭に自由貿易の重要性を確認したほか、6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を見据えた協力強化でも一致した。

      続きはソースで

      2019.2.4 22:10
      https://www.sankei.com/politics/news/190204/plt1902040042-n1.html

      【【日独首脳会談】“親中”メルケル氏が中国を牽制】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/29(火) 23:54:11.17 ID:pfWRUl4H9
      安倍晋三首相とプーチン露大統領の22日の会談を受け、29日に開かれた自民党外交部会・外交調査会合同会議で政府の交渉姿勢に対する懸念の声が相次いだ。日露交渉では北方領土を巡る歴史認識の相違が表面化。会議では「交渉をいったん打ち切るべきだ」と強硬論も出るなど、交渉を急ぐ首相への異論が浮き彫りになった。

      以下ソース先で

      1/29(火) 22:32
      毎日新聞
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000057-mai-pol
      no title

      【【北方領土】日露交渉、自民外交部会で打ち切り論「いったん交渉から撤退すべき」 急ぐ安倍首相への異論が浮き彫りに 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/27(日) 20:45:58.99 ID:eFKhsDFK9
      菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で、
      ドイツのメルケル首相が2月4~5日の日程で公式実務訪問賓客として来日すると発表した。

      滞在中、天皇、皇后両陛下と会見するほか、安倍晋三首相と会談する。メルケル氏来日は首相として5回目。

       菅氏は「(メルケル氏の)訪日を通じ、日独両国がルールに基づく国際秩序と繁栄に積極的に貢献する。
      両国の協力と親善関係が一段と深まることを期待する」と述べた。

      https://www.sankei.com/world/news/190125/wor1901250021-n1.html

      【【菅官房長官】メルケル独首相来日を発表】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/23(水) 11:36:50.24 ID:v7FrYoWe9
      解説 専門記者・藤田直央

       平和条約締結交渉の行方が注目された、安倍晋三首相とプーチン大統領との25回目の日ロ首脳会談。終了後にあった日本時間23日未明の共同記者発表は、まず経済関係の発展をと訴えるプーチン氏のペースだった。安倍首相は、6月末に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議での首脳会談で決着を目指していたが、交渉の先行きには暗雲が漂う。

       「相互に受け入れ可能な解決策を目指す」。モスクワ・クレムリンでの共同記者発表で、北方領土問題の決着が前提となる平和条約締結について両首脳は言葉をそろえた。だが、戦後70年以上も北方領土を実効支配するロシアの優位が、双方の発言に露骨に表れた。

       ホストとして先に発言したプーチン氏は、平和条約締結には「全面的な関係の発展が必要」と強調。その肝として「経済・貿易で日ロ関係は順調に発展しつつある」と述べた上で、「今後数年間で1・5倍、300億ドルの貿易高を目指そうと合意した」と語った。

       一方の安倍首相。最近の文化や…残り:1575文字/全文:1998文字

      2019年1月23日06時54分
      朝日新聞デジタル
      https://www.asahi.com/articles/ASM1R050NM1QUTFK026.html
      no title

      【【日ロ首脳会談】「北方領土」を口にしない安倍首相、ロシアの優位あらわに 】の続きを読む