• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 北朝鮮

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      north-korea-2662076_640

      1:
      http://www.asahi.com/articles/ASKDK3RBKKDKUHBI00N.html

       オーストラリア連邦警察は17日、国連や豪政府の制裁で禁じられている北朝鮮からのミサイル部品や石炭の輸出取引を仲介したとして、シドニー在住の韓国系豪州人の男(59)を16日に逮捕したと発表した。密輸はいずれも失敗したが、警察は男が北朝鮮の工作員だったとみている。

       警察の発表によると、男は、北朝鮮が持つ弾道ミサイルの誘導システムに関するソフトウェアや関連技術の輸出と、北朝鮮産石炭のインドネシアとベトナムへの輸出の二つの取引に関わっていた疑いがある。取引が成功すれば、「数千万豪ドル(数十億円)」の収入を北朝鮮にもたらした可能性があるとみている。

       警察は、ミサイル部品を売ろうとしていたとみられる相手について、「国際的な組織」とのみ説明。石炭の取引にはインドネシア、ベトナム両国政府の役人は関与していないとした。

       捜査は、今年初めに外国の捜査機関から情報提供を受けて始まったという。男は豪州に30年ほど在住。北朝鮮からの様々な輸出を促進し、北朝鮮政府に外貨収入をもたらす役割を担っていたとみられる。押収した資料から、工作員としての活動が2008年ごろまでさかのぼる可能性があるとしている。(シドニー=小暮哲夫)

      【【国際】北朝鮮からミサイル部品密輸を仲介容疑 豪警察が韓国系の男逮捕...北の工作員か】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:
      政府が北朝鮮有事を想定し、陸上自衛隊のCH47大型ヘリコプターを投入して
      長崎県・対馬と韓国・釜山の間で在韓邦人の退避を行う計画を作成していたことが16日、分かった。

      空自と海自の航空機と艦船も投入する計画で、陸海空3自衛隊による統合任務として非戦闘員退避活動(NEO)を実施する。
      複数の政府関係者が明らかにした。

      対馬と釜山の距離は約50キロ。CH47の航続距離は約1千キロで、給油なしで邦人らをピストン輸送することが可能だ。
      1機あたり約50人を運ぶことができる。

      防衛省関係者によると、陸自が保有する57機のうち、30機程度を邦人退避に投入する計画という。
      このほか、UH60中型ヘリの活用も検討している。

      政府は自衛隊に邦人退避の任務を付与する際、空自の航空支援集団司令官をトップとする統合任務部隊(JTF)を編成する方針だ。
      陸海空のヘリや航空機、艦艇を一元的に指揮することを想定している。

      NEOに関し、政府は1994年の朝鮮半島危機を受けて計画作成に着手した。
      韓国国内の港湾施設5カ所や空港・空軍基地から輸送する計画だ。

      それによると、朝鮮半島の緊張が高まった段階で渡航自粛や民間機での退避を促す。
      有事が発生すれば韓国国内のシェルターに一時避難した上で、米軍などがあらかじめ指定している場所に集まる。

      そこから空港・空軍基地や港湾施設に移動し、陸自のCH47のほか空自のC130輸送機、
      海自の「おおすみ」型輸送艦などで日本へ移送することを想定している。

      在韓邦人は、観光客も含めると約5万7千人いる。
      自衛隊内では「海空自衛隊の輸送能力を超えている」(空自幹部)との声もあり、陸自ヘリの活用も必要だと判断した。
      http://www.sankei.com/politics/news/171217/plt1712170005-n1.html 
      【【北朝鮮有事】 在韓邦人退避に陸自ヘリ投入 一度に50人ずつ運ぶらしい・・・】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:
      盗んだ島の備品「山分けするつもりだった」 北海道松前小島上陸 逮捕の北朝鮮船員が説明

      日本の排他的経済水域内の海図も発見
       北海道松前町の無人島・松前小島の漁業施設から発電機を盗んだとして、北朝鮮の木造船の船長と船員の男計3人が逮捕された事件で、一部の船員が「(施設から)持ち出したものをみんなで山分けするつもりだった」との趣旨の説明をしていたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。施設からは家電などがなくなっており、道警は3人以外の船員からも任意で事情を聴いている。

      ソース全文はこちらで

      【【北朝鮮】「山分けするつもりだった」北海道松前小島上陸した北朝鮮船員が説明】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:
      日本海の排他的経済水域(EEZ)にある好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺での北朝鮮漁船による違法操業問題で、海上保安庁は15日、現場海域で9月以降に延べ1100隻の北朝鮮船に警告し、EEZ外に排除したと発表した。11月下旬以降、北朝鮮船はほとんど確認されなくなり、日本漁船が操業を再開した。

      2017.12.15 16:50更新
      産経ニュース
      http://www.sankei.com/affairs/news/171215/afr1712150040-n1.html

      【【EEZ】大和堆で北朝鮮漁船1100隻を排除 海上保安庁】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:
      米誌フォーリン・ポリシー(電子版)は13日、北朝鮮の当局者が、核実験やミサイル発射を60日間停止すれば
      米国との直接対話の道が開けるとの「約束」を、米国が破ったと不満を訴えていると報じた。

      元職を含む複数の米政府当局者の話として伝えた。

      ティラーソン米国務長官は12日、「前提条件なしで会う用意がある」と述べたが、
      北朝鮮側は対話への関心を失っているという。

      同誌によると、実験の60日間の一時停止は米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮政策特別代表が今秋、提案した。
      米国との直接対話の状況を作り出せると北朝鮮側に示唆したという。この提案は先月、米紙ワシントン・ポストも報じていた。
      http://www.asahi.com/articles/ASKDG643KKDGUHBI04L.html

      【【北朝鮮】「北朝鮮当局者が対話に持ち込めず不満を訴えていると米誌が報じた」】の続きを読む