• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:海外ニュース > 北朝鮮

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2019/01/05(土) 04:28:40.53 ID:CAP_USER9
      2019年1月4日 20時1分
      朝鮮日報

       北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の発言や周辺の状況などを人工知能(AI)を使って分析したところ、北朝鮮は「核・経済並進路線」を放棄しておらず、2020年に核保有国になることを目指しているとの結果が出た。

       壇国大学政策科学研究所と社団法人サンド研究所、世宗経営諮問研究チームが先日「テキストマイニング技法」と「システムダイナミクス理論」によって金正恩氏の「核戦略」を共同で分析した。テキストマイニングとはAIを使ってビッグデータからキーワードとなる言葉の頻度や意味などを分析する技法で、2016年に米国の大統領選挙でトランプ大統領の当選を予測したことでも知られる。システムダイナミクスは複数の事象間の動態的な関係を把握し、それを視覚化する理論だ。

       金正恩氏による2013年3月の「核・経済並進路線」の演説文、16年5月の「朝鮮労働党第7次大会報告書」、そして昨年4月の朝鮮労働党全体会議で発表された新たな「経済発展路線」などを研究チームが分析したところ「金正恩氏は非核化の意志が非常に弱い」との結果が出た。たとえば核関連の発言で「核開発の意志」を示す「核武力」「核兵器」などの言葉はその使用頻度が「非核化関連の用語」よりも非常に多かったという。

       さらに「戦略的地位」「核軍縮」など「核保有」と関連した重要キーワードの文脈とその意味を分析したところ、金正恩氏が昨年4月の朝鮮労働党全体会議で宣布した「核・経済並進路線勝利」と「経済建設総路線戦略」は「核保有国の地位で経済強国という目標を達成すること」がその意図であるとされた。金正恩氏は「核を放棄しそれを経済と引き替えにする考えは持っていない」ということだ。研究チームは「北朝鮮は核・経済並進路線を放棄しておらず、この並進路線の最終目標は2020年に核保有国として経済強国になる『戦略国家の地位』を得ること」と分析している。

       テキストマイニングの専門家として知られる世宗経営諮問のキム・ギュイル氏は「金正恩氏の発言を分析すると核保有国で使われる表現が多いが、それは核の放棄ではなく核軍縮が目標のようだ」との見方を示した。サンド研究所のチェ・ギョンヒ氏は「時間が過ぎるほど北朝鮮は内部の結束と体制維持の手段として核をさらに利用するだろう」「核開発は金正恩氏の地位を支えると同時に、権威体制の強化にも大きく寄与してきた」とコメントした。

      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15829215/

      【【金正恩氏の最終目標】人工知能で分析 →2020年に核保有国を目指す】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な チンしたモヤシ ★ 2019/01/01(火) 16:13:21.18 ID:CAP_USER9
      正恩氏、米が制裁維持なら「新しい道」 トランプ氏とはいつでも会うとも
      AFP= 2019年1月1日 11:26 発信地:ソウル/韓国 [ 韓国 米国 北米 韓国・北朝鮮 ]
      http://www.afpbb.com/articles/-/3204726

      韓国ソウルの鉄道駅のテレビに流れた、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュース映像(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      韓国ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュースを見る人たち(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      韓国ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュースを見る男性(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      韓国ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュースを見る人たち(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      北朝鮮で開催された農業に関するイベントに出席した金正恩・朝鮮労働党委員長(中央)。朝鮮中央通信提供(2018年12月29日公開)。(c)AFP PHOTO/KCNA VIA KNS
      no title

      ドナルド・トランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長。シンガポールで(2018年6月12日撮影)。(c)SAUL LOEB / AFP
      no title


      【1月1日 AFP】(更新、写真追加)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長は1日の新年の辞で、米国が北朝鮮に対する制裁を維持するなら「新しい道を模索せざるを得なくなる」とけん制した。一方で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領とはいつでも会う用意があると表明した。

       正恩氏は国営テレビで放送された新年の辞の演説で「米国が全世界の前で約束したことを守らず(中略)わが国に対する制裁や圧力にこだわり続けるのであれば」「わが国の主権と利益を守るために、われわれは新しい道を模索せざるを得なくなるかもしれない」と述べた。

       昨年6月にシンガポールで行った米朝首脳会談にも言及し、トランプ氏と「実りのある話し合い」を行い、建設的な意見を交換したと振り返った。

       その上で「米大統領とは今後いつでも同席する用意があり、国際社会に歓迎されるような成果を出すために全力を尽くす」と表明した。

       一方、首脳会談以後ほぼ停止されている米韓合同軍事演習について、「緊張の元」になっているとして米韓に実施しないよう要求。「外部勢力の戦略兵器を含め、戦争関係の装備は持ち込まれるべきではない」と訴えた。(c)AFP

      関連
      北朝鮮 「2019年、金正恩、新年の辞 (2019? ??? ???)」 KCTV 2019/01/01日本語字幕は追って(再生時間39:15)
      https://youtu.be/e_j6Md0FTIo




      【【核問題】正恩氏、米が制裁維持なら「新しい道」 トランプ氏とはいつでも会うとも 「2019年、金正恩、新年の辞」(動画) 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 動物園 ★ 2019/01/01(火) 11:18:41.49 ID:CAP_USER9
      1/1(火) 9:50配信

      共同通信

       【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は1日の新年の辞で、
      朝鮮半島非核化は自らの確固たる意思だと強調し「これ以上、核兵器をつくらず使わない」と述べた。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000044-kyodonews-int

      【【金正恩】「これ以上、核兵器をつくらず使わない」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/12/27(木) 12:51:21.79 ID:CAP_USER9
      2018年12月27日 11時30分
      北朝鮮に抑留されて17カ月後に死亡した23歳の米国人青年がペンチと電気ショックなどによる拷問を受けたと外信が伝えた。

      米国の裁判所はオットー・ワームビア氏の死に対する責任を問い北朝鮮当局に5億ドルの賠償金判決を下し、判決とともに公開された意見書にも関心が集まっている。裁判所は意見書を通じ北朝鮮当局がワームビア氏に「ペンチ」と「電気ショック」を使った拷問を加えたと明らかにした。

      ワームビア氏の裁判を担当したベリル・ハウウェル判事が裁判過程に対する意見書を公開したと米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)が27日に明らかにした。ワシントンDC連邦裁判所のハウウェルは、北朝鮮がワームビア氏にペンチと電気ショックなどで拷問を加えたという専門家の陳述を認めた。

      ワームビア氏の主治医だったダニエル・カンター博士は10月に裁判所に提出した書面陳述書を通じ、「ワームビア氏の死因は脳への血液供給が5~20分間中断されたか大幅に減ったため」と明らかにした。北朝鮮側はワームビア氏の死が食中毒の一種であるボツリヌス菌のためだと主張しているが、カンター博士は「ボツリヌス菌の症状は見つからなかった」と話した。

      ハウウェル判事はまた、足に大きな傷があるという点と歯の位置が変わったという主治医の陳述書を引用し、「ワームビア氏の足に電気ショックが加えられたり、歯の位置を変えるためにペンチを使ったという証拠を裏付けている」とした。

      ハウウェル判事は「専門家(主治医)が下した結論は、北朝鮮が故意にワームビア氏の死を招いたとする上で必須の証拠以上。これは全体主義国(北朝鮮)がワームビア氏を残忍に扱ったという事実を示す」と指摘した。

      ワームビア氏は2016年1月に観光のために訪れた北朝鮮で宣伝物を盗もうとした容疑で逮捕され、同年3月に15年の労働教化刑を宣告された。彼は北朝鮮に17カ月間抑留され、2017年6月に意識不明状態で解放されたが、帰国して6日後に死亡した。

      ハウウェル判事は最終判決文を通じ、北朝鮮の責任を認め5億113万4638ドル(約554億円)を北朝鮮が賠償するよう判決した。

      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15798438/
      no title

      【【米裁判所】「北朝鮮、ワームビア氏にペンチで歯を抜き電気拷問」北朝鮮「死因は食中毒」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/12/25(火) 05:13:01.79 ID:CAP_USER9
      https://this.kiji.is/450027731839927393?c=39550187727945729

      北朝鮮で拘束され帰国直後に死亡した米国人大学生オットー・ワームビア氏の遺族が
      北朝鮮政府に賠償を求めた訴訟で、米首都ワシントンの連邦地裁は24日、北朝鮮に
      5億100万ドル(約550億円)の支払いを命じた。米メディアが報じた。

      北朝鮮で拘束中に昏睡状態に陥ったワームビア氏は2017年6月に帰国直後に死亡した。
      両親は今年4月「息子は北朝鮮の金正恩政権による容赦ない拷問を受け殺害された」として、
      北朝鮮に10億ドルの賠償を求めて提訴した。

      【【米国】米地裁、北朝鮮政府に5百億円の損害賠償命令。米国人大学生死亡で】の続きを読む