1:
JBpress 2017.12.11(月)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51767
米ニューヨークの自由の女神の近くを飛ぶドローン(2016年8月5日撮影、資料写真)。
no title


 クラウゼヴィッツや孫子をはじめとする戦略思想家たちによってしばしば指摘されるのが、「戦争(War)に勝つこと」と「戦い(Battle)に勝つこと」は全くの別物であるという戦争の原則である。これはベトナム戦争やイラク戦争を見ても明らかだ。

 この点に関して、米海軍協会の機関紙「プロシーディングス」11月号は、旧大日本帝国海軍の失敗を例に出して「『戦い』に勝つことへの執着が敗北を招きかねない」と警鐘を鳴らす論文を掲載した。

 この内容は、現在の我が国が陥りかねない点を示唆していると言える。今回はその内容を紹介しつつ、我が国にとっての意義と教訓を論じてみたい。

「戦争」に勝つための準備をしなかった帝国海軍

 この「戦いのための準備は戦争のためではない」と題する論文を書いたのは、元米海軍大佐のリントン・ウェルズ2世である。

 ウェルズ氏は、ブッシュ政権時代に国防総省の最高情報責任者や国防次官補代理を務めた。1980年代には日本の防衛庁防衛研究所に派遣されたことがあり、日本とも縁の深い人物である。この11月にもサイバーセキュリティの専門家として訪日し、講演している。

 彼の論文の概要は以下のとおりである。

 真珠湾攻撃を果たした機動部隊は、当時世界で唯一無二の存在であり、当時の日本の艦隊全体が洗練された作戦概念・戦術・技術開発・装備調達・現実的で厳しい訓練といったもろもろの長期的かつ体系的な統合の成果であった。

 旧大日本帝国海軍のこうした優秀な戦力は、日清戦争の教訓をもとに、1902年に策定され、日露戦争後に対米戦を見据えて数回改訂されてきた「漸減邀撃(ぜんげんようげき)」ドクトリンにあった。帝国海軍は、このドクトリンに基づき、長距離攻撃能力(夜間航空魚雷攻撃技術の完成、重巡洋艦の量産、高速戦艦による夜戦、海軍航空隊の育成、最終段階で迎撃する強力な戦艦の建造)の育成に力を入れ、彼らの戦術と編成と訓練はこれに沿ったものであった。

 太平洋戦争の開戦から2年間、帝国海軍と連合国海軍は21回の矛を交えたが、日本は10勝7敗4引き分けであった。その結果はそれまでのアプローチの正しさを証明するかのように見えた。

 しかし、2年も経たないうちに、帝国海軍は効果的な戦闘力を発揮できない存在になってしまった。それには、戦術的な原因と戦略的な原因がある。

 戦術的には以下の原因が挙げられる。

(1)日本の産業基盤は総動員体制が未熟であった。
(2)帝国海軍は、兵站・情報・対潜作戦などの分野を軽視していた。
(3)補充要員の訓練計画が不十分だった。
(4)艦隊決戦重視の思考に拘泥していたため、漸減邀撃の艦隊決戦が実現しなかったとき代替案に移れなかった。

 戦略的な原因としては、日本政府および帝国海軍が、広範な地域における全面戦争ではなく、一部の地域における限定戦争を計画していたからである。誤った戦術は回復することが可能だが、誤った戦略は挽回することができないことの典型例といえよう。

 要するに、1941年の帝国海軍は、予想される「戦い」に勝利するために準備されていたが、「戦争」に勝つために準備されたものではなかった。

続きは>>2

54:
>>1
マレー沖海戦で大艦巨砲主義に引導を渡したのは日本だったのに
大艦巨砲主義に執着したのも日本だったとは何たる皮肉。

105:
>>1
海軍とか戦略がどうといったレベルではなく、さらに上の政治レベルで負けてたんだから軍隊だけが勝てるはずがないわな。
三国同盟とか頭がいかれてるとしか思えない。

172:
>>1
んーなんだろ。過剰に帝都攻撃を恐れて無駄な小島に戦力を分散した事と、舐めプが多かったんじゃない?末端兵士は一級、最上層部はイマイチって印象かな。

293:
>>1
外交に失敗した時点で戦略でどうしろと・・・・

306:
>>1
ベトナムで米国が敗北したって前提が誤ってる記事だね

旧ソ連が崩壊して、ベトナムはドイモイで米国経済圏に取り込まれた
それこそ戦いには負けたけど、戦争には勝ったのがアメリカなんだけどね

324:
>>1
こんな長々と書かずとも「山本五十六は馬鹿」で済むだろ

334:
>>324
五十六さんは馬鹿じゃない。
ただ、全軍でハワイを占領すれば良かった。

インド艦隊は陸攻で防ぐ気だったんだろうし。

347:
>>334
いや、残念だがとても名将とはいえない
真珠湾占領したら、それを維持するためにどれほど補給と戦力維持にに負担を掛けるやら
そしてどれほどアメリカを本気にさせて物量攻勢を早められるやら

358:
>>347
そうか?トラックから補給路はあるしな。
零戦と一式陸攻大量配備しとけば、ある程度は抑えられる。

アメリカもハワイ取られたら、取り返すのはキツイ。

369:
>>358
問題なのは本国にどれだけ経済産業力に余裕があるかだよ
アメリカ領土を攻撃せず、進撃もせず、ただ東南アジアで権益を確保する戦いを日本が行っているのと、アメリカへ進撃し攻撃し、ましてや領土を占領したときと、どちらが本気で戦時体制へ移行すると思う?
とにかくアメリカの有り余る生産力を対日戦争に極力向けさせないことが第一だったはずなんだよ本来は
だからこそ真珠湾攻撃を行ったこと自体が戦略的敗北を意味してるんだ

328:
>>1
帝国海軍は何をしたかったのか意味不明
あっちこっちに戦線拡大して自分で自分の首締めて終了

339:
>>328
資源獲得と防衛線構築。 

376:
>>339
確かに資源獲得と防衛線はわかるでも何しにハワイに行ったのか?
ミッドウェー攻略は何の為なのか?北から南まで太平洋の半分以上を攻略なんて軍部も無理って知ってたはず

379:
>>376
空母機動隊による空襲を恐れて
初戦に叩こうと思ったら空母に
逃げられてミッドウェーに
繋がった

380:
>>376
ハワイを落とせば米海軍は西岸まで引くことになるから日本が有利になる
当時としては唯一の勝利のための計画だよ
反攻が難しくなるから

太平洋は西と東とでは状況が違うからね

389:
>>380
それで真珠湾の貯油タンク群と艦船修理施設を空爆しない謎

392:
>>380
違うよ それはあくまでも海軍が考えた唯一のプラン
陸軍のそれとは全然違うし、結果からしても陸軍の予測した通り最悪の結果を招いたのが真珠湾攻撃だわ

411:
>>392
いや、それ以外に勝てるプランはあり得ないよ
持久戦なんて、アホの戦法
絶対に負ける
物量差は時間が経てば大きくなる
負けの可能性はあるとしてもハワイ方面から行くしかなかった

そもそも、陸軍は関係ないし

416:
>>411
その持久戦をがちのアメリカとやるはめになるからこそ真珠湾攻撃なんかやめろって話しだったんだがね

423:
>>416
いや、理屈が逆
真珠湾から上手くやれば敵を引かせる事が出来るかもと思ったんだよ
可能性はあったと思うよ
実際、ハワイ上陸のための連帯を二個作って訓練してたからその気だった
これは資料がのこってるからね
自分もコピーは取ってある
ネット上には無いかとは思うが

430:
>>423
その作戦にアメリカを屈服させるような効力はないよ
それが成功したらアメリカが対日戦争を放棄したと思う?
退かせたところで再び大攻勢掛けられるに決まってるでしょ そしてそれは持久戦のスタートじゃないのかい?
その作戦のために日本はお金まで作ってはいたけど、その真珠湾を維持し続けるための戦力や補給を維持し続けて、メリットはそれに見合ったものになるかい?

445:
>>430
食料、燃料がない国が戦争すると負ける。ソ連崩壊も、食料の国民配給性。冷たい戦争は崩壊する。経済絡みで米中は、暖かい戦争だな。

461:
>>445
ただ、その資源を握られた国と握ってる国では、戦争をしなければならなくなるのは握られた方の国

476:
>>411
それのどこが勝てるプランなんだよ
虎の尾を踏んで総力戦になって確実に負けるプランだわ

482:
>>476
西海岸に上陸してアメリカ大陸打通作戦やるしかないなw

アメリカ側も「本土決戦」まで覚悟していた

384:
>>376
太平洋艦隊を壊滅させれば アメリカは降伏すると思ってた。
当時の日本人はアメリカ人に対して偏見があって、 アメリカ人は根性が無いと思ってたのでそういう判断をした。

あ、僕チン戦争研究を40年もやってるので 思いつきで書いてるわけではない。

681:
確かに、旧日本海軍の太平洋戦争開戦時点での戦闘能力の高さは認めるよ。

あのナチスドイツは、雷撃戦を軽んじていて魚雷をほとんど保持していなかったが、日本軍がプリンス・オブ・ウェールズを雷撃戦で撃沈した事を知りショックを受けて急いで魚雷を量産し始めたというくらいだからな。

それくらい、列強国と比べても、当時の旧日本海軍の戦闘能力はずば抜けていた。

だけど、それは>>1が言う通り、あくまで戦闘において優秀だっただけで、戦争が強かったわけではない。

馬鹿なクソ官僚どもが、その優秀な戦闘能力を持つ軍隊を玩具として遊びたくて遊びたくて引き起こした無謀な対米戦争によって日本は焼け野原になったんだからな。

引用元: 【歴史】繰り返してはならない大日本帝国海軍の失敗 ハイブリッド戦争に無関心な自衛隊が危ない

1001:最速ニュース+な おすすめ記事