• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      2018年12月

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/12/24(月) 06:22:59.00 ID:CAP_USER9
      2018年12月23日 19時18分
      時事通信社

       【ソウル時事】海上自衛隊哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、聯合ニュースによると、韓国軍関係者は23日、「実際に日本の哨戒機を威嚇する行為はなかった」と強調した。

       また、「海軍が遭難船舶を捜索するための人道主義的な作戦を遂行したと説明した。日本もその内容を知っていながら、引き続き問題提起していることを理解できない」と述べた。

       その上で、「大和堆(やまとたい)漁場などの公海上で、韓国海軍の活動を制約しようとする意図があるのではないかという疑念がある」と指摘した。

       聯合が引用した韓国軍関係者によると、韓国軍の駆逐艦は20日、日本海で遭難した北朝鮮漁船を捜索した際、接近してきた哨戒機に向け、映像撮影用の光学カメラを使用した。光学カメラを使用すると、レーダーが一緒に稼働するが、哨戒機に向けてビームは放射しなかったという。また、火器管制レーダーは対空用ではなく、対艦用モードで運用したとされる。

       軍関係者はさらに、日本の哨戒機が韓国艦艇の上空を飛行するなど、「威嚇飛行をした」と主張した。

       http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15783054/


      【【韓国軍】「レーダー照射に威嚇行為なかった 日本の問題提起、理解できず」「公海上で韓国海軍の活動を制限したい意図があるのか」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/12/23(日) 07:59:25.27 ID:CAP_USER9
      2018年12月23日 7時30分
      アメリカ司法省は、アメリカのエネルギー企業で働く中国人技術者が、企業秘密を盗み出した上で中国の企業に転職しようとしたとして、この中国人の男を逮捕しました。

      アメリカ司法省は、南部オクラホマ州にあるエネルギー企業「フィリップス66」に勤務する35歳の中国人の男を逮捕したと発表しました。

      この男は、バッテリーの研究開発に携わっている技術者で、企業秘密を個人のUSBメモリーなどに不当に記録して盗みだし、中国の福建省アモイにあるバッテリー開発企業に転職しようとした疑いがもたれています。

      男は、バッテリーの開発にあたる研究センター長として、日本円で年収およそ1300万円で迎えられる予定でしたが、今月中旬、男から退職することを告げられた「フィリップス66」側が男の行動を不審に思い、調査した結果、10億ドル以上の価値のある新製品の情報を不当に持ち出したことが判明したということです。

      アメリカ司法省のデマーズ次官補は、声明で「アメリカの企業と労働者に損害を与える知的財産の窃盗に、中国の政府や企業が関わっているケースが多い。アメリカの経済を守るため引き続き最優先で中国の違法な行動を取り締まっていく」としています。

      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181223/k10011757591000.html

      【【米国】企業秘密を盗み転職はかる 米司法省が中国人の男を逮捕】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な (^ェ^) ★ 2018/12/23(日) 08:20:26.58 ID:CAP_USER9
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00000001-pseven-cn

       中国農業農村部(日本の農林水産省に相当)は12月初旬までに、「約740万人の農民工が都市部から地元に戻った」と発表した。農民工とは、農村から都市部に出稼ぎに出る人々のことだ。同部は「起業のため」と理由を説明しているが、事実上の失業が原因だとみられる。

       中国の農民工は昨年末現在、前年比1.7%増の2億8652万人。中国の景気冷え込みが深刻化していることがうかがえるが、中国では2018年、これ以外にもすでに200万人が失業していることが分かっており、計約1000万人が失業の憂き目を見たことになる。

       香港紙「経済日報」は失業者の急増について「第1の原因は米中貿易戦争の影響だ」と指摘。外資企業や中国企業が次々と、生産拠点を中国から他国に移転しており、中国内の求人数は激減しているという。第2に、中国当局が最近掲げた「国進民退(国有経済の増強と民有経済の縮小)」政策も、失業者の急増に大きく関係しているというのだ。

       これを裏付けるように、中国では2018年に入って雇用低迷に関する報道が増えている。経済専門華字サイト「財新網」(11月28日付)は「国内雇用低迷のため202万件の求人広告が消えた」と報じている。

       ポータルサイト「網易」(10月22日付)も「今年上半期で、中国内の504万社が倒産、失業者数が200万人超となった」と伝えている。

       しかし、両サイトの記事は当局にとって都合が悪かったのか、掲載の数時間後にはサイトから消えてしまった。中国当局が失業者の急増によって社会的不安が急速に広がると危惧して、情報統制を強めたとみられる。

       一方、中国求職情報サイト「智聯招聘」が10月23日に発表した統計によると、2018年7~9月期の求職申請者数は4~6月期と比べて、24.37%減少し、企業側の求人数は同20.79%縮小した。また、7~9月期のIT関連企業の採用者数は前年同期比51%減となった。

       中国メディアは10月、中国電子商最大手のアリババ集団や京東、通信大手の華為(ファーウェイ)などの大企業は人員削減を計画していると相次いで報じており、中国の雇用および国内経済が非常に厳しい局面に入っていることを示している。

       中国共産党中央政治局は7月31日、経済政策をテーマにした会議を開催し、中国経済の情勢は「安定の中に変化があり、いくつの新たな問題や試練に直面している」などと結論づけており、今年に入って失業者数が急増していることを裏付けている。

      【【中国】中国で景気冷え込みが深刻化 倒産500万件、失業1000万人 米中貿易戦争影響か】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な チンしたモヤシ ★ 2018/12/23(日) 08:24:34.44 ID:CAP_USER9
      NHK

      【【速報】スマトラ島とジャワ島の海峡で津波 20人死亡 インドネシア防災当局(08:22) 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      syria-1151151_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/12/23(日) 03:50:25.90 ID:CAP_USER9
      http://www.afpbb.com/articles/-/3203722?act=all

      シリアのクルド部隊掃討作戦「数か月中に」 トルコ大統領
      2018年12月22日 11:18 
      発信地:イスタンブール/トルコ [ トルコ シリア 中東・北アフリカ 米国 北米 ]

      【12月22日 AFP】トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は21日、米国が支援するクルド人部隊とイスラム過激派をシリアから掃討する作戦を「数か月以内」に実施すると明言した。これに対しクルド人勢力は、トルコ政府のいかなる攻撃も、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」との戦いを著しく妨げる恐れがあると警告している。

       ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は19日、シリアのISを「打倒した」として、同国に展開している米兵2000人を撤退させる意向を発表した。米政府の決断は、米軍から訓練を受けているクルド人勢力だけではなく、シリアにおけるトルコの軍事作戦にも影響を与えている。

       エルドアン氏は、トルコ国内で1984年から反政府活動を行っている非合法武装組織「クルド労働者党(PKK)」の「分派であるテロ組織」と政府が位置付けているクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」を掃討する作戦を実行する考えを示した。

      「数か月以内には、YPGとダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)の戦闘員をシリアから掃討させる作戦を実行する」と、エルドアン氏はイスタンブールで発表。トランプ氏がシリアからの米軍撤退を決断したことについては、歓迎する意向を示す一方で、米政権がYPGへの軍事支援を停止しないことを引き合いに出し、「過去の苦い経験」から「慎重」に受け止めていると述べた。

       エルドアン氏は12日、ユーフラテス川東側で「数日以内」に軍事作戦を開始すると発表していた。当初の予定を延期した理由について、トルコのメブリュト・チャブシオール(Mevlut Cavusoglu)外相は21日、国営テレビのインタビューで、「友軍の誤爆」を避けるためと説明しながらも、「今後の作戦の後退を意味するものではない」とけん制した。

       しかし、米国が支援するクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)の政治部門「シリア民主評議会」(SDC)の指導者らは、トルコが攻撃すればISとの戦いは中断される恐れがあると警告している。(c)AFP/Ezzedine Said with Raziye Akkoc in Ankara

      【【クルド絶体絶命】シリアのクルド部隊掃討作戦「数か月中に」 トルコ大統領 どうなるISとの闘い 】の続きを読む