画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    2018年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/02/28(水) 17:07:21.21 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011345881000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_037

    2月28日 11時14分
    アメリカの主要メディアは、北朝鮮からシリアに向けて化学兵器の製造に関わる機器が輸出されたとする国連の調査結果を伝え、アメリカ国務省の報道官は、北朝鮮が、制裁などによる締めつけが強まる中で資金稼ぎのため、化学兵器の拡散などを巧妙に進めるおそれがあると懸念を示しました。

    アメリカの主要メディアは27日、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議の実施状況を調べる専門家パネルが、北朝鮮から、化学兵器の使用が疑われるシリアに向けて、化学兵器の製造に必要な特殊な機器が輸出されたとする調査結果をまとめたと伝えました。

    それによりますと、これらの物資は、2012年から去年までに中国の貿易会社などを介して、ひそかにシリアに送り込まれ、化学兵器関連の施設では北朝鮮技術者の目撃情報も寄せられているということです。

    この報道について、アメリカ国務省のナウアート報道官は27日の記者会見で、「以前から懸念していたことだ。北朝鮮は、状況が困難になるにつれ、より巧妙で悪質な手段を選ぶだろう」と述べ、北朝鮮が、制裁などによる締めつけが強まる中、核開発の資金稼ぎのため、化学兵器の拡散などを巧妙に進めるおそれがあると懸念を示しました。

    そのうえで、ナウアート報道官は、大量破壊兵器の拡散などを防ぐためには北朝鮮に核開発を放棄させることが必要だとして、圧力を継続する姿勢を強調しました。

    米に対抗 軍事面で強い結び付き

    北朝鮮とシリアは1966年に国交を樹立しました。

    ともにアメリカに対抗する立場から、軍事面での結び付きが強く、北朝鮮からシリアへの核・ミサイル分野での技術協力や武器輸出の疑いが絶えず指摘されてきました。

    2007年、イスラエルによるシリアの核施設の空爆では、北朝鮮から派遣されていた10人が死亡したと見られています。

    その翌年、アメリカ政府は、シリアの核施設の建設に北朝鮮が協力していたとして、両国の当局者がシリアで面会した際に撮影されたとする写真を公開しました。

    2009年には、ギリシャの港に立ち寄った貨物船から、化学兵器に関連すると見られる薬品が見つかり、ギリシャ政府は、北朝鮮がシリアに輸出しようとしたものと見て国連に報告しました。

    一方、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、2013年、ピョンヤンを訪問したアサド政権の与党バース党の代表団と会談しました。

    また、アメリカがアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃した去年4月にも、キム委員長はバース党の創立記念日に合わせて祝電を送り、「共同闘争の中で結ばれた両国の友好と協力関係は引き続き強化される」と強調していて、両国はその後も記念日のたびに最高指導者の名前で祝電を交わし続けています。

    no title

    【【WAR】北朝鮮がシリアに軍事支援していたことが発覚「すでに拡散が始まっていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/27(火) 10:23:47.59 ID:CAP_USER9
    食料の配給場所まで数時間かけて徒歩で移動する人たち=2017年、南スーダン(AP=共同)
    no title


    【ナイロビ共同】国連食糧農業機関(FAO)などは26日、内戦状態が続く南スーダンで、全人口の約3分の2に当たる700万人以上の住民が数カ月以内に深刻な食料不足に陥り、同国で過去最悪の被害者数になる恐れがあるとの声明を発表した。今年1月で既に約530万人が食料難に直面し、昨年に比べ急増しているという。

     声明によると、雨期が始まる今年4月以降は道路がぬかるみ、医薬品を届けるのが困難になる。そのため翌5月には、130万人以上の5歳未満の子どもが極度の栄養失調になる可能性があるという。

    2018/2/27 10:10
    共同通信
    https://this.kiji.is/341022349014942817

    【【南スーダン】内戦で700万人食料不足の恐れ「過去最悪」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    sunset-2860039_640

    1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/02/28(水) 11:13:03.48 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27487420Y8A220C1CR0000/

    太陽が全く昇らない冬の北極で、異常気象により平均気温が例年より20度以上高くなり、
    2月としては観測史上最も「暑く」なったとの分析を米カリフォルニア大の研究者がまとめた。
    地球温暖化で海氷が十分に大きくならず、海面から熱が放出されたことが影響したとみている。
    米紙ワシントン・ポストが27日までに報じた。

    米メーン大の分析では、25日にはセ氏0度を超えて2度近くまで上昇し、例年と比べ30度以上
    高くなったとみられる。これまでの記録では、北極の冬の12~3月で最も高かったのは
    2015年12月の2.2度だという。

    同紙によると、グリーンランドを経由して北極に強く暖かい風が流れ込んでいるほか、風で海氷が押し流され、
    海が蓄えていた熱が氷の間から放出されて高温につながっている。

    米国立雪氷データセンターは今年1月の北極海の海氷面積は、この時期としては過去最小を更新したと公表している。

    研究者らは北極周辺の観測点や人工衛星のデータを基に、北緯80度以北の気温を分析した。

    【【北極】「記録的な暑さ」温暖化の影響で平均気温が例年より20度以上上昇】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な イレイザー ★ 2018/02/28(水) 12:39:17.06 ID:CAP_USER9
     2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが「未来ロボット型」のア案に決定した。全国にある小学校約28万クラス中、20万クラスが投票した「全国小学生総選挙」(22日締め切り)により選ばれ、大会組織委員会が28日、開票結果を発表。得票数は10万9041票だった。

     昨年8月、一般公募で2042作品が集まり、選考過程を経て同12月、ア、イ、ウの最終候補3案を公表。小学校1クラス単位で投票し、1票でも多い得票作品が採用される選考方式だった。一般市民が投票し、マスコットを決めるのは五輪史上初めて。

     ア案の作者は福岡県のキャラクターデザイナー谷口亮さん(43)。日本の高校卒業後、米カリフォルニア州にある大学で美術を専攻し、帰国後、オリジナルキャラクターの制作を開始した。その後、路上でキャラクターグッズを販売しながら人脈を培い、今に至った。教育系出版社「ベネッセ」などでキャラクターデザインを担当。博多警察署・防犯協会の「いかのおすし」のキャラクターイラストも手がけた。

     マスコットは五輪・パラリンピックで対となっている。ア案の「五輪版」は、大会エンブレムでも使われている青い市松模様をあしらった、伝統と近未来性を併せ持つキャラクター。伝統を大切にしながらも、常に最新情報をキャッチし、瞬間移動もできる設定。

     「パラリンピック版」はピンク色の市松模様で、桜の触覚があり、超能力を持つ。自然を愛し、石や風と話せて、見るだけで物が動かせる。性格は正反対も、お互いを認め合う大の仲良しなところが「共通点」だ。

     今後はマスコットの名前を検討する。ネーミングは一般公募ではなく、専門家に業務委託し、その中から複数案をマスコット審査会に提示。ア案の作者も入り7、8月に決定、公表する。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00137483-nksports-soci

    【【話題】東京五輪マスコットが決定 (画像はリンク先に)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    aurora-1185464_640

    1:最速ニュース+な イレイザー ★ 2018/02/28(水) 09:27:18.87 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASL283SPQL28UHBI00X.html

    北半球の陸地の2割を占める永久凍土地域の土壌に、大量の水銀が閉じ込められていることが、米地質調査所(USGS)などの研究で分かった。地球温暖化が進んで凍土が溶けると、水銀が環境中に放出される恐れがある。

     研究チームは、2004年から12年に米アラスカの永久凍土地域の13カ所で、地表98センチ~248センチの深さの土壌を採取し、水銀の濃度を調べた。シベリアなどほかの地域のデータと照合して、推計したところ、北半球の永久凍土地域の土壌には165万6千トンの水銀が含まれていることが分かった。ほかの地域の土壌や海、大気中にある水銀の総量の2倍近いという。

     水銀は、火山の噴火や岩石の風化といった自然現象のほか、石炭などの化石燃料の燃焼、金の採掘など人間の活動によっても排出される。排出された水銀は分解されず、自然界を循環するが、永久凍土地域では、凍った土壌に閉じ込められて蓄積したと見られる。


    【【環境問題】北半球の永久凍土に大量の水銀「温暖化で溶け出す恐れも」】の続きを読む