2018年01月 : 最速ニュース+ : 2/194

画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    2018年01月

    fantasy-2925250_640

    1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/01/30(火) 21:04:45.48 ID:CAP_USER9
    来週 また強烈寒波がやってくる
    2018年1月30日 18時40分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14231543/

    過去最強クラスの寒波の影響で、記録的な寒さに見舞われている日本列島ですが、来週は西から再び強烈な寒気が入ってきそうです。一部、過去最強クラスの予想も。新たに寒さの記録を更新する所が出てくるかもしれません。

    次は西から寒波襲来か
    ここ1週間は過去最強クラスの寒波の影響で、全国的に真冬でもあまりないような厳しい寒さとなりました。記録的な寒さとなった所もあり、水道管が破裂するなどして、生活に大きな影響が出ている所もあります。この強烈な寒さ、まだ終わりが見えません。来週は西から再び強烈な寒気が入ってきそうです。西日本では5日(月)頃に先週の寒気と同じくらいか、さらに強い寒気が入ってくる予想です。寒気の強さはまだ変わる可能性がありますが、一部、過去最強クラスに匹敵する予想もあります。新たに寒さの記録を更新する所が出てくるかもしれません。

    長期間の低温情報発表
    気象庁は30日、「北・東・西日本の長期間の低温に関する全般気象情報」を発表しました。北日本や東日本、西日本では、この先2週間程度も寒気の流れ込みやすい状態が続き、気温がかなり低くなる時期もある見込みです。夜間の強い冷え込みにより、普段、水道の水が凍ることのない地域でも、凍結により水が出なくなったり、水道管が破裂したりする恐れがあります。また、雪雲がかかると、平地でも雪になるエリアが広がり、積雪や路面の凍結などにより交通機関に影響が出ることも考えられます。この先も最新の情報を確認して、強烈な寒さに備えてください。

    【【予報】来週また強烈寒波 [2018年1月30日 18時40分]】の続きを読む

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/01/30(火) 17:37:43.40 ID:CAP_USER9
    パソコン教室で操作方法を学ぶ学生(手前)。大学生向け割引などサービスは広がっているが…=神戸市内
    no title


    大学などで卒業論文や就職活動の準備が本格化する中、ワードやエクセルを使えなかったり、キーボードが苦手だったり、パソコン操作に苦戦する学生が増えている。小学時代からパソコン教育を受けた“ネーティブ世代”だが、スマートフォンの普及でパソコンとは疎遠になっている学生も多いという。各大学はキャリア支援の一環で、パソコンの課外講座を開くなど習得を支援。大学生向けの「学割」を設ける民間のパソコン教室や、入社後に研修を実施する企業も増えている。

    【【大学生】卒論の“敵”はPC】の続きを読む

    toyota-1596082_640

    1:最速ニュース+な ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/30(火) 14:26:54.35 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180130/k10011308221000.html

    トヨタ自動車は去年1年間のグループ全体の販売台数が世界全体で1038万台となり、世界3位に後退しました。トップは前回に続きドイツのフォルクスワーゲンで1074万台、2位は日産自動車とフランスのルノー、それに三菱自動車工業のグループで1060万台でした。

    【【経済】トヨタ世界販売 3位に後退 トップはフォルクスワーゲン】の続きを読む

    1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/01/30(火) 12:44:18.36 ID:CAP_USER9
    先物取引出来高・受け取り手数料・預かり賞金推移
    no title


    「リスクを知らされないまま投資させられ、多額の損失を被った」と顧客が訴えるなど、一部の業者による悪質な勧誘が社会問題化していた「商品先物取引」の市場が、ここ10年間で最大7分の1程度の規模まで落ち込んでいることが業界団体の統計で分かった。背景には、法規制の強化や業界への不信感・嫌悪感の高まり、外国為替証拠金取引(FX)や仮想通貨取引といった投資先の多様化があるとみられる。取材に応じた先物取引業界の元営業マンの30代男性は、かつて駆使した巧妙な営業ノウハウを明かした上で、「ブラック中のブラック業界だと思った。時代はずれで、凋落(ちょうらく)はある意味で必然だ」と振り返った。(社会部 小野田雄一)

    ■人間心理を利用-あえて損失も金銭欲刺激

     「利益が出ると顧客は証拠金(業者に預けている元手)を引き揚げてしまう。それを避けるため、むしろ顧客に損失を出させ、お金を取り返したいという心理につけこんで、“追(お)い証”(追加証拠金)をつぎ込ませるということが行われていた。営業方法も金銭欲を刺激するようマニュアル化されていた」

     約10年前に先物業界に就職し、数年間働いた30代男性は取材にそう明かした。

    ※全文はソース先をお読み下さい

    配信2018.1.27 17:00
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/180127/afr1801270001-n1.html

    【【先物取引】「ブラック中のブラック業界」 悪評広まる】の続きを読む

    light-bulb-3104355_640

    1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/01/30(火) 08:12:17.39 ID:CAP_USER9
    送電線、実はガラ空き 再生エネに冷たいシステム
    2018/01/29 17:21
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000119753.html

    ないはずの送電線、実は「ガラ空き」でした。

     自然エネルギーを手掛ける事業者は、大手電力会社から送電線に空きがなく接続できないとして、多額の負担金を要求されて事業を断念するケースが相次いでいます。ところが、京都大学が全国の基幹送電線を分析したところ、実際には2割しか使われておらず、「ガラ空き」状態なことが分かりました。
     京都大学・安田陽特任教授:「再生可能エネルギーをもっと入れることができるポテンシャルがある。なぜ入らないのかというのは、ますます合理的な説明が必要」
     電力会社は原発の再稼働など、すでにある発電設備が動くことを前提にしているためとしています。 
    【【電力】送電線、実はガラ空き 再生エネに冷たいシステム 「嘘」】の続きを読む