画像の説明

政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

    2017年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2017/12/29(金) 05:04:41.16 ID:CAP_USER9
    任天堂スイッチ、2千万台以上目標 18年度販売で君島社長
    12/28(木) 6:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000001-kyt-bus_all

     任天堂の君島達己社長は27日、京都新聞社の取材に応じ、新型家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2018年度の年間販売数量について「2千万台以上にはしたい」と述べた。17年度は1400万台の販売を予想しており、新しい遊び方ができるソフトも発売して普及の勢いを加速させる考えだ。
     スイッチは3月の発売以降、累計販売が1千万台を超え、世界的にヒットしている。君島社長は「期待を超える勢いだ。据え置き型機でありながら、外にも持ち運べる他にない遊び方が受け入れられた」と要因を分析。小売店では品薄状態が続いているが、「店頭に並ぶ機会は増えている」と述べ、生産体制の増強に努めていることへの理解を求めた。
     17年度は、当初計画で1千万台としていた販売予想数量を10月に1400万台に上方修正した。君島社長は、18年度について「それ以上は出荷したい」と強調。購入したソフトを長く遊べるようにするダウンロードコンテンツを充実させる方針も明らかにした。
     06年発売の家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」は累計販売台数が1億台を超える大ヒットとなったが、君島社長は「国によってはウィーを上回るペースだ」と明かし、世界的な普及に向けて自信を示した。

    【【経済】任天堂スイッチ、2千万台以上目標 18年度販売で君島社長「世界的にヒット」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    man-1281799_640

    1:最速ニュース+な フリーキック ★ 2017/12/29(金) 11:27:46.44 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/world/news/171229/wor1712290014-n1.html

    インドには新年を派手に祝う習慣がなく、この時期になってもニューデリー市街で年の瀬の雰囲気はほとんど感じられない。
    必然的に忘年会もないのだが、インド人は年末年始に限らず頻繁にホームパーティーを開催する。
    食事はやはりカレーが中心で、宴は深夜まで続くのが常だ。

     12月に入って誘われたパーティーで、シーク教徒の若い男性と知り合った。日本人がインド人と聞いて思い浮かぶターバン姿は
    、インドの人口の2%ほどのシーク教徒のものだ。髪の毛を切ることが禁じられており、伸びた髪をまとめるためターバンを使用する。

     ところが、この若者はターバンを巻いておらず、さっぱりとした髪形だ。理由を聞けば「むれるから」だと話す。
    ターバン未経験の部外者にもわかりやすい理由だが、こうした“合理的”に考える若い層は増えているという。
    日本でも「若者の読書離れ」「自動車離れ」などが話題となるが、インドでターバン離れが進行中とは思わなかった。

     シンボルともいえるターバンを巻かなくなることは勇気がいると思うが、伝統も変容していくということだろう。
    その隣でヒンズー教徒の老人が「クリスマスを祝うヒンズー教徒がいる」とも嘆いていた。
    歳末のパーティー会場で、インドの宗教について考えさせられた。

    【【インド】若者のターバン離れ「蒸れるから嫌」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    printer-23358_640

    1:最速ニュース+な みつを ★ 2017/12/29(金) 08:57:11.77 ID:CAP_USER9
    https://jp.reuters.com/article/apple-batteries-france-idJPKBN1EM1Y0

    2017年12月28日 / 23:08 / 1時間前更新
    [パリ 28日 ロイター] - 仏検察当局がプリンターメーカー大手セイコーエプソン(6724.T)に対して、買い替えを促すために意図的に製品の寿命を短くした疑いで、11月に予備的捜査を開始したことが28日、司法関係者の話で分かった。

    この問題を巡っては、「製品の計画的な老朽化阻止」を掲げる仏消費者団体のHOPが9月、裁判所に苦情を申し立てた。同団体は27日、米アップル(AAPL.O)に対しても裁判所に同様の申し立てを行った。

    フランスでは2015年、「計画的老朽化」を取り締まる法律が成立。違反企業は年売上高の最大5%の罰金が科せられる可能性がある。

    エプソン仏法人の広報は、同社にとって製品の質は最重要と強調。HOPが提起した疑惑を否定した上で、捜査に協力していると語った。

    アップルは、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」旧機種の動作減速問題を巡って、既に米国で複数の訴訟に直面している。

    【【フランス】エプソン、仏検察が予備調査 「製品寿命の意図的短縮化」疑い「日本では何年も前から言われていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    mobile-phone-2198770_640

    1:最速ニュース+な みつを ★ 2017/12/29(金) 08:49:09.08 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3156982?cx_module=latest_top

    2017年12月29日 8:22 発信地:サンフランシスコ/米国
    【12月29日 AFP】米アップル(Apple)は28日、同社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」旧機種の稼働速度を意図的に下げていたことについて謝罪し、一部端末を対象に割引価格でのバッテリー交換を提供すると発表した。

     アップルをめぐっては先週、バッテリー関連の問題が報じられたことをきっかけに、同社がiPhoneの速度を意図的に下げることによって新機種への買い替えを不正に促しているのではないかとの疑惑が浮上。同社に対してはユーザーからの怒りの声が相次ぎ、複数の訴訟にも発展していた。

     アップルは公式ウェブサイトで公開した顧客向けメッセージで、「一部の人々を失望させたことは承知しており、謝罪する」と表明。「自社製品の寿命を意図的に縮めたり、顧客にアップグレードを促すためにユーザー体験を低下させたりするようなことは、過去にもこれからも決してない」と説明している。

     同社は同時に、iPhone 6以降の機種を対象に、バッテリー交換が必要なものについては、現状79ドル(約8900円)である保証期間外での交換価格を、来年1月下旬から12月まで29ドル(約3300円)に値下げすると発表。また、老朽化したバッテリーがパフォーマンスに与える影響を確認しやすくするソフトウエアアップデートも提供する予定だという。(c)AFP

    【【アップル】iPhone速度低下問題で謝罪 バッテリー交換の割引発表「割引」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    animal-containment-facility-2223462_640

    1:最速ニュース+な みつを ★ 2017/12/28(木) 23:13:32.85 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35112616.html

    2017.12.28 Thu posted at 10:11 JST
    (CNN) 北朝鮮が核兵器だけでなく、生物化学兵器も開発しているのではないかとの疑惑が浮上している。

    韓国では文在寅(ムンジェイン)大統領をはじめとする政府高官が炭疽菌に対する予防接種を受けたという情報が流れ、大統領府(青瓦台)が否定に追われた。

    大統領報道官によると、生物化学兵器テロ対策要員や民間人が炭疽菌にさらされる事態を想定して、韓国の疾病対策センターが炭疽菌のワクチン1000回分を調達。ワクチンは11月に到着した。

    青瓦台は、手違いで炭疽菌にさらされる事態に備えてワクチン350回分を調達していたという。ただ、これは2015年の事案を受けて、前政権が指示したことだとしている。

    2015年の事案では、米軍が研究目的で使っていた不活性化していない炭疽菌を手違いで韓国などに送付していたことが発覚。韓国に送られたサンプルは破棄され、施設の除染が行われた。

    大統領報道官は、一般国民に炭疽菌の予防接種を受けさせる計画はないとしている。

    これとは別に韓国メディアは、今年脱北した北朝鮮の兵士4人のうち1人が、生物兵器に対する耐性を持っていることが分かったと報じ、この兵士が炭疽菌の予防接種を受けていたか、過去に炭疽菌に感染したことがあったことをうかがわせると伝えた。

    この報道については、韓国国家情報院も韓国国防省も確認できないとしている。

    トランプ米政権は今月発表した「国家安全保障戦略」の中で、北朝鮮が核・化学・生物兵器の開発に多額を費やしていると指摘、ミサイルに搭載できる生物化学兵器の研究も行っているとの見方を示していた。

    これに対して北朝鮮外務省は「事実無根」と否定している。

    【【北朝鮮】北朝鮮に生物兵器開発の疑惑、脱北兵が炭疽菌に感染していたのと関係がある?】の続きを読む