1:最速ニュース+な 樽悶 ★ 2018/11/02(金) 01:18:04.54 ID:CAP_USER9
野村照一さん(右下の写真)の手記を手にする長女の中山征子さん(右)と夫の裕さん=京都府長岡京市で、国本ようこ撮影
no title


■兵士の苦難、草原一面に馬の死骸…

 第二次世界大戦直前の旧日本軍の大失敗の一つに挙げられる「ノモンハン事件」に動員され、宇治市で昨年5月に101歳で亡くなった野村照一さんの遺品から今月、過酷な従軍体験などを回想した手記が見つかった。遺品を整理した長女の中山征子(いくこ)さん(74)=長岡京市=は「父から戦争の話は聞いていたが、手記のことは知らなかった。華々しく戦ったというのではない、一兵卒から見た戦争が記されている」と話す。【国本ようこ】

 「運命の狭間で 命を拾った話」と題された手記は400字詰め原稿用紙37枚。幼少期から戦中・戦後まで6話で構成し、1989年10月に完成と記されている。

 野村さんは1916(大正5)年、福井県内の農家で10人兄弟姉妹の末っ子として生まれた。尋常高等小学校高等科を28(昭和3)年に卒業後、京都市でハイヤーの運転手をしていた兄の下で働き、自動車の整備を覚えた。

 37(昭和12)年に志願して陸軍に入隊。金沢の輜重兵(しちょうへい)第九連隊に所属した後、39年6月に旧満州(現中国東北部)へ渡った。旧ソ連軍・モンゴル軍と日本軍が国境を巡り交戦していたノモンハン事件の戦線に回され、武器や弾薬を自動車で輸送する役割を担った。

 手記では「ソ連軍は数日のうちに補給を完了したのに、日本軍には補給力がなかったようだ」などと指摘。日本軍の歩兵が「たこ壺(つぼ)」と呼ばれた穴で敵の戦車を待ち、地雷を竹の棒の先につけて戦車の走行用ベルトに差し込んでいたことなどを記している。

 野村さんは250キロあったという基地間を自動車で移動したが、歩兵は夏の暑い草原を1週間かけて行軍。「落伍(らくご)兵が手を上げ、乗せてくれと拝む者もあって止まると、ワーッと押しかけて自動車のまわりに鈴なりになった」と描写し、末端の兵士の苦難をうかがわせる。

 また、不用意に戦場近くまで砲車をけん引させた何百頭もの馬が敵機に襲われ、草原一面に死骸が広がっていた光景を詳述。「馬のいない砲兵なんて鉄砲を持たない歩兵より始末が悪い。移動の手段を持たない重たい大砲なんて何の役にも立たない」「当時の軍上層部は近代戦に対する認識に全く欠けていた」と憤りを示している。

 その後の44年、野村さんは現在の中国湖南省で敵機の爆撃に合ったが、何かの破片が服の左襟を貫通。「もし喉を貫通していれば、即死か苦悶(くもん)の末に一命を落としていた」と振り返った。

■「父と再会した気持ち」

 野村照一さんの手記を見つけた長女の中山征子さんは、1944年9月に旧満州(現中国東北部)の東安省で生まれた。母ハナエさん(97)によると、戦地の野村さんから「しばらく戻れない。先に日本に帰っておくように」と連絡があったため同年12月に帰国。征子さんは「後の情勢を考えると、私も母も(中国残留孤児を描いた小説)『大地の子』になるところだった」と振り返る。

 もっとも、旧満州では戦況などの情報を得られる旧陸軍の将校や官僚、家族らは民間人を置き去りにして真っ先に逃げたとされる。ハナエさんが同じ旧陸軍の官舎に住んでいた家族たちに後に再会した際に聞いたところ、早期の引き揚げを促す具体的な情報はなかったが、「支給される物資が滞ったり、官舎にいた兵隊さんがいなくなったりと不穏な空気を感じたので帰ってきた」と言われたという。

 野村さんは46年6月に上海から帰国した後、府警に定年まで勤めた。遺品は手記の他、軍に届けた婚姻願や戦時中の国債など、たくさんの書類がきちょうめんに保存されていた。夫の裕さん(79)と共に整理した征子さんは「亡くなった後にまた父の軌跡がわかる手記が見つかりうれしい。改めて父と再会した気持ちです」と話した。【国本ようこ】

続きはソースで

毎日新聞 2018年10月31日
https://mainichi.jp/articles/20181031/ddl/k26/040/391000c?inb=ra

4:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:21:53.39 ID:TOWd5Bwk0
2 26事件で軍内部の派閥が偏り過ぎた弊害だよな

5:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:24:12.53 ID:I8VGO8tH0
日本的な保守的な思考や、変えたくない心理があるから
環境の変化を嫌がり新しいことを拒絶する
良いことも抵抗感から否定して時代に取り残される
でもそれが日本人なので、別に

24:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:02:29.68 ID:V10YImSc0
>>5
そんな考えで指揮されて
死んでいった兵隊は浮かばれないな。
意固地なら意固地に責任を持てよ
日本の公務員、官僚に一番欠けてる資質だ。

90:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 03:24:46.08 ID:VOLvVVNq0
>>5
軍事費のほとんどを海軍がつかっていたからな
だから無駄の極致の戦艦大和や武蔵が建造できた。
軍事費を陸軍にまわしていれば陸軍も近代化できていたかもなw

94:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 03:30:36.66 ID:D8Dzui2t0
>>90
毎日新聞だぞ、

日本陸軍のノモンハンの頃の戦車は、その頃のソ連戦車に似ていただろ、
ドイツでさえ、最初のオーストリア侵攻のころは、似たような超旧式な戦車だった

その後、日本は相手が、まだもっと原始的な中国だっただけだ

独ソだけだ、互いに対戦車戦闘のための 戦車を作っていった

米軍シャーマン戦車は、日本軍相手だからな、独ソほどでもない

205:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 08:29:42.93 ID:iBrVYYzf0
>>5
変えるか変えないか、ではなくて
何が必要で何が必要じゃないか、ということだよ。
それを見誤ると結局は負ける。

6:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:25:23.70 ID:+gvzmMyp0
>ソ連崩壊後に出た史料でソ連側の損害も膨大だったと指摘されている。 
たこ壺効いてたのか 

22:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:58:02.57 ID:VYsueIEv0
>>6
当時のソ連戦車は造りガバガバだったからね
装甲は日本の短砲身戦車でもすぐ破壊できたし質の悪いエンジンは手榴弾くらいでも爆発しちゃう
むしろ日本のディーゼル機関が優秀で、爆発もせず貧弱な整備でも故障を殆どしなかったからかなり善戦できた

34:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:21:11.63 ID:8MBHUx5Q0
>>22

当時ソ連戦車はガソリンエンジンだったから火炎瓶が有効だった
日本軍の戦車砲ではソ連戦車には有効ではなかったしエンジンが優秀だなんてことはない

172:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 07:17:54.71 ID:WHNqdv5T0
>>34
日本戦車のディーゼルは燃えないし整備が容易
特に点火装置がなくて日本の苦手な電子機器を排除できたのが大きい
中国大陸を日本の整備技術で遠征できたのもその堅牢さが発揮されてこそ

27:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:05:45.93 ID:pjOwS6Iw0
>>6
もともとソ連はどんだけ損害出しても
物量で押しきって最終的に勝っちゃう
スタイルだから

29:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:11:57.35 ID:JsMwsZ5R0
>>27
逃げる兵隊は後方部隊が射★するのがソ連スタイル

38:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:28:04.78 ID:Mhd5ZvRx0
>>27
ノモンハンの時は、ソ連の戦車、ハッチが外から溶接してあったという。
逃げられないように。

120:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 04:34:54.12 ID:+FxuaYBi0
>>38
兵士はわかるが戦車も使い捨てかよ

8:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:26:19.17 ID:I8VGO8tH0
ノモンハンとか新型戦車に敗走したとしか雑誌で読んだ事はなかった

9:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:27:32.85 ID:QYJWamw60
ノモンハンは大変だったそうだな

15:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:36:45.38 ID:Lsl4cb+p0
だからと言って、織田信長のようなトップの下で働くのも大変。

16:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:38:07.28 ID:CwptREov0
野砲を馬で牽くのはノモンハンどころか第二次世界大戦が終わるまで普通
車両で牽引してたのはアメリカ軍だけ。
ニュース映画でドイツ軍が半軌装車で野砲や高射砲を牽いてるのは
ほんの少数一部の装備が良い部隊だけで大半は馬が牽いてた。

当時自動車の大量生産を実現していたのがアメリカだけだったから
考えてみれば当然のこと。

18:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:43:58.45 ID:jlbAwl2R0
>>16
馬で運ぶことに文句を言ってたんじゃなくてろくな防御手段も考慮せずに運搬してむざむざ敵の餌食にしたことに文句を言ってるんじゃねこれ

49:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:47:20.45 ID:mrzlXxez0
>>18
航空優勢を取れなかったことが問題なんだろうなあ

50:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:49:10.37 ID:xsd3u6HC0
>>49
航空優勢は取れていた。ソ連側の方がはるかに被害が大きい。
乱戦になれば中にはこういう不幸な目に遭う部隊も出てくる。

17:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 01:41:09.84 ID:u8C+M5Ys0
でも地上戦での損耗率はほぼ互角
航空戦では日本の圧勝だったろ?

86:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 03:15:37.19 ID:Yo5FSCtd0
>>17
陸軍航空隊は壊滅一歩手前にまで損耗した

104:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 03:49:35.59 ID:mCP0z21S0
>>17
前半は日本優勢、後半はスペイン内戦から帰還したエースらが到着すると劣勢
中隊長やら貴重なベテラン戦闘機指揮官が多く戦死
ここでの教訓から陸軍航空隊は座席背後に防弾板を取り付けるようになる
海軍が取り付けるのはずっと後のこと

116:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 04:15:48.78 ID:/D77tcXN0
>>104
前半というか5月いっぱいだな優勢だったのは
ソ連空軍のベテラン勢は6月から参加し始めて機体も多数送られて日本側の倍以上の勢力になる
以後は戦闘ごとに数の差から制空権はソ連に移っていき日本も必死で戦力かき集めるがソ連の増勢に全く追い付かず劣勢になってく

171:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 07:17:25.56 ID:29pqB9Jv0
>>17
地上戦でも押してたのは最初だけ
後はメタクソにやられてる
東捜索隊は太平洋戦争以前の初の玉砕なんじゃないか

23:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:01:19.39 ID:f+7kl7mk0
日本軍なんかの最前線で、死んだフリしないヤツなんているのか。

みんな死んだフリしてたよーーー、   (手記)

これが、以外と米軍は見逃すんだよなー、 みんな、日本本土まで、帰って来たぜ

ロ軍は、甘くないよ それを見越して、死体をひとつずつ検死しては、
銃声がまた一発、 という状態だったんだ

25:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:02:49.43 ID:f+7kl7mk0
検死されるからなー、 ロ軍は

それは もう、 ノモンハンは、 言われてるとおりのたいへんな激戦地だったよ (手記)

30:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:14:11.46 ID:8u5M9iHd0
ソ連が同規模の被害でもそれ日本の大負けだぞ そのまま消耗するとなんせ日本兵が0になってもソ連兵は半分以上残るからな 関東軍が0になった後にソ連軍は楽に100万は残る

35:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:22:18.64 ID:f+7kl7mk0
>>30
欧米からの日本軍についての、評 は、

What a wasteful という一点だけだな

無駄死にが多過ぎ、後のいくさは、戦えない日本軍、

36:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:23:54.13 ID:f+7kl7mk0
まあ 太平洋戦争でも、 米国からの 日本評は

大戦の後半からは、 ベテラン・パイロット がいなくなった、

の一点に つきるからな

37:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:24:00.71 ID:8u5M9iHd0
日本の最新装備を本土から全部かき集めて、日本の戦車&重砲兵師団を大編成して、機動包囲戦をソ連に仕掛けたら逆に数倍の戦車に包囲されちまったそうです

40:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/11/02(金) 02:29:03.77 ID:f+7kl7mk0
>>37
スターリンの 赤軍も、 「全力を決勝点に集中させる」 だよ、

ナチのドイツ軍は、 原油地帯を求めて、 スターリングラード
も 戦車で 一気に突き破るつもりだった

しかし、 この死活の原油資源を求めての スターリングラードへと、 
赤軍 の主力を集中して配備していたのだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

引用元: 【京都】「ノモンハン事件」従軍手記 元兵士の遺品発見 「当時の軍上層部は近代戦に対する認識に全く欠けていた」

1001:最速ニュース+な おすすめ記事