1:最速ニュース+な 樽悶 ★ 2018/09/27(木) 03:35:07.39 ID:CAP_USER9
「明治維新と水戸」をテーマにしたシンポジウム=水戸市三の丸
no title


■斉昭の役割も考察

「明治維新と水戸」をテーマにした明治維新150年記念シンポジウムが22日、水戸市三の丸の常陽芸文センターであり、最後の将軍徳川慶喜や水戸藩主徳川斉昭の果たした役割などを考察した。鳥羽・伏見の戦いに敗れ、大坂城から脱出して海路で江戸に向かった慶喜について、専門家が「戦う勇気がなかった」「戦っていたら日本が消えていた可能性があった」と論戦を交わした。

続きはソースで

茨城新聞 2018年9月26日
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15378732475181

28:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 04:06:30.05 ID:V5yC7juQ0
>>1
本人が陣頭指揮して戦い続けてたら内乱が長引き植民地化されてたかもな
実際下に徹底抗戦指示して本人は敵前逃亡
薩長に戦争してる場合じゃないと思わせる為に一戦するのは必要だった
内容は最悪だが結果は最善

38:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 04:21:42.72 ID:s77/vOL20
>>1

10代の頃から歴史学者の論文や歴史小説を読んでいるが、
大方が「鳥羽伏見の戦いは、徳川慶喜が逃げ出さなければ勝利していたであろう」と主張している。

42:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 04:27:11.71 ID:Eu1SwZyf0
>>38
そうかね。淀藩が寝返った時に決着付いたと思うけど

338:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 06:58:57.80 ID:N0gtVtSt0
>>38
>>42
勝海舟の日記を読むと戦前に決着が着いていた感じがする。
斥候に行くように命じても誰も行かないので勝海舟自ら京都に斥候に行っている。
薩長側の薩摩・長州以外は様子見を決め込んでいたので、実質2千対2万だった(数字はあやふや)。
なのに、ぼろ負けかよ・・・みたいな内容だった。

120:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 05:11:14.40 ID:sykQRCM8O
>>1
戦ってたら幕府軍が勝つだけで日本は消えないだろ?

127:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 05:13:54.22 ID:/Aq8LgPl0
>>120
格藩は既に借金まみれでにっちもさっちもいかないから詰んでるだろ

124:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 05:12:18.08 ID:eHCLh2Hl0
>>1
兵力温存して新政府の中核に入るってのはいい策やったと思うけどね

137:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 05:17:47.96 ID:pRW4hYGm0
>>124
そうだな。
1大名になることを受け入れて、薩長と和解して、新政府の一員になればよかった。

168:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 05:32:28.38 ID:hSESLRIn0
>>137

徳川が、フランスとの提携を渋っている間に、どんどん、イギリスとの提携を行なった島津は、
圧倒的な戦力差を背景に、徳川を責め潰す自信があった。

で、まさかの白旗(大政奉還)の策を授けた坂本竜馬が、裏切り者に見えて仕方がなかった。

と、聞いたが・・・?

4:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:45:04.21 ID:8Zj1okjX0
水戸藩士は過激派だらけだったからなぁ…
水戸はヤベーやつら

16:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:55:34.61 ID:c6r+1yA50
>>4
井伊直弼襲ったのも水戸浪士やね

33:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 04:16:01.67 ID:KV/eBBmU0
>>16
首刎ねたのは薩摩の浪士だけどな。

24:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 04:00:34.99 ID:0lAWGjWi0
>>4
ていうか水戸藩士て寄せ集めだからな
取り潰した大名の縁者を取り立てて家臣にするとかな
忠誠心が低いw

274:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 06:23:00.36 ID:0bw5P6He0
>>24
それは微妙なところ
新規で取り立てられ引き上げられた人は己の能力が見込まれたという意識を強く持ち、家への帰属意識が強い累代の家臣に比べて藩主個人への忠誠心をより強く持つようになる

159:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 05:27:35.88 ID:S3WzCs+m0
>>4
尊王攘夷の水戸学の発祥地なのに
天狗党事件で水戸藩内部でお互いに反目しあい
本番の維新活動には直接関与できずにそのまま地味で
暗い県になってしまったよね。

290:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 06:34:57.38 ID:B+nmO51+0
>>4
明治の世に代わっても内ゲバの報復合戦だしなあ

7:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:49:59.06 ID:qFHUMcOZ0
明治維新って
こんなことが可能なのかってレベルだよな

18:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:56:17.73 ID:eHCLh2Hl0
>>7
マジな

23:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:59:44.92 ID:eHCLh2Hl0
>>7
それまで各地の王様だった大名。島津家すら廃藩置県。

ありえんって。

って平成の今も大政奉還して欲しいけど。議員の私利私欲見ていると…

26:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 04:02:24.82 ID:c6r+1yA50
>>23
借金で首が回らなかったから、借金と引き換えに地位返上ですんなり行ったとさ

39:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 04:23:28.32 ID:Eu1SwZyf0
>>23
でも中央集権じゃないと外国に対抗出来ないというのは全大名が身に染みてわかってたわけで素地は出来上がってたのよね
藩が存続してる限り完全な中央集権なんてのはありえないというのは賢ければ賢いほど理解してる
外的圧力がなきゃ奇跡的だとは思うけど

156:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 05:25:28.60 ID:vBT57xkF0
>>7
イギリスが薩長のバックにいたからなぁ

8:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:50:33.34 ID:EIkShaBu0
関ヶ原以来200年余の間戦らしい行くもなく太平の世をむさぼっていた江戸幕府下の日本は丁度今日の腑抜けとなった日本と似たような状況だったということがよく判る。

11:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:52:17.34 ID:EIkShaBu0
>>8訂正
行くもなく→戦もなく

293:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 06:35:19.09 ID:95zEYWhg0
>>8
その江戸時代の体制のままずっと何の進歩もなく今の日本政府という
徳川って凄い無能なんだなとつくづく思うわ

352:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 07:07:31.34 ID:GrGTwbDD0
>>293
違うだろ
例えばペリーもなんだかんだ言って不便なところでの接岸のみで交渉まとめられてるし、あれは決して言いなりじゃないぞ。

明治政府の旧幕府へのイメージ操作が行われてるわ。

一方新政府は、日清、日露、大東亜太平洋戦争を繰り返し疲弊させた挙句なんの恩恵ももたらさないという超愚策しかして来なかったからな

10:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:51:49.56 ID:qFHUMcOZ0
言い換えたら薩長の乱だもんな

13:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:54:36.73 ID:TCzTvmg00
国内対立を利用して植民地のパターンが通用しなかっただけでも稀有やわ

20:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:57:19.36 ID:c6r+1yA50
>>13
慶喜が乗ってたら英仏に分割統治されていたということか

15:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 03:55:28.65 ID:I8/xErty0
十分幕府は勝つ可能性はあった。小栗上野の言うことを聞いてればね。

183:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 05:42:51.82 ID:j+6Ce1Rc0
>>15
小栗上野は幕閣と対立しすぎ
幕末のロシアの対馬占拠事件でも幕閣と対立して外国奉行を辞職
最後も対立して慶喜か幕閣に職を罷免されられた

307:最速ニュース+な 名無しさん@1周年 2018/09/27(木) 06:41:15.38 ID:PbqYPONI0
>>15
だからこそ、泥沼に落ち込む可能性があった
国内で激しい内戦状態になり、社会秩序が崩壊し
国内に遺恨を残すことにもなりかねなかった
それを避けたことは僥倖だった

ギリギリのところで、幕府が折れ、新政府に政権を渡した
ただし、資産の没収はなし、処分もなし、貴族に取り立てた
士族には厳しい時代になったが
英断と思う

ブログランキング・にほんブログ村へ

引用元: 【茨城】「戦う勇気がなかった」「戦っていたら日本が消えていた可能性があった」 徳川慶喜の大坂城脱出で論戦 水戸でシンポ

1001:最速ニュース+な おすすめ記事