• by
  • 最速ニュース+:89/2369
        

    画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      トップページ > >

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      fiji-293826_640

      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/08/19(日) 09:58:35.48 ID:CAP_USER9
      ◆〔海外地震〕フィジー付近でM 8.2・津波被害のおそれなし(8/19)

      米国地質調査所(USGS)によると、日本時間8月19日09:19頃、フィジー付近を震源とするM 8.2の地震が発生しました。
      津波警報センターは、津波に関する情報を発表しましたが、津波による大きな被害のおそれはありません。


      ソース全文はこちらで
      レスキューナウニュース 2018/08/19 09:45
      https://news.goo.ne.jp/article/rescuenow/nation/rescuenow-00000007142198.html

      【【海外地震】フィジー付近でM8.2 津波被害のおそれなし 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      america-3582772_640

      1:最速ニュース+な (^ェ^) ★ 2018/08/19(日) 08:08:45.34 ID:CAP_USER9
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180819-00053848-jbpressz-int

      (略)

      ■ 中国のスパイがベテラン女性議員の補佐官に

      (略)

      ■ スパイはラッセル・ロウという人物

       さらに8月6日、ワシントンを拠点とするネット政治雑誌「デイリー・コーラー」が、「ファインスタイン議員の補佐官でスパイを行っていたのは、中国系米国人のラッセル・ロウという人物だ」と断定する報道を流した。ロウ氏は長年、ファインスタイン議員のカリフォルニア事務所の所長を務めていたという。

      続きはソースで 

      【【中国スパイ】米国で日本叩き運動を先導、中国のスパイだった】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/08/18(土) 08:10:34.64 ID:CAP_USER9
      ◆上海株大引け 5日続落、2年7カ月ぶり安値 中国ショック後安値に接近

      17日の中国・上海株式相場は5日続落した。
      上海総合指数の終値は前日比36.2257ポイント(1.33%)安の2668.9660だった。


      ソース全文はこちらで
      日本経済新聞 2018/8/17 17:16
      https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HPX_X10C18A8000000/

      【【経済】上海株大引け 5日続落、2年7カ月ぶり安値 中国ショック後安値に接近 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/08/18(土) 11:59:47.01 ID:CAP_USER9
      no title


      18日(土)9時現在、強い台風19号(ソーリック)は小笠原近海をゆっくりと北上しています。
      中心付近の半径90km以内が、風速25m/s以上の暴風域となっています。

      ▼台風19号 18日(土) 9時現在
       存在地域   父島の南西約350km
       大きさ階級  //
       強さ階級   強い
       移動     北 ゆっくり
       中心気圧   970 hPa
       最大風速   35 m/s (中心付近)
       最大瞬間風速 50 m/s

      来週中頃に九州へ接近

      ソース全文はこちらで
       http://weathernews.jp/s/topics/201808/180055/


      米軍
      no title


      実は次の熱帯低気圧bくんのほうが日本に直撃しそうです
      米軍
      no title

      【【台風】強い台風19号明日にも非常に強い勢力に 来週九州へ接近】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/08/18(土) 06:57:08.43 ID:CAP_USER9
      ◆中国、日本称賛の若者拘束 「安倍首相は俺のおやじ」

      中国安徽省馬鞍山市の公安当局は17日、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」で「安倍首相は俺のおやじだ」などと日本を称賛する書き込みをした18歳の無職男性を16日に公共秩序騒乱の疑いで刑事拘束したと発表した。
      当局は民族感情を損ねる言論だと主張している。


      ソース全文はこちらで
      産経ニュース 2018.8.17 20:40
      http://www.sankei.com/world/news/180817/wor1808170027-n1.html

      【【中国】「安倍首相は俺のおやじ」「日本の警察は世界一」と日本を称賛する書き込みをした18歳男性を公安当局が刑事拘束 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/18(土) 07:30:27.14 ID:CAP_USER9
      no title


      仕事や学校に行かず、家族以外とほとんど交流しないひきこもりの長期化、高年齢化が問題になっている。
      バブル経済崩壊後の就職氷河期に社会に出た40代以上が目立つが、公的支援は20~30代の若者が主な対象。
      経済的に依存する親も老い、生活への不安が高まっている。
      内閣府は今秋、中高年のひきこもりを対象にした初の実態調査を行い、支援策の拡充に乗り出す。

      続きはソースで

      =2018/08/18付 西日本新聞朝刊=

      no title

      2018年8月18日 6時0分 西日本新聞
      http://news.livedoor.com/article/detail/15174587/

      no title

      【【中高年のひきこもり救え】親の高齢化で生活不安 国、支援拡充へ実態調査 多くは40~50代「ロストジェネレーション」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/08/18(土) 01:57:03.40 ID:CAP_USER9
      ◆中国の爆撃機演習は米や日本を標的 米国防総省が警戒感

      アメリカ国防総省は中国の軍事動向を分析した年次報告書で、中国軍が爆撃機を使った飛行演習の範囲を急速に拡大していると指摘し、これはグアムを含むアメリカ軍基地や日本など同盟国を標的にした攻撃訓練だという見方を示し警戒感を鮮明にしました。
      アメリカ国防総省は、議会に毎年提出する中国の軍事動向を分析した年次報告書を16日、発表しました。


      ソース全文はこちらで
      NHKニュース 2018年8月17日 12時00分
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180817/k10011580461000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_003

      【【中国の爆撃機演習は米や日本を標的】米国防総省が警戒感】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/08/17(金) 12:45:22.56 ID:CAP_USER9
      https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180817-OYT1T50035.html

      北方領土での日露両国による共同経済活動の実施に向けた日本側の現地調査について、
      ロシア政府が択捉島入りを拒否していることがわかった。日本の現地調査団は16日に
      北海道・根室港を出発する予定だったが、悪天候のため17日以降に延期された。

      続きはソースで

      【【北方領土共同経済活動】日本調査団55人の択捉島入りをロシア政府が拒否。国後島関係者「ロシア軍の軍事演習が準備されている為」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/08/17(金) 11:31:44.38 ID:CAP_USER9
      ◆【有人月面着陸】日本初の有人月面着陸機 JAXAが構想 米アポロ以来60年ぶり

      宇宙航空研究開発機構(JAXA)が日本初の有人月面着陸機を開発する構想が16日、明らかになった。
      米国が2020年代に建設を目指す月基地への参加を念頭に置いたもので、欧州と連携し30年ごろに着陸を目指す。
      実現すれば米国のアポロ計画以来、約60年ぶりの月面着陸を日本が担う歴史的なプロジェクトになる。


      産経ニュース 2018.8.17 05:30
      no title
      ソース全文はこちらで
      http://www.sankei.com/life/news/180817/lif1808170004-n1.html


      【【日本初の有人月面着陸機】JAXAが構想「米アポロ以来60年ぶり」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な しじみ ★ 2018/08/17(金) 14:34:41.80 ID:CAP_USER9
      10人に1人が「ソーシャルメディアに写真をアップするために衣服を購入し、撮影後は返品していること」を認めていると、クレジット会社のBarclaycardが発表した調査で判明しました。
      no title


      Snap and Send Back
      https://www.home.barclaycard/media-centre/press-releases/snap-and-send-back.html

      Shoppers are buying clothes just for the Instagram pic, and then return them — Quartzy
      https://qz.com/quartzy/1354651/shoppers-are-buying-clothes-just-for-the-instagram-pic-and-then-return-them/

      イギリスで2002人を対象に実施された調査でわかったのは、「撮影して返品」という行動を取るのは35~44歳の人で、女性よりも男性が多いということ。なお、調査から10代は省かれており、多くの人がInstagramの利用者だったとのこと。

      オンラインショップで「購入前に試着」という制度が取り入れられるようになったことが、この傾向を加速させているとBarclaycardはみています。

      このような行動は、SNSによって「有名人だけなく一般人も自分の生活についてオンラインで発信するようになった」という状況が大きく関わっています。
      自分の生活を発信している以上、同じ衣服を着た写真が別々に投稿されることは受け入れがたいと考える人が多く、「#ootd(Outfit of The Day/今日の服装)というタグが流行していることもあり、「同じ服装」を避けるべく「撮影して即返品」という行動を取る人が続出しているようです。
      オンライン通販サイトのFashion Novaはこのような現象を逆手にとり、「インスタグラマーのための洋服」を扱っているといいます。
      「これらの服は、ソーシャルメディア用の服なので、一度か二度着て写真を撮ったら捨てられます」と 作家のAllison P Davis氏は語っています。

      Fashion Nova | Fashion Online For Women | Affordable Women's Clothing
      https://www.fashionnova.com/
      no title


      また、服のレンタルを行う「Rent the Runway」も返品ポリシーを取り入れており、ソーシャルメディア用の衣服に焦点を当てているといわれています。

      Rent the Runway - Rent Designer Dresses, Apparel & Accessories
      https://www.renttherunway.com/
      no title


      一方で近年は、毎日の洋服を「制服化」させることで、女性を「服を選択する煩わしさ」から解放させる動きがあり、また流行を追って安い服をたくさん買うのではなく、上質な服を少しだけ購入する「カプセル・ワードローブ」という概念も注目を集めています。

      ファストファッションが環境に甚大な被害を及ぼすという指摘もされており、ミシェル・オバマ氏も「同じ服を二度着る」という行動を何度も取っているとのことです。

      GIGAZINE
      https://gigazine.net/news/20180817-clothes-for-instagram-pic/

      【【ネット】Instagramのために服を買い撮影後に返品するケースが続出、10人に1人は「SNS目的」クレジット会社の調査で 】の続きを読む