• by
  • 最速ニュース+:7/428
        

    画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      トップページ > >

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/08(木) 01:53:02.37 ID:CAP_USER9
      〈日本コカ・コーラ、「カナダドライ ザ・タンサン」で炭酸水市場に本格参入〉

      日本コカ・コーラが3月から炭酸水市場に本格参入する。2月7日に発表された新商品は「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」と「カナダドライ ザ・タンサン・レモン」の2品(490mlPETボトル/121円、3月26日発売)。ともに強い刺激とキレのある味わいにこだわった強炭酸水だ。

      日本コカ・コーラ社の和佐高志副社長は、炭酸水市場について以下の通り語っている。

      「近年の炭酸飲料市場の中で、最も高い成長率を示しているのが炭酸水だ。炭酸水を飲む場面として、朝の目覚めの一杯や仕事中の気分転換、そして食事の際など、日本でも大人の年代を中心に炭酸水のストレート飲用、いわゆる直(じか)飲みが習慣化しつつある。また、昨今の消費者には、水にはない刺激と健康的価値から、炭酸水を飲んでリフレッシュしたいというニーズがある」。
       

      炭酸水の生産量推移
      no title

      「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」(左)と「カナダドライ ザ・タンサン・レモン」(右)
      no title


      ソース全文はこちらで
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00010000-ssnp-bus_all&p=1

      【【シュワシュワ】タンサンブーム、10年で7倍超 急成長する炭酸水市場】の続きを読む

      welding-2262745_640

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/08(木) 13:32:36.75 ID:CAP_USER9
      【ニューヨーク=時事】「日本の製造業モデルが壊れつつある」。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は4日、製造業で品質データ改ざんなどの不祥事が相次ぐ日本企業の現状にこう警鐘を鳴らす分析記事を掲載した。

      同紙は「日本の産業競争力を高めたのは、戦後に構築された製造業モデルだった」と指摘。生産現場の無駄を徹底的に排除する「カイゼン(改善)」などの取り組みに触れつつ、「(米国の品質管理手法と)勤勉さや細部へのこだわりを重んじる日本の価値観がうまく結合した」と評価した。

      ただ、バブル崩壊以降、長期雇用を保証されて技能を磨いてきた熟練労働者が減ってきたと説明。「職人」の減少により生産現場の力が弱まっているにもかかわらず、日本の企業経営者の多くが工場で起きた問題への対処を現場任せにしたことを問題視した。

      ソース全文はこちらで
      https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00460670 
      【日本の製造業「壊れつつある」-米紙が分析】の続きを読む

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/05(月) 12:03:12.60 ID:CAP_USER9
      人手不足が依然として深刻だ。関東財務局が1月31日に発表した「人手不足の現状及び対応策について」によると、回答した234社のうち、70.5%もの企業が「人手不足感」があると回答している。また昨年よりも人手不足が深刻になったという企業は54.1%に上っている。

      人手不足の要因としては「採用が進まない」が63.8%で最も多く、次いで「事業拡大」が21.2%だった。

      ■「賃金上昇で定着率向上」「東南アジアからの人材受け入れ」で対応

      「関東財務局管内における人手不足の現状及び対応策について」
      no title


      また人手不足により生じた負担としては、「従業員の負担増」が47.9%で最も多く、「受注機会等逸失」が24.2%だった。人手不足で従業員にしわ寄せがいったり、せっかくの仕事を受注できなかったりしているようだ。

      人手不足解消に向けた取組みとしては、「採用取組強化」が81.8%で、「業務環境改善」(46.7%)や「待遇改善」(34.5%)を大きく上回っている。具体的には、「説明会等活動促進」(82.2%)と採用活動を活発にしている企業が多いようだ。

      女性・高齢者の採用を促進している企業も16.3%あり、そうした企業からは、

      「総務などの間接部門から生産ラインへの配置転換による(女性の)育成を7~8年前から実施している。管理部門や管理職への登用など女性の地位向上につながっている」(大企業・情報通信機械)

      といった声が寄せられている。女性の活用を進めることで、人手不足解消と女性の地位向上が一挙に実現しているようだ。

      他には、賃上げや外国人材の受入れで対応している企業がある。

      「パートを準社員に格上げし、賃金を上昇させることにより定着率が向上。また、年齢の上限の引き上げ、週末勤務のない採用枠を設置」(大企業・小売)
      「他社と共同で東南アジアに日本語学校を解説し、今後人材を受け入れていく予定」(中堅企業・建設)

      ■「飲食店では非正規不足で猫の手も借りたい状態」

      「関東財務局管内における人手不足の現状及び対応策について」
      no title


      不足している人材を、職種・雇用形態別に複数回答で聞くと、「営業・現業職員」の非正規労働者が79.8%で突出している。この点について関東財務局の担当者は、

      「例えば、飲食店やサービス業で働く非正規の人たちが足りず、現場では『猫の手も借りたい』というほどの状態になっている。最近、24時間営業を取りやめる店舗が出てきているが、まさに人手不足が原因だ」

      と話す。

      実際、東京都における有効求人倍率(2017年11月)を職業別に見ると、「サービス(接客・給仕)」は8.98倍と群を抜いて高い。全職業の1.8倍を大幅に上回っている。前出の担当者は、サービス業で人手不足が深刻な理由として、

      「宿泊・飲食サービスの労働時間は170~180時間と他の職業よりも長くなっている。一方、給与水準は最も低い。これが原因で人が集まらないのではないか」

      と指摘していた。

      2018.2.4
      キャリコネニュース
      https://news.careerconnection.jp/?p=49601 
      【【人手不足】特にサービス業で深刻な理由】の続きを読む

      1:最速ニュース+な 1984 ★ 2018/02/08(木) 11:32:14.01 ID:CAP_USER9
       台湾中央通信によると、中国の公安機関が2017年5月以降、金銭を受け取ってある話題を繰り返し宣伝したり書き込みを削除したりする「ネット工作員」に対して行っている取り締まりで、容疑者計200人余りが逮捕され、5000余りのアカウント、1万サイトに上る規律に違反しているウェブサイトや故意に宣伝された情報数千万件が閉鎖・削除された。
       (RP=東京)

      ソース
      https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180208/mcb1802080500017-n1.htm

      【【台湾】「ネット工作員」200人余り逮捕】の続きを読む

      1:最速ニュース+な シャチ ★ 2018/02/06(火) 21:29:20.84 ID:CAP_USER9
      [ワシントン 2日 ロイター] - 頭を使って連続的に木の幹をつつくキツツキについて、この「つつき行動」が脳に
      損傷を与えている可能性があるとの研究結果が初めて発表された。論文誌「PLOS ONE」に2日に掲載された。

      研究では、キツツキの一種であるセジロコゲラと、キツツキでなく、木をつつかないムクドリモドキ科の
      ハゴロモガラスの脳繊維を調査。その結果、人間では神経変性疾患や頭部外傷による脳損傷と関連のある
      タウ・タンパク質の蓄積がセジロコゲラに見られたのに対し、ハゴロモガラスでは見られなかった。

      この研究に携わったボストン大学医学部の大学院生は「キツツキは脳損傷を受けていないと考えられてきたが、
      この研究により逆の結果が示唆されたようだ」と述べた。

      科学者らは、このタウ・タンパク質がキツツキの脳損傷を示すものなのか、ある種の保護作用を持つものなのかを特定中という。

      キツツキは、昆虫や樹液の餌を得たり、つがい相手を呼び寄せたりするためにつつき行動をしており、その際、
      最大1400Gという大きな重力加速度を受けている。人間は、60─100Gで脳震盪を起こす可能性があるが、
      キツツキには、くちばしや頭蓋骨、舌、脳と頭蓋骨の間にある隙間など、つつき行動による影響を緩和する機能が備わっている。


      2/6(火) 15:24配信 ロイター
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000062-reut-int
      画像 2月2日、頭を使って連続的に木の幹をつつくキツツキについて、この「つつき行動」が脳に損傷を与えている可能性があるとの
      研究結果が初めて発表された。論文誌「PLOS ONE」に掲載された。写真は2016年5月撮影(2018年 ロイター/Kacper Pempel)
      no title

      【【研究】キツツキの「つつき行動」、脳に損傷与えている可能性 最大1400Gという大きな重力加速度 】の続きを読む

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/07(水) 14:06:57.65 ID:CAP_USER9
      フェイスブックに投稿された写真。キングコブラがアミメニシキヘビを殺して食べようとしたが、体に巻きつかれ、絞め殺されてしまった。発見されたとき、どちらのヘビも死んでいた。
      https://www.facebook.com/reptilehunter/posts/1886644138036325

       先日、超大物のヘビ2匹による死闘が目撃された。結果は相打ち。互いの体が絡み合う、身の毛もよだつ写真が残された。

       この一戦に臨んだのは、キングコブラとアミメニシキヘビ。頭の後ろをコブラにかまれ、猛毒を注入されたニシキヘビは、相手の体を締め上げて殺そうとしたようだ。この反撃は成功し、キングコブラは死んだが、ニシキヘビも息絶えた。

      「目を疑うような光景ですが、いかにもありそうなことです。自然は恐ろしいところですから。自分を食べかねない大きなヘビでも、食べようとするかもしれません」

       こう話すのは、米フロリダ自然史博物館のコールマン・シーヒー氏。彼によると、この死闘の舞台は双方のヘビの生息圏が重なる東南アジアだとみられる。

       どちらのヘビも、ヘビのなかでは別格の存在だ。そのため、ご多分に漏れずフェイスブックに投稿された死闘後の写真は、すぐに爬虫類学者の関心を呼び、多くの閲覧者を驚かせた(ウロボロスと呼ばれる自分の尾を飲み込むヘビのシンボルなら見慣れていても、死んだニシキヘビが死んだコブラの体に巻きついて固まっている姿を見たことのある人はいるだろうか?)。

       
      http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/020600054/?P=1

      他参考ソース
      巨大なキングコブラとアミメニシキヘビが死闘の果てに相討ちになる衝撃の光景
      https://gigazine.net/news/20180205-king-cobra-vs-python-reticulatus/

      画像
      https://i.gzn.jp/img/2018/02/05/king-cobra-vs-python-reticulatus/00_m.jpg

      【【話題】キングコブラ vs ニシキヘビ 結果は相打ち】の続きを読む

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/07(水) 12:06:16.31 ID:CAP_USER9
       大型ロケット「ファルコンヘビー」で6日打ち上げたスポーツカーの車載カメラから送られてきた画像(スペースX提供・共同)
      no title


      【ワシントン共同】米宇宙ベンチャーのスペースXは6日(日本時間7日)、現役ロケットで世界最強の打ち上げ能力を持つ大型ロケット「ファルコンヘビー」の試験機を、米南部フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げた。

       既存のロケットを3本束ねた機体は炎を噴き出しながら上昇し、衛星の代わりに搭載したイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)所有の真っ赤なスポーツカーを宇宙に運んだ。

       スポーツカーには宇宙服を着た人形「スターマン」を乗せた。最終的な目的地は太陽を回る火星に近い軌道。車載カメラからは、宇宙空間を疾走しているような映像が送られてきた。

      ソース全文はこちらで
      http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018020701000881.html

      【【宇宙】スペースX世界最強ロケット打ち上げ「赤いスポーツカーが宇宙を疾走」】の続きを読む

      bitcoin-1813599_640

      1:最速ニュース+な ストラト ★ 2018/02/07(水) 12:52:39.10 ID:CAP_USER9
      2017年分の確定申告がまもなく始まりますが、去年は仮想通貨で巨額の利益を出した人も多く、納税額の計算などに不安の声が上がっています。

      参加者:「(Q.去年はいくら利益を出した?)プラスで言うと3桁万円は超えている」
      「(利益は)100万いかないくらい。何億って稼いでも55%持っていかれたら、頑張ってこれやった意味は何なんだろうって」

      仮想通貨の代表格であるビットコインは去年だけで一時、20倍以上に上昇しました。
      最近は個人でも仮想通貨への投資が増えていますが、一方で仮想通貨取引で得た利益には、住民税と合わせて最大で55%の税金がかかることになっています。
      ただ、利益の計算方法など仮想通貨の納税は分かりにくい面も多く、会計ソフト会社が開いたセミナーには一般の投資家など約300人が集まりました。
      会計ソフト会社では、簡単に納税額が計算できるページを無料で提供するなど納税をサポートする動きも出ています。

      http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180207-00000009-ann-bus_all 
      【【仮想通貨】納税額に不安の声「何億って稼いでも55%持っていかれたら・・・」】の続きを読む

      1:最速ニュース+な 影のたけし軍団 ★ 2018/02/07(水) 11:12:15.37 ID:CAP_USER9
      【花蓮共同】台湾地震の現地の関係者によると、行方不明の173人は「連絡が取れない状態」だという。
      https://this.kiji.is/333787547883865185?c=39546741839462401

      【【台湾地震】 行方不明の173人は 「連絡が取れない状態」 】の続きを読む

      1:最速ニュース+な 自治郎 ★ 2018/02/04(日) 21:15:43.59 ID:CAP_USER9
       38億光年先の銀河に惑星が存在することが分かったと、米オクラホマ大のチームが4日までに天文学の専門誌に発表した。太陽系がある「天の川銀河(銀河系)」の中では、これまでに3000個以上の太陽系外惑星が発見されているが、別の銀河で存在が示されたのは初めてとしている。

       チームによると、この銀河には、月から木星ぐらいまでの重さの惑星が約2000個、太陽のような恒星の重力に束縛されずに浮遊しているという。

       この銀河は2014年、コップ座の方角の61億光年先にある巨大なクエーサーと呼ばれる天体の手前を横切った。(共同)

      最終更新 2月4日 19時54分
      https://mainichi.jp/articles/20180205/k00/00m/040/051000c

      約2000個の惑星がある銀河(中央)と、重力レンズ効果で周りに四つあるように見えるクエーサー
      no title

      【【宇宙】<米大チーム>銀河系外に初の惑星「38億光年先の銀河」】の続きを読む