• by
  • 最速ニュース+:37/428
        

    画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      トップページ > >

      smartphone-2493419_640

      1:
      「AppleがiOS更新によってiPhoneの性能を落としている」というベンチマークソフトGeekbenchの公表を受けて、Appleが正式にiPhoneのピーク性能を意図的に落としていることを認めました。これは「最高のユーザー体験を提供するため」だとAppleは述べています。

      Geekbenchがベンチマーク結果からiOSのバージョンアップによってiPhoneの性能が落ちていると報告した内容は、以下の記事で確認できます。
      Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに、その狙いは何なのか? - GIGAZINE
      https://gigazine.net/news/20171220-iphone-performance-battery-age/

      AppleはMashableやTechCrunchなどのIT系メディアに対して、iPhone性能低下問題について以下の通りメールで回答しました。

      Our goal is to deliver the best experience for customers, which includes overall performance and prolonging the life of their devices. Lithium-ion batteries become less capable of supplying peak current demands when in cold conditions, have a low battery charge or as they age over time, which can result in the device unexpectedly shutting down to protect its electronic components.

      (私たちの目標は顧客に最高の体験を提供することです。これには全体的な性能向上や端末の寿命を延ばすことも含まれます。リチウムイオンバッテリーは、寒い状況下でピーク電流を流せなくなったり、繰り返し使うことで最大容量まで充電できなくなったりします。このせいで、電子部品を保護するために予期しないシャットダウンがもたらされ得るのです)

      Last year we released a feature for iPhone 6, iPhone 6s and iPhone SE to smooth out the instantaneous peaks only when needed to prevent the device from unexpectedly shutting down during these conditions. We’ve now extended that feature to iPhone 7 with iOS 11.2, and plan to add support for other products in the future.

      (昨年、前述の状態になったiPhone 6、iPhone 6s、iPhone SEで、瞬間的な電力消費を緩和して端末が予期せぬシャットダウンを起こすのを予防する機能をリリースしました。私たちは今、この予防機能の対象をiOS 11.2でiPhone 7まで広げました。そして、今後も他の端末を対象に加える予定です)

      上記のとおり、Appleはバッテリーの劣化したiPhoneが予期せぬシャットダウンを起こすのを回避したりバッテリー寿命を延ばしたりする目的で、iOS更新のタイミングで意図的にiPhoneのピーク性能を落としていることが確認されました。iPhone 7におけるピーク性能制限機能導入のタイミングから見て、早ければ約1年後にはピーク性能を制限される端末が出始めるようです。

      Appleが目標とする「最高の体験」の提供にとって、予期せぬシャットダウンを回避することが重要であることは間違いありません。また、AppleがiPhoneで制限するのはピーク性能であり、モバイル端末がCPUの性能をフル活用する場面はベンチマークソフトの計測を除けば、新規アプリの導入時などの限定的な場面に限られるため、ピーク性能を制限されたとしてもユーザーが「遅さ」を感じることは少なく、実用上の問題はないとも考えられます。むしろ、予期せぬシャットダウンの回数が減り、バッテリー駆動時間が延びるという恩恵の方がメリットは大きいとも言えそうです。

      しかし、Appleが今回の騒動が発生するまで古いiPhoneの性能を制限している事実を明らかにしてこなかった点には問題があります。常に最大のパフォーマンスを求めるユーザーが一定数いることは間違いなく、事実を明かさないことで一部のユーザーの「最高の体験」が損なわれているのは確実であり、また、iOSのバージョンを戻すことが困難である以上、事実を明かさないことでiOS更新時にピーク性能をとるのか安定性をとるのかというユーザーの選択権を奪っていたとも言えるからです。また、性能低下がバッテリーの劣化に起因することが知らされないことで、新しい端末の購入に踏み切るユーザーが多くいることを思えば、iPhoneユーザーが新しい製品を購入するのを促しているととらえられても仕方がありません。

      >>2以降に続く

      配信2017年12月21日 11時03分00秒
      gigazine.
      https://gigazine.net/news/20171221-apple-admit-iphone-slowdown/ 
      【【アップル】「iPhoneは早ければ1年後に性能が落ち始める」のをAppleが正式に認めた】の続きを読む

      1:
      まもなく、ITによる「位置情報」の使い方が大きく変わり始める。
      日本が打ち上げた新しい人工衛星システムの本格運用が2018年から始まり、
      衛星を使って現在地を割り出す測位の精度が大幅に高くなるからだ。

       メディアに「日本版GPS」と呼ばれることもある、この衛星システムの名前は「みちびき」。
      様々な分野のIT活用に変化をもたらすと予想されており、
      既にこの衛星を活用する装置やシステムの実証実験や研究開発に着手している業界もある。

      本特集ではみちびきの概要を押さえたあと、
      いくつかの実証実験事例を通じてみちびきがIT機器やITシステムをどのように変えていきそうかを見ていく。

       みちびきは「準天頂衛星システム」、あるいは「QZSS(Quasi-Zenith Satellite System)」と呼ばれることもある。
      用途はGPS(Global Positioning System)と同様で、衛星を使って現在位置を割り出す測位だ。
      現在1~4号機の4機が打ち上げられており、2023年度をめどに7機体制とする計画だ。

       その特徴は、何と言っても測位できる位置の精度の高さである。使い方によっては、わずか数cmの誤差で位置を特定できる。
      GPSの測位は誤差数mレベルなので、まさに桁違いである。この精度の高さがIT活用をどう変えるか、それが最大の注目どころだ。

      2018年に本格運用が始まる

       最初に、みちびきとGPSの関係を整理しておこう。

       世界には測位に使う衛星システムが複数ある。GPSとは、このうち米国が運用しているものだ。
      そして、日本が運用しているのがみちびき(準天頂衛星システム)である。
      このほかロシアのGLONASS、欧州のGalileo、中国のBeiDou、インドのNAVICなどがある。

      打ち上げ済みの4機の軌道は2通りある。
      日本の真上に長くとどまる「準天頂軌道」をたどるのが1、2、4号機。3号機はBS衛星などと同じく、
      日本から見て低空または上空にいない位置にとどまる「静止軌道」をたどる。
      準天頂軌道をたどる3機は、日本のほぼ真上に約8時間位置する。3機が交替で日本の真上に来るようになっており、
      24時間いずれかの1機が真上に見える形となる。

      図:主な衛星測位システム(内閣府配布資料を基に作成
      no title

      図:みちびきには2種類の軌道がある
      no title

      続きはソースで

      ITpro
      http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/111500524/121100001/

      【【テクノロジー】ケタ違いの精度、日本版GPS「みちびき」の実力 2018年から運用】の続きを読む

      1:
      海面近くを泳ぐリュウグウノツカイ(和歌山県串本町須江で)
      no title


      和歌山県串本町須江のダイビングポイントで、生きて見られることが非常に珍しい深海魚のリュウグウノツカイが泳いでいる様子が撮影された。神秘的な姿から、この名前で呼ばれているという。

       撮影したのは、同町串本のダイビングショップ「マリンステージ串本店」の代表、谷口勝政さん(38)。6日午後3時ごろ、ダイビングポイント「内浦ビーチ」の水深3~4メートル地点で、海面近くを泳ぐリュウグウノツカイを発見し、カメラに収めた。胴体は約50センチで、尾びれまで合わせれば約1メートル。弱っており、左右に揺れながら泳いでいたという。幼魚とみられる。

       谷口さんによると、前日も現地を潜ったが、潮の流れが普段と違い、見慣れない生物や浮遊するクラゲが大量にいるなどしたという。谷口さんは「見た瞬間すぐにそれと分かったが、出合えると思っていなかったのでラッキー。タチウオみたいにキラキラしていた。背びれの動きは波打っていて、今まで見た魚の動きと違った」と話している。

       串本海中公園センター水族館の野村恵一館長(59)は「沖合の中深層に生息する種で、まれに海岸に漂着したり定置網に入ったりすることがあるが、生きたものがダイバーに撮影されるのは極めて珍しい。何かのトラブルで浅場に上がってきたものと思われる」と話している。

      配信2017年12月21日
      紀伊民報
      http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=344766&p=more

      【【和歌山】ダイビングスポットに深海魚 リュウグウノツカイ撮影/串本町】の続きを読む

      1:
      https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35112306.html
      (リンク先に謎の飛行物体動画あり)

      2017.12.21 Thu posted at 12:50 JST
      (CNN) このほど発覚した米国防総省の極秘UFO研究プロジェクトに関連して、2004年に未確認飛行物体を目撃したという米海軍の元パイロットがCNNのインタビューに応じ、自分の目で確かに見た物体は、生涯で一度も見たことのない物体だったと証言した。この物体が飛行する様子をとらえた映像も公開されている。

      米軍機のコックピットから謎の物体を目撃したのは、海軍のパイロットだった元兵士のデービッド・フレバー氏。19日夕に行われたCNNのインタビューの中で、この物体について「白い楕円形で、北を向いて不規則な動きをしていた」と振り返った。

      その様子は今も鮮明に覚えているといい、「私が接近すると、相手は急加速して南へ向かい、2秒足らずで姿を消した」と語る。

      謎の物体に翼はなかった。だがヘリコプターとも明らかに違ったと同氏は言う。「ヘリコプターが左右に移動する時は、比較的ゆっくり動き、それからスピードを上げて反対側へ移動する」「ところがこの物体はものすごく動きが急で、ピンポン玉が壁にぶつかって跳ね返るようだった」。そんな動きをする飛行物体は見たことがなかった。

      この物体は水上でホバリングすることができたといい、フレバー氏らは5分ほど追跡を続けた。「その後垂直上昇を始め、ゼロから約1万200フィート(約3600メートル)まで上昇して2秒以内に加速し、姿を消した」

      こうした証言に疑いの目を向ける人もいる。「説明できないものを疑うのは簡単だ」「だが我々が追跡したのは実在の物体だった」とフレバー氏は強調する。

      国防総省の極秘プロジェクトでは、フレバー氏が目撃した物体をはじめ、軍のパイロットが遭遇した未確認飛行物体の映像や音声の検証を行っていたが、2012年に予算が打ち切られた。

      【【UFO】「この目で見た」、元米軍パイロットが証言  白い楕円形だった】の続きを読む

      african-women-walking-along-road-2983081_640

      1:
      https://www.jomo-news.co.jp/news/domestic/international/22915

      南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)の新議長に就任したラマポーザ副大統領は
      21日未明、党大会で演説し、国民の8割を占める黒人の貧困解決策として、少数派白人が
      所有する土地を収用し、補償金も支払わない方針を表明した。

      収用する土地の規模など詳細は不明だが、黒人に再分配するとみられ、白人の反発は必至だ。
      ラマポーザ氏は「経済や農業に悪影響を与えないようにする」と強調した。

      隣国ジンバブエでは2000年以降、当時大統領だったムガベ氏が白人から土地を
      強制収用して黒人に無計画に分配した結果、農地が荒廃し経済も崩壊した。

      【【南アフリカ】白人の所有する土地を収用へ。与党議長が表明「ジンバブエになる?」】の続きを読む

      trump-2815558_640

      1:
      朝鮮民主主義人民共和国の核・ミサイル開発を阻止するため、米国では同国を攻撃する計画が練られている。
      英紙「デイリー・テレグラフ」が20日、事情に詳しい情報筋の話を引用して報じた。

      同情報筋によると、ホワイトハウスでは、朝鮮半島核問題に関し外交手段で望ましい結果が得られていないことを危惧し、
      この数ヶ月間で軍事的解決に向けた準備を著しく強化したという。

      同紙は、軍事的解決の一つとして、北朝鮮が再びミサイル実験を実施する前に発射場を攻撃することが考えられるとしている。
      武器格納庫も優先的な標的となる可能性がある。

      米治安当局元職員の一人は「ペンタゴンは北朝鮮側を懲らしめて注意を喚起し、冗談ではないことをわからせるような方法を模索している」と明かした。
      https://jp.sputniknews.com/asia/201712214404200/

      【【国際】 米国が北朝鮮攻撃計画を立案中「軍事的解決に向けた準備」】の続きを読む

      taxi-cab-381233_640

      1:
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000066-asahi-int

       外務省は20日、米国における対日世論調査を発表した。「アジアで米国の最も重要なパートナーはどの国か」という質問では、日本、中国、韓国、ロシア、オーストラリア、インドの選択肢の中から選んでもらったところ、日本(33%)で最も多く、次いで中国(20%)、豪州(16%)、韓国(9%)が続いた。

       調査は、外務省が米世論調査会社に委託して1960年以来ほぼ毎年実施しており、今年3月に18歳以上の米一般国民1005人、有識者200人に電話で調査。対日信頼度は一般82%(昨年度73%)、有識者86%(同83%)と高水準を維持。日本は防衛力を増強すべきかと考えるかという質問については、「増強すべき」が一般61%(同59%)、有識者66%(同65%)といずれも6割を超えた。

      【【国際】米国で調査 「アジアの最重要パートナーは日本」33%で最多 二位中国】の続きを読む

      1:
      日本だと室町時代後期、織田信長が生まれる約30年も前からこのサメは生きていたということになる。
      なんだかすごいぞ。

      北大西洋で現生する世界最高齢の脊椎動物と目されるニシオンデンザメが発見された。
      数ヶ月前に発見されたサメであるが、この度『Science』に掲載された論文でその年齢が明らかにされた。
      博士論文の提出を控えたジュリアス・ニールセン氏のチームが発見した体長5.4メートル以上もあるニシオンデンザメは、調査の結果、512歳に達することが判明したというのだ。

      ■ニシオンデンザメの寿命は400年以上、512歳に達するものも。

      今年初め、ノルウェーのトロムソ大学のキム・プラエベル教授はニシオンデンザメの寿命が400年もあることを発見。
      水晶体と角膜の大きさは年齢と相関関係があるが、これを数学的モデルを用いて解析し、個体の年齢を推定することができるのだ。
      しかし最新の研究から、実際にはさらに長生きできるらしいことが明らかにされていた。

      ニシオンデンザメはオンデンザメ科最大のサメで、毎年1センチずつ成長するために、その大きさが分かれば年齢を推定することができる。
      28匹のニシオンデンザメの大きさ計測した結果、そのうち1匹は1505年生まれと推定された。年齢にすると512歳となる。

      ■地球上最高齢の脊椎動物である可能性

      プラエベル教授は、ニシオンデンザメの長寿遺伝子から人間をはじめとする様々な種の寿命について知見を得ることができないか研究してきた。
      「地球上最高齢の脊椎動物」と同教授。
      「研究者仲間と協力して、その核ゲノム全体のシークエンシングを実施している。ニシオンデンザメが他のサメはおろか、あらゆる脊椎動物よりも長生きする理由を解明する手がかりとなるだろう」

      ■長寿遺伝子の研究によりその生態も判明

      また長寿遺伝子の研究によって、その生態についても判明したことがある。

      「ニシオンデンザメは数百年生きるため、長距離を移動する十分な時間がある。遺伝子解析の結果からまさにそれが裏付けられた。調査対象となったほとんどの個体は、数千キロ離れた場所で捕獲された個体と似たような遺伝子を持っていた」(プラエベル教授)
      「ニシオンデンザメの繁殖地や方法は不明だ。しかし今回の結果から、大西洋のフィヨルドの奥深くで繁殖行動に及ぶだろうことが示されている」
       
      では一体どのようにすれば、これほどの年月を生きることができるのか?
      それは非常にゆっくりとした代謝と彼らが暮らす水の冷たさにあると推測されているが、今だまだ謎に包まれたままだ。

      もし本当に512歳だとしたら世は16世紀。
      ヨーロッパでは中世的な世界観に変わり長らく信じられてきた天動説を覆す地動説がニコラウス・コペルニクスにより発表された頃だ。
      でもって日本は室町時代末期で世はまさに戦国時代を迎えようとしていた時である。
      そんな長い年月を生きられるなんてすごいな。
      地球ウォッチングはこれだからやめられない。

      ■写真
      no title

      https://www.instagram.com/p/Ba2QKc5HKH4/
      https://twitter.com/Daily_Star/status/940678716807680003
      https://www.instagram.com/p/BXXREeDnbyW/

      http://karapaia.com/archives/52250875.html

      【【動物】年齢512歳のサメが北大西洋で発見される】の続きを読む

      1:
      ■露外務省:日本は福島第1原発からの放射性汚染水の太平洋への放出を禁止すべきだ

      ロシア外務省のザハロワ報道官は20日、日本政府は福島第1原子力発電所事故によって発生した液体放射性廃棄物の太平洋への放出を禁止すべきであると発表した。
      ザハロワ氏は「マスコミで定期的に伝えられている福島第1原子力発電所の大事故によって発生した液体放射性廃棄物を海に大量に放出するという東京電力の方針に関する報道は懸念を呼んでいる。

      特に2017年7月の川村隆東京電力会長の発言や、最近インディペンデントならびにジャパン・ニューズをはじめとした複数の外国の新聞が伝えた記事によって懸念が生まれている」と指摘し、「日本政府は、放射性汚染水の海への放出を禁止し、福島での大事故によって発生した廃棄物を安全に処理する方法を見つけるべきだと考える。
      日本にそのような技術がないのであれば、日本は国際社会に支援を求めることができるはずだ」と強調した。

      またザハロワ氏は、これが「数十万トンの放射性汚染水」に関するものであることに注目し、「このような大量の放出は、太平洋の環境や水産資源に大きな損害を与える恐れがあると考えている。
      これは日本の漁業関係者、そしておそらく沿岸地域の住民全体にも打撃を与えるだろう」と述べた。

      ロシアはまた、他の国にも損害を与える可能性があると考えている。
      ザハロワ氏は「放射性汚染水の放出が、ロシアや地域の他の国々の漁業の利益に悪影響を与える恐れもある」と指摘した。

      no title

      https://jp.sputniknews.com/politics/201712204401758/

      【【日露】ロシア外務省「日本は福島第1原発からの放射性汚染水の太平洋への放出を禁止すべきだ」このカードはロシアの切り札?】の続きを読む